【陰謀なのか】新型コロナ騒動について思うこと(データあり) 【陰謀なのか】新型コロナ騒動について思うこと(データあり) – みなためラボ

【陰謀なのか】新型コロナ騒動について思うこと(データあり)


文字サイズ

はじめに

みなため

どうも! みなため(@MinatameT)です。

あなたは「今の世の中……なんかおかしくない?」と思っていませんか?

その感覚は当たっています。

この記事では、そんなおかしな「新型コロナ騒動」についての意見を述べています。まずは、下記の注意事項をお読みください。

  • この記事の内容は個人の見解であり、すべての情報が正しいとは限りません。
  • 簡潔に説明してあります。気になる情報は、各自で調べるようにしてください。
  • 私は医療やウイルスに詳しくないので、医療などの専門家の情報をもとに考察をしています。その考察の一部が的外れな可能性もありますので、ご注意ください。

※この記事は2021年4月に投稿されたもので、随時更新をおこなっています。誤解を招く表現の訂正もしていきます。

これからの内容は、私が作ったフィクションの話だと考えてください。

キャラクター

そうです。フィクションです!

新型コロナウイルスは怖いの?

新型コロナ(正式名称:SARS-CoV-2)は、「新しい風邪」のウイルスといわれています。

厚生労働省が、風邪の一種であることを認めています

これまでのライノウイルス、(新型ではない)コロナウイルス、インフルエンザウイルスと同じ、風邪の仲間です。感染した過半数の人は無症状で済む、危険性の低い弱毒ウイルスです。

主な風邪の種類

※インフルは他の風邪より強めなので、風邪とインフルを細かく区別する方もいらっしゃいますが、ここでは同じグループにしています。

よく考えてみてください。20時までの会食ができ、混雑している電車に乗れて、ドラマや歌番組の収録もできる……その程度のウイルスなんです。

本当に怖いウイルスなら、お願いされなくても自粛しますよ。みんな、あのように出歩きません。

ここで、「でも、重症化したら怖いんでしょ?」という質問が聞こえてきそうです。

もちろん、コロナは風邪の仲間とはいえ、重症化したら怖いものです。それは、他の種類の風邪でも同じことがいえます。

風邪の重症化を避けるためには、強い免疫力が必要です。体が弱っていると、重症化のリスクが上がってしまいます。

補足:新型コロナウイルスは存在しない?

新型コロナワクチンは、生ワクチンや不活化ワクチンと異なり、実際の対象ウイルスを用いたワクチンではありません。

たまに、「新型コロナワクチンは、新型コロナウイルスを弱らせたものだから、実際に感染するよりは安全だ!」と主張する方もいらっしゃるのですが、それは完全に間違いです。

新型コロナワクチンに、新型コロナウイルスは含まれていないのです。

ここで、「新型コロナウイルスって本当にあるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

実は、新型コロナウイルスの存在が証明されていないのは、厚労省のコールセンターの方が認めています。「多分、こういうウイルスだろう」という予測で話を進めているわけです。

ですので、新型コロナが存在しない可能性は十分にあります。

まあ、私としては、弱毒である新型コロナの存在自体はあまり重要な話ではないと考えています。それよりも、命に関わることを優先して考えたいところです。

参考:新型コロナとインフルエンザの比較

テレビ番組の情報に騙されている方は、私の説明を聞いても「嘘だッ!!!!」となるはずなので、新型コロナが風邪の仲間であるデータを示します。

わかりやすさのために、ここではインフルエンザと比較してみましょう。

  • インフルエンザの例年の平均死者数:約3,000人
  • 新型コロナの2020年の合計死者数:3,459人

年間の死者数はあまり変わらないことがわかります。

しかも、新型コロナの死者数のカウントは「原則、直接の原因で死亡した場合のみ」となっていますが、実際のところはわかりません。本当に正しくカウントされているのでしょうか?

……といいますのも、他国だけでなく日本でも新型コロナでの死者数を多めにカウントしており、後になって下方修正したケースがあったからです。

それに、インフルエンザなどの「新型コロナ以外の感染者数」が、2020年で激減しています。こうなった理由として、インフルも新型コロナ扱いをしている可能性が高いと考えられます。

もちろん、感染症対策ブームになったことも、インフルの感染者数を減らせた要因だとは思いますが……怪しいですね。

死者数が多いのに危険じゃないの?

ニュースなどで公表される感染者数と死亡者数については、かなりの水増し(後述)がありますので、実際の死者数は非常に少ないと考えられます。

例えば、PCR検査でコロナの陽性判定を受けた人がいるとしましょう。

その陽性者が、次のような原因で亡くなったとします。

  • 心不全
  • インフルエンザ
  • 交通事故

これらはすべてコロナ陽性者の死亡ですが、コロナが原因で死亡(コロナ死)したかのように報道されます。

これが、異常なほど多い死者数の正体です。コロナが直接の死因になった人は、報道されている死者数よりもかなり少ないと考えられます。

こうした水増しの事実から、報道で国民を騙そうとしていることは明らかです。

「水増しなんて嘘だ! みんな、新型コロナで死んでいる!」なんて主張している方もいますが、嘘ではありません。

まずは、厚生労働省の新型コロナについての事務連絡を確認してみましょう。

新型コロナウイルス感染症の陽性者であって、入院中や療養中に亡くなった方については、厳密な死因を問わず、「死亡者数」として全数を公表するようお願いいたします。

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

書いてあるとおり、この「死亡者数」というのは陽性者の死亡者数です。誤解を招く可能性もありますが、ここまではOKです。

しかし、PCR検査で陽性になったとしても、実際に感染している可能性は高くありません。つまり、陽性者は感染者ではないのです。

それなのに、ニュースでは「陽性者を感染者と言い換えて」、まるで新型コロナが原因で死亡したかのように、陽性者の死亡者数を報道しているわけです。

実際のところニュース
検査で陽性になった感染が確認された
陽性者感染者
健康な陽性者無症状者
陽性者の死亡感染者の死亡

こうしたリアルとニュースの差を知っていないと、どんどん騙されてしまいます。注意してください。

死者数の水増しをする理由は?

