みなためラボ

【感想】アニメ『鬼滅の刃』 第1話のネタバレ感想

文字サイズ

はじめに

どうも! みなため(@MinatameT)です。

この記事では、アニメ『鬼滅の刃』を視聴した感想を書いています。

ただ、感想だけを書くと「これってどの部分の感想だろう?」となってしまいますので、「あらすじ」とそれについての「感想」を交互に書くことにします。あらすじの部分は常体(だ・である調)で、感想の部分は敬体(です・ます調)でいきます。

あらすじも感想もネタバレを含んでいます! そのため、まだ視聴していない方は注意してください。

また、真面目な感想ばかりではなく、おふざけもたくさん含めた感想になっておりますので、カオスな雰囲気が苦手な方はご注意ください。

なお、面白いと感じなかった作品については「面白くない」と素直に評価しますので、その点をご了承ください。

※申し訳ないのですが、アニメの画像は著作権の都合があるため貼れません。しかし、その代わりになるような画像があれば貼っています。

第1話 残酷

さて、社会現象の作品がどれほどすごいものなのか、今から楽しみです。

頭部から出血しており、意識のない禰豆子(ねずこ)という妹を背負った少年は、雪山を全力で走っていく。

服装を見ると、古い時代を描いた作品のようですね。歴史には全然詳しくないのですが、明治時代あたりでしょうか?

禰豆子がなぜケガをしているのかは不明ですが、かなりヤバい状況であることはわかりますね。少年がめちゃくちゃ焦っています。

彼氏からDVを受けたのか、階段から転落したのか……どうでしょう?

過去の話へ。炭治郎(たんじろう)は、竈門(かまど)家の長男だ。家族に好きなものを食べさせてあげたいと考えており、今日も町に炭を売りに行く。途中で休憩しているような暇はないため、炭治郎はきょうだいを町へ連れて行かなかった。

まず、「竈門」ってけっこう珍しい名字ですね。漢字の雰囲気から、メラメラと燃えている熱血のイメージがあります。

それと、かわいい弟、妹たちですね。みんなお兄ちゃんの炭治郎を慕っていて、良好な人間関係が築けています。

そして何より炭治郎という名前がいいですね。「炭(すみ)を売りに行くから炭治郎(たんじろう)」……とても覚えやすいです。ありとあらゆる炭に愛されている少年なのかもしれません。

町へ連れて行かなかった判断は正しく、悪く言えば足手まといになっちゃいますよね。道中で休ませてあげられないと、かわいそうですしね。

禰豆子によると、炭治郎の父親が亡くなってからは、弟、妹たちは長男である炭治郎にくっつくようになった。

炭治郎のお父さんは亡くなっているんですね……。事故か病気でしょうかね?

炭治郎は長男なので、甘えられるのは慣れている様子です。おそらく、売れ残った炭(すみ)を使ってお絵かきしたり、人形遊びみたいなことをきょうだいとやっているのでしょうね。

炭治郎「(幸せが壊れるときには……いつも、血の匂いがする。)」

おいおい、いきなり怖いことを考えますね。このセリフで展開を察しましたが、まあ見ていきましょう。

町で炭を全部売った炭治郎は、帰りが遅くなってしまった。帰路の途中、三郎おじさんに声をかけられ、安全を優先して家に泊めてもらうことにした。三郎おじさんによると、夜になれば鬼が活動を始めるようだ。鬼は家の中に侵入してくることもあり、人を食べる。

炭を完売させるとは……炭治郎はトップ営業マンにふさわしいですね。あの人柄ですし、町のアイドルですし、「炭治郎の炭がほしい!」という人も多いのでしょう。

三郎おじさん、初見でめちゃくちゃ怪しいと思っていたのですが、炭治郎の身に何もなくて良かったです(笑)。だって、家に半強制で連れ込もうとしていましたし、第三者から疑われるのは仕方がないですよ。三郎さん!

