コストパフォーマンスとタイムパフォーマンスの計算方法

文字サイズ 

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

あなたは「コストパフォーマンス(コスパ)」や「タイムパフォーマンス(タイパ)」という言葉をご存知でしょうか? コスパはよく耳にするかもしれませんね。

この2つは、仕事や趣味などの効果を分析するために重要な考え方です。そこで、この記事ではコスパとタイパの計算方法を説明します。

なお、計算の例はコスパとタイパをイメージしやすくするために、わざと簡単にしてあることをご了承ください。

コストパフォーマンスを計算してみよう

金は重要!

「コスト・パフォーマンス(コスパ、費用対効果)」とは、コスト(使う費用)に対してどれほどの効果が得られるのか……を示す指標です。

つまり、これは「お金の面でできるだけ得をしたい!」というときに考えます。

式で表現すると、以下のようになります。ただし、費用は0にならないようにしてください。

コストパフォーマンスの式

この式を見たとき、「いや、効果の値はどうするの?」と思った方もいると思います。

費用を数字であらわすことはできますが、効果の大きさを数字であらわすことは困難な場合があるからですよね。その場合は、例えば、効果の大きさを次のように考えることにしましょう。

  • 効果は大きい:50
  • 効果はやや大きい:40
  • 効果は大きくも小さくもない:30
  • 効果はやや小さい:20
  • 効果は小さい:10
  • 効果はない:0

このようにして、効果の大きさを数字で表現しないと、コストパフォーマンスの計算ができません

では、コストパフォーマンスの計算例を2つ紹介いたします。

1つめの例は、自己投資についてです。ある男性は、起業セミナーに参加したいと考えています。

参加候補のセミナーは2つあり、1つめは「苦労をしないでそこそこ稼ぐ!」をコンセプトにしているAさんのセミナー(参加費:30,000円)です。2つめは「圧倒的な努力で大金持ちになる!」をコンセプトにしているBさんのセミナー(参加費:50,000円)です。

ここで、この男性はAさんのセミナーの効果の大きさを20000、Bさんのセミナーの効果の大きさを40000としました。

すると、Aさんのセミナーのコストパフォーマンスは20000 / 30000 = 0.67となり、Bさんのセミナーのコストパフォーマンスは40000 / 50000 = 0.80となりました。よって、この男性はコストパフォーマンスの大きいBさんのセミナーに参加することに決定しました。

2つめの例は、ほぼ強制参加である会社の飲み会についてです。ある男性は飲み会の参加を拒否しようとしていたのですが、上司から飲み会に参加するように命令されてしまい、渋々参加しました。今回の飲み会にかかる費用は3,500円です。

ここで、この男性は飲み会の効果(価値)を-3500としました。よって、飲み会のコストパフォーマンスは (-3500) / (3500) = -1となりました。よって、この男性は損をしていることが数値でわかります。

簡単すぎる例であったかもしれませんが、このようにしてコストパフォーマンスを計算すると良いです。

※ここでは詳しく説明しませんが、後述の「タイムパフォーマンス」と組み合わせて計算するテクニックもあります。

タイムパフォーマンスを計算してみよう

時間も重要!

「タイムパフォーマンス(タイパ、時間対効果)」とは、タイム(使う時間)に対してどれほどの効果が得られるのか……を示す指標です。

つまり、これは「時間の面でできるだけ得をしたい!」というときに考えます。

式で表現すると、以下のようになります。ただし、時間は0にならないようにしてください。

タイムパフォーマンスの式

この式を見たとき、「いや、効果の値はどうするの?」と思った方もいると思います。

時間を数字であらわすことはできますが、効果の大きさを数字であらわすことが困難な場合があるからですね。

その場合は、例えば、効果の大きさを次のように考えることにしましょう(例は先程のものと同じです。)。

  • 効果は大きい:50
  • 効果はやや大きい:40
  • 効果は大きくも小さくもない:30
  • 効果はやや小さい:20
  • 効果は小さい:10
  • 効果はない:0

このようにして、効果の大きさを数字で表現しないと、タイムパフォーマンスの計算もできません

では、タイムパフォーマンスの計算例を2つ紹介いたします。

1つめの例は、通勤時間についてです。ある女性は、Aという会社に出勤するためのルートを2つ用意しています。1つめのルートを通ると15分で、2つめのルートを通ると20分で出勤が完了できます。

ここで、出勤の効果を100とすると、1つめのルートのタイムパフォーマンスは100 / 15 = 6.7となります。2つめのルートのタイムパフォーマンスは100 / 20 = 5.0となります。よって、1つめのルートのほうが時間的な効率は良いことになります。

2つめの例は、昼食をとるための喫茶店の選び方についてです。ある女性は、Aという喫茶店(自宅から徒歩20分で到着できる場所)で昼食をとるか、Bという喫茶店(自宅から徒歩5分で到着できる場所)で昼食をとるか、自宅で迷っています。なお、この女性は喫茶店Aには何度も来店しており、喫茶店Bには1度だけ来店しています。

ここで、この女性は喫茶店Aの効果(価値)を50、喫茶店Bの効果(価値)を20としました。そうすると、自宅を出てから昼食を完食するまでのタイムパフォーマンスは、喫茶店Aが50 / 20 = 2.5となり、喫茶店Bが20 / 5 = 4.0となります。よって、喫茶店Bで昼食をとったほうが時間的な効率は良いことになります。

簡単すぎる例であったかもしれませんが、このようにしてタイムパフォーマンスを計算すると良いです。

※ここでは詳しく説明しませんが、前述の「コストパフォーマンス」と組み合わせて計算するテクニックもあります。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





チョキでした! グーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

働き方と稼ぎ方カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集