「死者数を水増しして、なんの意味があるの?」と思った方もいることでしょう。

水増しの理由は、国民の不安を煽り、「PCR検査」や「ワクチン接種」を推進するためです。

※厳密には、ワクチン接種を推進するために、PCR検査数を増やしたいわけです。

ただ、PCR検査とワクチン接種を推進しているのは、別々のグループである場合もあるので、話がややこしくなっています(笑)。

  • PCR検査:PCR検査関係の会社やクリニックが儲かる。PCR検査の広告を出すクリニックもある。陽性者数で煽るのに便利。
  • ワクチン接種:テレビ番組などでワクチン接種をうながす専門家に、製薬会社が謝礼金を渡す。ワクチン接種を推進する専門家や医者が儲かるだけではなく、毎年接種させれば製薬会社(ワクチンメーカー)も儲かる。

このあたりの関係は複雑なので、完全には理解するのは困難です……。ここで、もっとシンプルに考えるとしましょう。

PCR検査を推進する人は、PCR検査を進めていくことによって儲かる(または損を回避する)立場の人です。ワクチン接種を推進する人は、ワクチン接種を進めていくことで儲かる(または損を回避する)立場の人です。

例えば、「ワクチン接種は安全とはいえない! 安全なPCR検査で感染拡大を防いでいくべきだ!」といった主張をしている人なら、PCR利権の恩恵を受ける立場である可能性が高いです。

逆に、「PCR検査に意味はない! ワクチン接種を進めることで、コロナは終息していく! 私も接種しました!」といった主張をしている人なら、ワクチン利権の恩恵を受ける立場である可能性が高いです。謝礼金をもらって、ワクチンのCMに出ている方もそうですね。

では、PCR利権側の人と、ワクチン利権側の人では、どちらが正解なのか……ということが気になると思います。

これは、どちらも間違いです(笑)。PCR利権側のほうがまだマシですが、どちらも良いものではありません。

PCR検査を受ける意味はあるの?

結論から言えば、PCR検査を受ける意味なんてありません。お金の無駄です。

その理由は、検査結果があてにならないからです。

実は、PCR検査で陽性になっても、本当に感染している確率は6.5 (%) ほどしかありません。

感染していないのに陽性になることを「偽陽性(ぎようせい)」といいます。9割以上の陽性者は偽陽性です。

なんと、パパイヤやウズラの卵からも偽陽性が出るようです(笑)。

だから、PCR検査はあてにならないのです。

そもそも、新型コロナの存在がまだ証明されているわけではないので、「新型コロナは多分こんな遺伝子をしているだろう」という予測を用いた検査です。

そんなデタラメな検査を、自分のお金儲けのために推進している人がいるわけです。ひどい話ですね。

ちなみに、PCR検査を作ったキャリー・マリス博士の「PCRを感染症の検査に使ってはいけない!」という話は、事実と異なるようです。実際に調べたところ、PCRは感染症診断に応用できることがわかりました。

ただ、新型コロナのPCRについては、デタラメな検査であることには変わりありません。

補足:PCR検査とは?

PCR検査とは、検査を受ける人の唾液などを採取し、その中に含まれるウイルスの量を調べるものです。

唾液などの中に含まれる「特定のウイルスの遺伝子」だけを増幅させることで、ウイルス量を調べることができます。

※増幅とは、「拡大して見やすくする」というイメージです。

ウイルスが検出できたタイミングでの増幅回数を「Ct(サイクル・スレショールド)値」といい、この値が低いほど早く検出された……つまり、ウイルス量が多いことになります。逆に、Ct値が高いほどウイルス量が少ないことになります。

日本では、新型コロナ陽性者とされるCt値は40(40回のサイクル)です。40という値は高すぎるので、無症状の健康な人がたくさん陽性判定されています。

よく、「Ct値を下げろ!」と言っている人がいますが、これは「新型コロナ陽性者とされるCt値を下げろ!」という意味です。

補足:PCR検査は精度が高い?

たまに、「水へのPCR検査で偽陽性が出るのはデマだ! PCR検査の陽性者はすべて感染者だ!」というPCR教信者の主張もあるのですが、仮にそうだとしましょう。

そうだとすれば、確かに感染者は多いです。ただ、感染力の強いウイルスは、弱毒のものである場合がほとんどです。

なぜなら、弱毒だと宿主(感染者)があまり死なず、ウイルス側としてはどんどん感染していけるからです。風邪と一緒です。こんなの当たり前でしょう。

それに、新型コロナで亡くなる方の平均年齢を見れば、新型コロナがただの風邪であることがよくわかります。

こんな弱毒のウイルスにビビっていたら、いつまでも自粛ムードとマスク社会ですよ。日本の経済が死んでしまいます。

ですから、工作員かアルバイトの人かはわかりませんが、PCR検査を推進するようなことはやめていただきたいです。

厳しい言い方をすれば、PCR検査を受ける人がいるから感染拡大が止まらないのですよ! いい加減、気づいてほしいです。

補足:9割以上が偽陽性の根拠は?

偽陽性の出る確率は、ある計算で求めることができます。

……が、その前に、基本的な用語を確認しておきます。

  • PCR:「ポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)」の略。ウイルスなどのDNAの一部を増幅して、検出する技術。
  • 有病率:検査する時点ですでに感染している確率。日本では0.1 (%) を下回っている。
  • 感度:感染している人を陽性判定する確率。新型コロナのPCR検査の場合、感度は30 (%) から70 (%) ほど。
  • 特異度:感染していない人を陰性判定する確率。新型コロナのPCR検査の場合、特異度は95 (%) から 99 (%) ほど。
  • 陽性:新型コロナに感染しているだろうという判定。
  • 陰性:新型コロナに感染していないだろうという判定。
  • 偽陽性:新型コロナに感染していない人への陽性判定。
  • 偽陰性:新型コロナに感染している人への陰性判定。
  • 陽性適中率:陽性者が感染者である確率。
  • 陰性適中率:陰性者が感染していない確率。

偽陽性の出る確率(偽陽性率)は、「1 – 陽性適中率」で求められます。

そのため、まずは、陽性適中率を導き出したいと思います。

陽性適中率は、次の式で表されます。

陽性適中率の式

ここで、実際のPCR検査をイメージして、有病率を0.1 (%) = 0.001、感度を70 (%) = 0.7、特異度を99 (%) = 0.99として、陽性適中率を求めます。

陽性適中率 = (0.001×0.7) / ((0.001×0.7) + (1 – 0.001)×(1 – 0.99)) = 0.0655

よって、陽性適中率は6.55 (%) とわかりました。

偽陽性率は、1 – 0.0655 = 0.9345なので、93.45 (%) です。

これが、「9割以上は偽陽性」の根拠です。だから、PCR検査での陽性者数は水増し状態になっており、あてにならないのです。

ちなみに、陰性適中率は次の式で表されます。

陰性適中率の式

ここで、実際のPCR検査をイメージして、有病率を0.1 (%) = 0.001、感度を70 (%) = 0.7、特異度を99 (%) = 0.99として、陰性適中率を求めます。

陰性適中率 = (0.99×(1 – 0.001)) / ((0.99×(1 – 0.001)) + (0.001×(1 – 0.7))) = 0.9997

よって、陰性適中率は99.97 (%) とわかりました。

これはほぼ確実に的中するということですので、陰性判定に限れば、信ぴょう性が高いといえます。

ワクチン接種は受けるべき?