それにしても、鬼が出る夜は危険すぎますね……。下手に出歩くと、鬼に見つかって捕食されるリスクがあるんですよね。

もしかすると、「鬼が出てきたら調理して食べてやるぜ!」みたいなクレイジーな住民もいるかもしれませんが、緊張感がぶっ壊れると思うので、その線はないでしょうね。

朝になり帰宅した炭治郎だったが、家族が皆殺しされていた。……かと思ったが、禰豆子だけはまだ温もりがあった。禰豆子を医者に診せるため、炭治郎は禰豆子を背負って、雪山を下っていく。

嫌な予感が的中しました。冒頭のシーンはここだったんですね。かなりのスピードで駆け下りていきますが、やはり無茶をしている様子です。

あのメロスよりすごいかもしれません。メロスよりパニックになり、メロスより速く走っています(?)。

鬼になった禰豆子は、炭治郎に襲いかかった。炭治郎は、「こらえろ!」などと言って禰豆子を強く応援すると、禰豆子は涙を流した。

禰豆子は鬼になってしまったんですね……。しかし、炭治郎の禰豆子を信じる気持ち、愛情が勝ちました。なかなか危ないところだったとは思いますが、炭治郎は食べられませんでした。

まあ、これで食べられていたら、1話完結のバッドエンドで終わってしまいますね(笑)。

鬼を殺す専門職の若い男性がやってきた。その男性は鬼になった禰豆子を殺そうとするが、炭治郎は必死に説得し、処刑を回避しようとした。そして、ついに土下座をした。

良いシーンですね。炭治郎には「禰豆子だけでも助ける」という強い気持ちがありますし、炭治郎自身、もう崖っぷちなんですよね。禰豆子以外の家族を突然失って、メンタルはボロボロですから。

そんなときに妹の禰豆子まで失ってしまったら、炭治郎は立ち直れずにショック死してしまうと思います。

鬼狩りの男性「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」
(以下省略)

突如現れた男性に長々とした説教をくらっていますが、言っていることは間違っていませんよね。どの時代でも、追い詰められている弱者に選択肢はありません。当然、私も例外じゃありません(笑)。

本当に、「やめてください!」が通用するのなら、どれほど平和な世界になっているか……改めて実感させられます。世界は弱肉強食ですね。

禰豆子を刺した鬼狩りの男性に向かって、炭治郎は斧を戦略的に投げた。炭治郎は気絶させられたが、禰豆子は殺されなかった。

鬼を殺す仕事の人に、「鬼を殺さない」という選択をさせたのはすごいことですよね。炭治郎の熱意が伝わったのでしょう。さすが、トップ営業マンです。

それに、とっさにあの戦略をとれるのは立派ですね。妹を守るために命を懸けているわけですから、相当の覚悟があったと思います。

禰豆子は炭治郎をかばう動作をした。それを見た鬼狩りの男性は驚いた。その直後、鬼狩りの男性を襲った禰豆子は気絶させられたものの、命を奪われることはなかった。炭治郎が目を覚ますと、鬼狩りの男性は「鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ)」という老人のところを訪ねるように、炭治郎に命令する。また、鬼狩りの男性の名前は「冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)」と判明した。

冨岡さんは、炭治郎と禰豆子のことをわかってくれたみたいです。殺そうと思えば絶対に殺せたはずですからね。話のわかる人で良かったです!

よく見ると、禰豆子は竹の口枷(くちかせ)を装着させられていますね。状況から察するに、冨岡さんがやってくれたのでしょうね。冨岡さんは、キュートな口枷を作るのがお上手のようです。

冨岡さんは炭治郎のポテンシャルを感じ、すごそうな名前の老人に預けることにしてくれたんですね。

「禰豆子を日光に当ててはいけない」と冨岡に教えてもらった炭治郎は、殺された家族を埋葬し、禰豆子とともに鱗滝のもとへと向かう。

埋葬のシーンはカットされていましたが、かなりつらかったでしょうね……。

禰豆子はおとなしいを通り越して、なんかボーッとしていましたね(笑)。先ほど暴れまくった反動がきているのかもしれません。二日酔いみたいな感じでしょうか。いや、多分違いますね(自己完結)。

これから、炭治郎と禰豆子の旅が始まるわけですね!

正直なところ、視聴前は全然期待していなかったのですが、けっこう続きの気になる作品ですね。しかも、説明がていねいで、理解力の低い私でもついていけそうです(笑)。

炭治郎は禰豆子を人間に戻せるのか、家族を襲ったのは鬼なのか、禰豆子はどんな鬼になってしまったのか……このあたりが気になるところです!

それでは、ここらへんで第1話の感想は終わりにさせていただきます。

ここで令和コソコソ噂話。筆者はラーメンが大好物で、1日3食ラーメンだったこともあるみたいですよ!

第2話の感想はこちらです。

アニメカテゴリーの最新記事(5件)

管理人のTwitter

内部リンク集