結論から言えば、ワクチン接種はやめておいたほうが良い(賢い選択)です。

その理由は、ワクチンの安全性がまだよくわかっていないからです。

さて、ここで問題です。通常、ワクチンは何年ほどかけて実用化されるものなのでしょうか?

……答えは10年から15年です。そのうちの3年から7年ほどで治験をおこない、有効性や安全性を確かめていくものなのです。

それなのに、ファイザー社の新型コロナのワクチンは、全世界合わせて「たった10ヶ月の治験」と日本では「たった2ヶ月の審査」で特例承認され、供給されています。

おかしくありませんか?

治験機関と審査期間

※ファイザー社のワクチンは2020年4月22日に臨床試験開始の承認があり、臨床試験を開始しました。また、2020年12月18日には製造販売承認の申請がされて、2021年2月14日に日本で特例承認されました。その3日後の2月17日から、医療従事者への先行接種がスタートしました。

この普及ペースは異常です。3年から7年ほどの中長期的な治験が終わっていないワクチン……あなたは打ってもらいたいと思いますか?

私なら断固拒否します。ワクチンのリスクとコロナのリスクを比較すると、コロナのリスクのほうが明らかに小さいからです。それほど、ワクチンのリスクは高いものだと理解しておいてください。

ちなみに、「ワクチンで人間の遺伝子が組み替えられる!」みたいな噂がありますが、この逆転写の真偽はよくわかりません……。

補足:治験は終わっているの? 終わっていないの?

ワクチン反対派の方は、「新型コロナワクチンは治験中だ!」とよくおっしゃっているのですが、これは半分正解で半分間違いです。

ここで、「え? 意味がわからん。」と思った方も多いと思うので、順番に説明します。

結論から言えば、日本では治験が完了しており、海外では治験が完了しておりません。

これは、日本の治験と海外の治験が異なるシステムだからです。

実際のところ、日本では「臨床試験中」、海外では「治験中」という表現が正しく、日本と海外の状況が異なっていることがわかります。

まあ、英語ではどちらも「clinical trial(クリニカル・トライアル)」というので、ややこしいですね(笑)。ちなみに、臨床研究は「clinical study(クリニカル・スタディー)」といいます。

日本の臨床試験には、次の4段階があります(参考ページ1参考ページ2参考ページ3)。

  • 第1相(フェイズ1):10人から20人程度の少数の健康な人を対象に、ワクチンの安全性を重点的に試験する。
  • 第2相(フェイズ2):30人から80人程度の少数の人を対象に、ワクチンの有効性と安全性を試験する。この段階で、適切な投与量や短期的な副作用を確認する。また、プラシーボ(偽薬)と本物のワクチンを比較する。
  • 第3相(フェイズ3):100人から1000人程度の多くの人を対象に、ワクチンの有効性と安全性を試験し、評価する。この段階でも、プラシーボ(偽薬)と本物のワクチンを比較する。
  • 第4相(フェイズ4):「製造販売後臨床試験」ともいう。ワクチンが厚生労働省に承認されると、抗体の維持や安全性のチェックが数年かけておこなわれる。この段階では、普通、プラシーボ(偽薬)を用いることはない。

第1相から第3相の試験を「治験」といい、普通は3年から7年ほどかけておこないます。

また、治験に加えて、第4相(製造販売後)の試験を「臨床試験」といいます。

海外では、第1相から第3相までの治験しか存在しません。では、第4相の臨床試験はどこに行ったのか……という話ですが、第4相試験は第3相試験の一部になっています。

つまり、「日本の第3相試験 + 日本の第4相試験 = 海外の第3相試験」ということです。

臨床試験の段階の図

現在、日本では第4相試験が続けられているので、臨床試験中だといえます。

しかし、日本での第3相試験は完了しているので(厳密には、国際共同治験を第3相試験の代わりとして特例承認されており、第3相試験そのものは飛ばしています。)、「日本では治験中だ!」という意見は間違いになります。

キャラクター

超ややこしいですね……。

日本海外
治験は終わった?はいいいえ
臨床試験は終わった?いいえいいえ

しかし、(ていねいに説明したばかりですが)そんな形式的なことはどうでもいいのです。

大切なのは、人体への接種後7年どころか、2年から3年ほどの中期的なデータすらない……という紛れもない事実です。

ワクチンを推進する某団体のメンバーは、「ワクチンの副反応は6週間以内に起こることがほとんどです。」といったことをおっしゃっていますが、実際はわかりません。まあ、その「ほとんど」というのは、9割程度かもしれませんし、もっと少ない7割程度かもしれませんが……(汗)。

※既存のワクチンの副作用が、接種後2ヶ月以内に起こることが多いからかもしれません。

それでも、ワクチンの開発期間を短縮するような努力は認めます。mRNAを体内に届ける技術はよくできていると思います。

しかし、中長期的なデータがないのですから、「安全」だと言い切るのは完全にアウトです。実際に、若年層の心筋炎の副作用報告もありますし……。

大切なポイントを、見失うことのないようにしましょうね!

補足:ワクチンの接種回数

今のところ、ワクチンの2回接種がベストだといわれていますが、これとは異なる意見もあります。

  • 3回接種がベスト。
  • 年代によって接種回数を変えるべき。若年層には不要。
  • 1回でも接種を受けると、エンドレスで(死ぬまで)定期接種を受けなければならない。

こうしたいろんな意見がありますし、私は医学の専門家ではないので、正しいことはわかりません。

ただ、1回めよりも2回めの副作用が強いということは、接種回数を増やせば増やすほど、副作用のリスクが上がっていくものだと考えられます。

そうなると、エンドレス接種の道になったとき、恐ろしい事態になるのではないでしょうか?

これから、「接種を絶対に受けない人」と「接種を毎年受けなければいけない人」に二極化するかもしれませんね。

とにかく、今は様子見が一番スマートな選択ですので、接種を迷っている方はまだやめておきましょう。特に若年層の方は、絶対にやめておくことをおすすめします。

補足:エンドレス接種の根拠は?

1度でも接種を受けると、以降は定期的な接種を受けなければいけなくなる可能性が高いです。

その理由は、中和抗体と感染増強抗体のバランスにあります。

  • 中和抗体:感染や重症化を防ぐ「良い抗体」
  • 感染増強抗体:他のウイルスに感染したときに重症化してしまうリスクを上げる「悪い抗体」

ワクチンの接種を受けて1週間から2週間ほどすると、新型コロナに対する中和抗体(良い抗体)が獲得できるといわれています。

ちなみに、ファイザーの場合は、スパイク全体(RBD + NTD)を抗原とするmRNAワクチン「BNT162b2」なので、2種類の中和抗体(RBD中和抗体、NTD中和抗体)が獲得できます。

これだけを聞くと、「じゃあ、接種をさっさと済ませておいたらいいじゃん!」となるかもしれないのですが、ちょっと待ってください!

中和抗体だけではなく、感染増強抗体(悪い抗体)もできてしまうのです。これは(本物の)新型コロナに感染したときも同じなのですが、こいつが非常に厄介なわけです。

中和抗体が多いときは、感染増強抗体が打ち負かされますので、「新型コロナに強い体になる(他のウイルスへの免疫はそのまま)」という、期待どおりの状態になります。

ただし、時間が経過するとともに、中和抗体の数はどんどん減少していきます。感染増強抗体も減ってくれると良いのですが、どうやらそうはいかないみたいです……。

中和抗体と比べて感染増強抗体の割合が高くなると、新型コロナ以外のウイルス(変異株も含む。)に感染したときの重症化リスクが上がってしまいます。

これを「ADE(抗体依存性感染増強)」といいます。このADEを引き起こしてしまう状態が非常に危険なのです。

中和抗体感染増強抗体体の状態
多い少ない新型コロナに強い
多くも少なくもない多くも少なくもない接種前と変わらない
少ない多いADEのリスクが高い

恐ろしいことに、人によっては中和抗体が生み出されにくく、感染増強抗体のほうが多くなってしまう……つまり、ワクチンが逆効果になってしまうケースもあるのです。

例えば、デング熱のワクチンは、2016年の大規模接種が始まった後にADEのリスクが判明し、デング熱に感染していない子供たち( = ワクチンが逆効果になる子供たち)への接種が中止になりました(参考ページ)。

こうしたADEが、(ADEを起こすウイルス「SARS」の仲間である)新型コロナのワクチンでも起こる可能性があるのです。

そのADEを回避するためには、中和抗体を増やさなければいけませんので、そのために追加の接種が必要になるわけです。

追加の接種を受けないと、ADEで死んでしまうリスクが跳ね上がるともいえます。

これが、エンドレス接種の根拠です。

補足:新型コロナワクチンの危険な点のまとめ

長い説明になってしまったので、ここで簡単に整理しておきます。

また、これまでに説明はしていませんでしたが、リスクだと思われるものは追記しています。

  • アナフィラキシー:これは会場の医師が対応してくれるので、あまり心配しなくても良い。ただし、帰宅後に起こる場合もまれにあるので、接種当日は誰かとできるだけ一緒にいること。
  • ADE(抗体依存性感染増強):体調がどんどん悪化していく。また、ADEが起きたことを検出できる検査がないため、「ワクチンとの因果関係はなし」とされるはず。
  • スパイクたんぱく質による血管へのダメージ:重篤な副作用が起きる原因。かなり危険。
  • アミロイドーシス:異常のあるたんぱく質が各臓器に溜まることで、臓器の機能低下を起こす。スパイクたんぱく質がアミロイドーシスの原因になる可能性がある。

おそらく、多くの国民は「アナフィラキシーがヤバい!」と考えていることでしょう。

しかし、本当にヤバいのはアナフィラキシーではないことがわかるはずです。

実際に、ワクチンに詳しい世界の権威者たちもアナフィラキシーの危険性については触れず、もっと危険な副作用の話ばかりをしています。

ワクチンのリスクを伝える世界の権威者のメッセージ

ワクチン接種を迷っている方に、ぜひ読んでいただきたいメッセージをまとめました。

すべての内容が正しいかどうかはわかりませんが、その道のプロが警告していることです。参考にしてください。

ファイザー元副社長 マイケル・イードン博士

●今回のワクチンは危険

なぜ、製薬会社がワクチンを追加製造しているのでしょうか。これを聞いたら、恐怖を感じなければいけませんよ。

それら(追加製造)には、なんの正当性もないからです。

世界の医療規定者によると、「(追加のものは)現在出回っているワクチンとほぼ同じなので、安全性に関する治験は全く問わない。」と言うんです。

変異株といっても何も変わらないので、恐れることはありません。ワクチンを追加で接種してもらう必要はありません。

それにも関わらず、製造中で、正当な手続きなしに通そうとしているんです。本当に怖いです。

このことについては、楽観的な解釈がまったくできません。

私は、それにより多くの人が健康を害し、死ぬ可能性があると思います。真剣に言っています。

どう解釈しても、大量の人に対する企て以外は考えられません。真偽を問われても、もっともらしい話で関係性を否定するでしょう。

新たな作り話を出してくるからです。例えば、生物学的脅威についてです。

それを聞いて、みんなは追加のワクチン接種を受けるために、並びに行くんですよ。数か月後、1年後になって、死んだとしても、通常とは異なる病的現象だとして、追加のワクチンとの関連性はわからないでしょう。

変異株の話はウソです。追加のワクチン接種はまったく必要ありません。(追加のワクチンを)邪悪な目的で使おうとしています。

それに気づかなければ、来年、(私の懸念が)現実となるでしょう。

●邪悪な科学者に従うな

もし、明日から行動を変えるのなら、普通の社会に戻せるんです。マスクは必要ありませんよ。効果がないんです。

ロックダウンは止めるべきです。感染症予防にはまったく効きませんから。

ロックダウンは病院やケアホームでほとんどやりましたが、ワクチン接種は必要ありません。

不正確な検査で、ある意味危険な、遺伝子を基準にした、スパイクタンパク質を誘発するタンパク質ですよ。

そして、邪悪な科学者の言うことは聞かなくてもいいです。

彼ら(邪悪な科学者)に限って、政府にアドバイスする立場のようです。

今から数週間以内に行動しなければ、すべてが終わります。

ワクチンパスポートが本格的に導入されると、押し返すチャンスを失うと思います。そうなると後悔しますよ。

●ADEのリスクはある

SARSやデング熱など、このような病気は、(ワクチン接種で)特有の現象が起こることがあります。

体内にこのような病原体の抗体をもつ人が、ときどき経験するんですが、抗体依存のような病気です。

ADE(抗体依存性感染増強)といいますね。これについての見解は正しいと思います。

●子供にワクチンは必要ない

率直に言って、なぜ、(子供に)ワクチンが必要なのか? この病気(新型コロナ感染症)で死なないんですよ。

例えば、100万人に1人が(ワクチンの)副作用で亡くなったとしたら、10人の子供が殺されたことになります。

効果がないにも関わらずですよ。

それに、100万人に1人で済むわけがありません。実際にはもっと悪化するでしょう。

みんな、子供までは接種を受けさせないだろうと思うかもしれませんね。

しかし、ワクチンパスポートが一旦導入されると、そうともいかないでしょう。

例えば、あなたが親なら、スマホの音がピーンと鳴って、「子供を連れてきてください。」とのお知らせが入ります。ワクチンについては触れずにです。

連れて行かざるを得なくなるでしょう。

なぜなら、下のほうに「(連れてこないと)ワクチンパスポートが失効します。」といった、注意書きがあるからです。

本当に、耐え難いレベルの脅迫行為ですよ。

これまで私は、「子供にワクチンは必要ない。」と主張してきました。それでも打たせようとしています。

接種は自由なのですが、このまま進むと地獄行きですよ。ですから、戻ってきてください。まだ間に合います。

●茶番をやめて日常を取り戻そう

本当に腹が立ちますよ。医師たちにです。少なくとも、私より頭は悪くないはずです。彼らは本当に愚かです。

言われたことに従うだけで、患者と真剣に向き合わず、同僚仲間が合うのは禁じられ、マスクが効くふりをし、PCR検査が有効だというウソを付き、最も必要のないワクチンを打ち……そうした医師たちに吐き気がしますよ。

偽善者で、愚か者で、バカな人間ですよ。

医師たち全員は止めるべきです。

なんの罪もないみなさんは、マスクを捨ててください。人に会ったらハグをし、キスをしてください。それで病気になることはありません。

犯罪者と子供たちの板挟みにあうのは、もうたくさんですよ。

今日から、それは終わりです。終わりにしないといけません。真剣にです。暴力はなしで。

手を取り合って、みんなで「全部茶番だから、すぐにやめるべきだ。」と言うんです。オールドノーマルを今日や今晩にも、取り戻せますよ。

今晩、イギリスでは素晴らしい夏の夜です。

今日にでも、慣れ親しんだ日常を取り戻せるんですよ。

ワクチン開発のトップクラスの権威者 ギアート・ヴァンデン・ボッシュ博士

●自然免疫を抑圧する抗体ができる

事実として、それ(新型コロナのワクチン)は永続的な抗体なんです。特定の抗体は、私たちの自然抗体を打ち負かせ続けます。

これは大きな問題です。

自然抗体は、広い範囲を保護してくれます。この保護というのは、どんな変異があろうと構わないのです。

どんな種類のコロナウイルスでさえも構いません。あなた(人体)を守ってくれるのです。

ただし、もちろんですが、この生まれつきの自然免疫を抑圧してしまうと、例えば、永続的な抗体に打ち負かされてしまうなどですね。

ですから、「しくじったね。もう1度トライだ。」とはいきません。(ワクチンには)なにかしらの害はあります。

誰かを免疫化するということは、コンピューターに新しいソフトを入れるようなものです。

これらの抗体というのは、コロナウイルスに遭遇するたびに呼び出されるのです。(体内から)消せないんですよ。

ですから、これは非常に深刻な問題です。

●新型コロナは人工的なパンデミック

世界的な問題なんです。これらのウイルスを、ますます、感染症にしてしまうのです。

なぜなら、常に、免疫システムをすり抜けるチャンスを与えるからですよ。

それらのウイルスが、もはやコントロールできないほどに、恐ろしい感染症を引き起こすわけです。

私たちはすでに、高感染性株に直面しています。私たちにはコントロールできません。

なぜなら、基本的にやっていることは、誰かにワクチン接種すれば、その人をウイルスもちの無症状感染者にしうるからです。

しかし、それと同時に、個人の生まれもった免疫システムの貴重な部分を失っているのです。

このウイルスを束縛するための抗原特異的抗体に、自然抗体が打ち負かされてしまうからです。

これは永続的な抑制であり、すべての保護を失うんですよ。いかなるウイルス変異に対してもです。免疫がなくなるんです。

そして、これからの高感染性株が流行するんです。

私はワクチンのプロですし、(普段なら)ワクチン批判はしません。しかし、どうかお願いです。これ(新型コロナワクチン)は無数の人に使わないでください。

私が感情的になっているのは、私の子供たちのような若い世代のことを考えているからですよ。

やっていることが、単にありえないんですよ。私たちは、これ(新型コロナ)を人工的なパンデミックにしてしまったのです。

これらの高感染性株がどこから来たのか、誰か説明できますか?

誰も説明できませんよ。以前の自然的なパンデミックでは、こんなのは見なかったんです。

生物兵器の研究者 リー・メリット博士

●動物実験で成功したことはない

私が知っている4種類の(mRNA)ワクチンは、フェレットと猫で実験済みです。

明らかに、すべての動物は死にました。ただし、動物たちはワクチンで死んだのではなく、ADE(抗体依存性感染増強)が原因でした。

(mRNAワクチンの接種を受けた後の動物たちに)ウイルスで再度感染させてみると、ワクチンはウイルスを殺せない結果となりました。

逆に、体内でプログラムされた免疫反応は、ウイルスを包んでしまうんです。

ウイルスはまるで、猫の体に入ったトロイの木馬のようです。ウイルスは、免疫システムから逃れて増えます。

最終的に、猫は敗血症と心不全で死にます。同様のことは、フェレットでも起きました。何度トライしても死んでしまうのです。

mRNAワクチンは、動物実験で成功したことがありません。

今、患者はmRNAワクチンの接種を受けた後、2ヶ月間追跡されるだけです。この追跡期間は全然足りません。ADE反応が出るかどうかわからないからです。

3つの医療専門分野で認定されたオステオパシー医学博士 シェリー・テンペニー医師

●動物実験はすべて失敗

彼らはネズミ、ウサギ、フェレット、ハムスター、サルで実験をしました。

これらの動物たちは、重症の病気になり、すべて死んでしまったのです。

ワクチンの安全性を証明できていなかったので、FDA(アメリカ食品医薬品局)は実験を進ませることができませんでした。

なぜなら、ワクチンの最初の接種がOKでも、次に暴露したら(風邪を引いたら)すべての動物は病気になって死んでしまったからです。

彼らは、「安全性」と「有効性」の両方とも証明できませんでした。

なぜなら、ワクチン採用側の意見に立つと、(ワクチンによって)再び暴露しても、病気にならないということが目的だからです。

彼らは、それを(動物実験では)証明できなかったのです。

それで、彼らが(ワクチン接種は悪い結果しか起きないとわかっているので)動物実験を再びおこなう必要はありませんでした。

(安全性と有効性を証明できない)このワクチンを、人間に使うことにしたのです。

●1度でも接種を受けると終わり

1度でも接種を受けてしまったワクチンは解除できません。

そこで、多くの人が私に声をかけてくれます。私のことを信じている人から、何百通ものメールやメッセージが届いていて、たくさんの人と話しました。

その人たちは「私たちは、誰かに良いニュースや希望を与えたいと思っているんです。」と言います。

……が、これには物理的な解決策がありません。

その人たちは、自由意志でその道を選んだのです。そして、それは悪い決断です。

なぜなら、注射を受けた人は、トランスヒューマニズム運動に参加することを、志願したことになるからです。

本当に私たちが理解しなければならないのは、この秋になると人々は病気になり、おそらく多くの人が死んでしまうことです。

エイズウイルスを発見したノーベル賞受賞者 リュック・モンタニエ博士

●接種を受けた人は2年以内に死ぬ

希望はありません。ワクチン接種を受けた人に対する治療法はありません。

我々にできるのはせいぜい、大量の死者に備えて、火葬場の準備をしておくことくらいです。

ワクチン接種を受けた人は、ADEによって2年以内に全滅するだろうからです。

もはや、他に話すべきことはありません。

CDCの内部告発者 ジェーン・ドウさん(仮名)

●ワクチン死は膨大な数

この(新型コロナ)ワクチンでは、少なくとも45000人の死亡者が出ていることがわかっています。

これは、ワクチン接種後3日以内に死亡した人の数です。

この事実を、連邦政府に告発します。

ワクチンの説明書の要点

【必読】ワクチンの注意事項

ワクチン接種券とセットで、「ワクチンの説明書」も自宅に届きます。これらは同封されています。

そして、今回のワクチンの説明書には、次のようなことが明記されています。

  • 現時点では感染予防効果は十分には明らかになっていません。
  • 本剤には、これまでのワクチンでは使用されたことのない添加剤が含まれています。
  • 本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。
  • 予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。

これらを完璧に読んだうえで接種を受けに行くのならまだ良いですが、これほど重要な説明文を読まずに接種を受けに行くのは(口は悪いですが)バカですよ。

実際に、説明書すら読まずに接種会場に行った方もいらっしゃるようで、言葉で表現するのが難しい気持ちになりました。

それだけではありません。

なんと、説明書を読まないどころか、代表的な副作用も知らないで接種を受けに行った方もいらっしゃったようで……心の底から呆(あき)れました。

ワクチン接種日、髪長い人は腕痛くなる前にお風呂入って髪の毛乾かせって教えて欲しかった……!!!!!

https://twitter.com/HUSHtarou/status/1395020426581975049

腕が痛くなってくることをご存知なかったのでしょうか? これは代表的な副作用(副作用ではなく、本来の免疫反応とする説もあります。)ですよ! あまりにも勉強不足だと思います。

ワクチンは危ないだの色々言うくせになんで打った腕が結構痛くなることを教えてくれなかったんだよ。。

https://twitter.com/tibiota03/status/1410250198576631808

「危ない」という親切な警告を無視して接種を受けに行ったのに、その文句はひどいと思いますよ。

それに、腕が痛くなることくらいたくさん報告されていますが、そんなことも調べていなかったのですか?!

めちゃくちゃ頭痛い&吐き気なんだけどワクチン関係ある???

https://twitter.com/yutochannel36/status/1414085672395100162

頭痛や吐き気も、ワクチンの副作用にありますよ。生の声を調べましたか?

地獄のように腹が痛い
女の子というより下痢で
ワクチンの副作用に下痢があるなんて聞いてないぞ!

https://twitter.com/RingoNeko7/status/1413363672282320900

下痢も副作用にありますよ。「聞いてないぞ!」ではなく、自主的にちゃんと調べましょう。

ファイザーのワクチン一回目接種完了。そう言えば主成分は何?と説明書き見たらトジナメランというそうで。
接種で腫れたりするのは、ワクチン本体以外の成分が主に引き起こすらしい。

インフルエンザの予防接種何回も受けたことあると申し出たら医師からは、「あ〜じゃぁ大丈夫だとおもいます」と。

https://twitter.com/oji_pal/status/1417753688215494659

いやいや、順番が逆ですよ(笑)!!

こういうのは、成分を確認して安全性を判断してから、接種を受けるかどうかを決めるものなんですよ!

しかも、これまでのインフルワクチンと新型コロナワクチンはまったくの別物です。その医師、大丈夫なのでしょうか……?

このように、ワクチンの成分や副作用をあまり調べずに、接種を受けに行った方もいらっしゃるのが現状です。

※命に関わることなので、わざと厳しく指摘しています。ご理解ください。

キャラクター

反面教師として引用させていただいたので、感謝として、ツイートに「いいね」を押しておきました。

調べない人のために、今回のワクチンの副作用(全部は無理なので一部です。)について、私が簡単にまとめておきます。

ワクチン接種後に、下記のような副作用が出ることが「生の声」として投稿されています。

  • 高熱
  • しびれ
  • 倦怠感
  • 悪寒
  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 血圧低下
  • じんましん
  • 内出血
  • 動悸
  • 息苦しさ
  • 食欲不振
  • 手足の腫れ
  • リンパ管の腫れ
  • 異常な脱毛
  • 誤嚥性肺炎
  • 血小板の減少
  • 不妊
  • 顔面神経麻痺
  • 多発性硬化症
  • 失明
  • ギラン・バレー症候群
  • 大動脈解離
  • 脳梗塞
  • 呼吸困難
  • 心筋炎
  • 心不全
  • 巨乳化
  • 肩こりの解消
  • 腰痛の改善

これらについては科学的に証明されていないこともありますが、ウソだと断言することはできません。

そのため、上記のリスクを理解したうえで、接種を受けるかどうかの判断をしましょう。

なお、モデルナのワクチンに関しては、肩こりや腰痛を軽減するような嬉しい副作用の報告もありますが、その原因は不明です。

もちろん、こうした嬉しい副作用だけに期待して、接種を受けようとするのは愚の骨頂です。

ワクチンに含まれている成分

次に、ワクチンの成分についての話です。これも、ワクチンの説明書に明記されています。

実は、同じタイプのワクチンでも、製薬会社によって成分が異なるのです。

まずは、ファイザーのワクチンの成分です。成分の説明は私が付け足したものですので、説明書には書いてありません。

  • トジナメラン:有効成分であるmRNA。
  • ALC-0315:アミノ脂質。ワクチンの添加剤としての使用前例がない。
  • ALC-0159:PEG(ポリ・エチレン・グリコール)脂質。ワクチンの添加剤としての使用前例がない。
  • DSPC:脂質。ラットの肝臓には有害だが、人体に大きな影響はないと考えられる。
  • コレステロール:人体に存在する脂質で、細胞膜やホルモンを作っている。
  • 塩化カリウム:食塩などに含まれており、人間が日常的に摂取しているもの。
  • リン酸二水素カリウム:薬や食品の添加物。pHの変動をおさえるもの(緩衝液)。
  • 塩化ナトリウム:塩。薬の添加物として、よく利用されている。
  • リン酸水素ナトリウム二水和物:薬の添加物。pHの変動をおさえるもの(緩衝液)。
  • 精製白糖:砂糖。薬の添加物として、よく利用されている。

ALC-0315とALC-0159については、ワクチンの添加剤としての使用前例がないのが少し不安なところです。

また、PEGアレルギーをもっている人もいますので、アナフィラキシーが起こるリスクがあります。

ただし、PEGそのものには薬品や化粧品などの使用前例がたくさんあります。そのため、過度に恐れる必要はありません。

DSPCについては、ラットの実験では肝臓にダメージを与えることがわかっています。ただし、他の薬品にも使われている(使用前例がある)ことから、人体に大きな悪影響を与えることはないと考えられます。

次に、武田とモデルナのワクチンの成分です。

  • CX-024414:有効成分であるmRNA。
  • SM-102:アミノ脂質。
  • コレステロール:人体に存在する脂質で、細胞膜やホルモンを作っている。
  • DSPC:脂質。ラットの肝臓には有害だが、人体に大きな影響はないと考えられる。
  • PEG200-DMG:ポリ・エチレン・グリコール。アレルギー反応を引き起こすリスクがある。
  • トロメタモール:薬の添加物。pHの変動をおさえるもの(緩衝液)。
  • トロメタモール塩酸塩:筋肉注射での使用前例なしの添加物。おそらく、pHの変動をおさえるもの(緩衝液)として含まれている。
  • 氷酢酸:洗浄や医療の目的で利用されているもの。おそらく、pHの変動をおさえるもの(緩衝液)として含まれている。
  • 酢酸ナトリウム水和物:含まれた目的が不明。
  • 精製白糖:砂糖。薬の添加物として、よく利用されている。

ここで、最も警戒すべきなのは「スパイクたんぱく質」を生成する有効成分(ファイザーはトジナメランで、武田とモデルナはCX-024414。)だと考えられます。

なぜなら、体内で作られたスパイクたんぱく質が、血栓を作る原因になっている可能性が高い……という話があるからです。

もっとシンプルにいえば、スパイクたんぱく質は「毒」の可能性があるということです。

よく言われている有名な諸説ですね。これが本当に正しい情報なのかはわかりませんが、今のところは警戒しておいたほうが良いと思います。

塩化カリウムのデマについて

2021年7月に、次のツイートが話題になりました。

ちょっと本気でムカついたので
ツイートします。

厚労省のHP確認したら 本当にファイザー製のワクチンに「塩化カリウム」が含まれている。これ囚人の死刑の際に使われる劇薬なんだけどね。多量に体内に入ると心停止する毒だよ。

マジでお前ら全員ムショにぶち込んでやるから覚悟しておけよっ!

https://twitter.com/Jinguuji_Makoto/status/1415545479845187584

この方は「塩化カリウム」に激怒しているようですが、これはおかしいです。

なぜなら、塩化カリウムは私たちが日常的に摂取しているものであり、ワクチンに致死量を上回る量の塩化カリウムが含まれていることは、ありえないと考えられるからです。

(成分すら調べない人が多いので)成分を調べたのは素晴らしいと思いますが、それぞれの成分についてもっと詳しく調べたほうが良かったですね。

そうすれば、本当にヤバい成分は塩化カリウムではないことがわかるはずです。

案の定、間違いを指摘するような返信や引用リツイートが、大量に寄せられています(汗)。

こうした嘘情報のツイートは、まともなワクチン反対派のイメージダウンにつながりますし、ワクチン推進派のエサになりますので、早く撤回してほしいものです。

※上記のツイートは、ツイート主が鍵アカウントにしたため、見れなくなってしまいました。ウソ情報は撤回してくれたのでしょうか……?

SNS上にあるワクチン推進作品

衝撃の副反応ビンゴ

新型コロナワクチンは(毒のようなものなので)副作用がよく出ますが、それを悲しむのではなく「楽しもう」という意図で作られたのが、下の「副反応ビンゴ」です。

来週1回目のワクチン受けるので取り急ぎ準備した ワクワク

https://twitter.com/sabao_0214/status/1432986667099455489

このツイートにはいいねが15万以上もついており、かなりバズっています……。

しかも、「短期的」かつ「軽い副作用」に限定していることに対するツッコミがあまり見当たらないことから、多くの人は「接種を受けてもこれくらいで済む」と誤解していると思います。

まあ、ビンゴの作成者さんに悪意はないと思いますし、マスメディアの悪事に加担したつもりはないでしょう。フォローしているアカウントやプロフィール文から、工作員には見えませんし……。

ただ、実際にはそうなってしまっているので、「ビンゴの難易度を下げるために、重篤な副反応は一切載せておりません。短期的かつ軽い副反応のみであることをご了承ください。」といった補足説明をしていただきたいと思います。

そうした(ある意味)悪質なビンゴに感化され、私は下のようなビンゴを作りました(笑)。

新型コロナワクチン 副作用ビンゴ

※ダウンロードしてご自由にお使いください。SNSでの拡散も大歓迎です。なお、著作者表記は不要です。

こういう難易度が高めのビンゴのほうが、良心的だと思いませんか?

多くの国民は、このビンゴに書いてあるほとんどの副作用について知らないでしょう。ワクチンに関する基礎知識もほぼないと思います。

  • スパイクたんぱく質って何? ADEって何?
  • 副反応が強いほど、効いてるってことでしょ? モデルナ最強じゃん!
  • 接種を2回受けたら、他の人に感染させないんだよね?

冗談抜きで、本当にこんな程度なんです。

まあ、データを確認する限り、接種を受けたことで重篤な副作用が起きる確率は高くありません。短期的な副作用の場合、大抵は数日で回復します。

しかし、ワクチンにしては副作用が異常に出ている……ということは、知っておいてほしいと思います。

Twitterで使える接種済みアイコン

まずは、次のツイートをご覧ください。

フル○ンなう

に使っていいぞ! (アイコン用透過 PNG)
※ 各ワクチン規定の期間が経ってから装着すること
#FullyVaccinated
#コロナワクチン

https://twitter.com/souyakuchan/status/1409474202839646214

これは、フルチンできた人(2回のワクチン接種を受けることができた人)を対象とした、Twitterアイコン素材の提供ツイートです。

※なぜか、2回接種をフルだと誤解している方が多いのですが、3回めもありますからね……(苦笑)。下手すると、死ぬまで無限接種ですよ。

この人は副反応ビンゴの人と違って「工作員感」が強いですが、まあ、それは置いておきましょう。

私のような反ワクチン勢にとっては、工作員やワクチン教団(?)を見分けるのに便利ですし、工作員側からすれば味方がわかりやすくて便利です。

デザインも悪くなく、なかなか高品質なアイコン素材だと思いました。

ただ、これは「接種済み」の人だけに向けたものですので、「接種を拒否」している人に向けたアイコン素材もほしいところです。

そこで、私が「ワクチン接種を拒否する人」のためのTwitterアイコン素材を作ってみました!

「私はワクチン接種を受けません。」という意味のアイコン素材

※ダウンロードしてご自由にお使いください。SNSでの拡散も大歓迎です。なお、著作者表記は不要です。

縦も横も400 (px) で透過済みですので、ダウンロードしたらすぐに使えるはずです。

ご覧のとおり、デザインはオリジナルの作品をめちゃくちゃパクっていますが、それはパロディー感覚でとらえてください(笑)。

英文は「I never get a vaccination.」としていますが、英語的に合っていますよね……? 英語はあまりわからないので、ちょっと心配です(汗)。

ワクチン接種推進の闇

多くの有名人や医者が不自然に推進している

コロナ(風邪)の重症化を防ぐために、日本でワクチン接種を進めていくことには問題があります。

治験が不十分で、スパイクたんぱく質を体内で作り出すワクチンのほうがずっと怖いからです。

そもそも、風邪にワクチンは要りません。コロナ騒動前もそうでしたよね。ウイルスは高い頻度で変異を繰り返しますし……。

また、「コロナは風邪の仲間で終息しない」というのは、専門家や医療従事者もちゃんとわかっています。風邪のウイルスは基本的に弱毒なので、感染した人が生き残って感染拡大するものなのです。

それなのに、「コロナは怖いからワクチン接種を進めていくべき!」という主張が多いことについて、「闇」を感じませんか?

  • 実業家のHさん:コロナは怖くありません。ワクチンは接種しましょう!
  • ビジネスマンのMさん:コロナはインフルエンザと同じようなもので終息しません。反ワクチンは陰謀論だから迷惑です。
  • 医師のKさん:コロナは風邪なのに、メディアは不安を煽っています。ワクチン接種は進めていくべきです。
  • 医師のOさん:コロナはちょっとだけ悪い風邪のようなものです。無駄だとはわかっていますが、私はワクチン接種しました。

不自然な主張に感じませんか?

変異を繰り返し、終息もしない風邪の弱毒ウイルスに、ワクチンが必要ないことは全員わかっていますよね? どうして、ワクチン接種を不自然に推進しているのでしょうか……?

理由としては、以下の2つが考えられます。

  • ワクチン接種を推進することで得をするから。
  • ワクチン接種を推進しないと損をするから。

ワクチンを推進すると得をするグループ

ワクチン推進で得をするのは、製薬会社、医療従事者、WHO、ゲイツ財団などです。製薬会社が得をするということは、製薬会社と関係の深い厚生労働省も得をすると考えられます。

また、厚生労働省は(謝礼金をもらった医師を使った)ワクチン接種推進CMを流していますよね。はい……怪しすぎます(笑)。

ワクチンを推進しないと損をするグループ

ワクチンを推進しないと損をするのは、先ほどの主張例のHさん、Kさん、Oさんです。

3人とも頭がよく、コロナ騒動が茶番であることは絶対にわかっています。それなのに、ワクチン接種を推進しているのです。

Oさんに関しては悔しい感情が現れてしまっていて、言いたくないことを言わされているのが丸わかりです。お気の毒に……。

どこの組織かは不明ですが、「ワクチンを推進しろ! 安全性を強調しろ!」などと、圧力をかけているのでしょう。まあ、よほどの発言をしない限り、命まで奪われることはないと思っていますが……。

モデルナは素晴らしいワクチンですよ!

現状、世界で最も強い新型コロナウイルスに対する免疫を誘導できるワクチンです。

世界中がこのワクチンを奪い合っています。
いまこれを打てる人は世界でも一握りの恵まれた人たちだけです。

ぜひこのチャンスを逃さないで下さい!

https://twitter.com/MIKITO_777/status/1424252620466577413

上記のツイートをしているのは有名な小説家なのですが、このツイートを読んで「怪しい」と思わなければいけませんよ!

案の定、ボロクソに叩かれています(笑)。これに共感するのは、熱狂的な信者くらいですからね……。

どの立場であるのか不明なグループ

次に、反ワクチンを陰謀論だと決めつけたMさんについては、どのサイドにいるのか、断言できません。彼も頭が良いですから、たった数ヶ月で特例承認されたワクチンのリスクはわかっているはずです。

それなのに、「ワクチンの危険性を訴える人は、目立って金儲けがしたいだけだ! そんな陰謀論者は無視しろ!」と必死に批判していました。なんかおかしいですよね。

ここまで読んでくださっている方ならおわかりだと思いますが、反ワクチン側の人たちは基本的に儲かりません(笑)。今、金儲けできるのは「ワクチンを推進する側」です。それは、今の社会のワクチンブームを見れば明らかです。

残念ながら、テレビ番組のコロナ煽りに騙されている人は本当に多く、反ワクチンの人はまだまだ少数派の印象です。少数派の人たちは「常識はずれ」と叩かれる傾向にありますし、儲からない反ワクチンの立場であるメリットがないのです。

メリットがないのに、ワクチン接種のリスクを伝えたがるのは、なぜだと思いますか?

……そうです。ワクチン接種について、慎重になってほしいからです。私もそうですよ。接種してもらいたい方を止めるようなことはしませんが……。

もちろん、お金儲けはしたいですが、それよりも人の命が優先です。

キャラクター

私はお金儲けや名誉のために、悪魔に魂を売ることは絶対にしませんよ!

「反ワクチンは儲からない」についての補足

基本的に、反ワクチンサイドの人は儲かりません。

しかし、ワクチンの危険性を訴える自身の本の宣伝をしたりなど、反ワクチンの立場だからこそできるビジネスもあります。それは事実です。まあ、本はあまり儲からないと聞きますが……。

特に、一般人だとワクチン利権サイドになれないと思います。そこで、反ワクチンサイドになって、悪質なデマを含めた情報を流すことで、自身のビジネスにつなげる場合もあるでしょうね。

ただ、ワクチン推進派が圧倒的に多い状況ですし、WHOや政府を敵に回すわけですから、私だったら絶対にやりたくないビジネスです(笑)。

ワクチン接種に都合の悪い情報は消される(検閲)

WHOや厚生労働省の発表した情報と異なる見解を発信すると、その情報は削除されてしまうことがあります。これを「検閲(けんえつ)」といいます。

例えば、TwitterやYouTubeではそうした検閲が、顕著にあらわれています。

上の動画は、あるお医者さん(当時60代)のYouTube動画なのですが、過去の一部の動画が検閲により削除されてしまったようです。

確かに、本当に誤った医学情報は危険だとは思いますが、これはおかしな話です。

なぜなら、WHOや厚生労働省を絶対的に正しいものとして、それらの情報と異なる見解はすべて認めていないからです。

つまり、WHOや厚生労働省がウソ情報を流していても、それが絶対的な正義になるわけです。

そんなのおかしいでしょう。

WHOや厚生労働省には優秀な人が集まっているとしても、第三者の異なる意見を排除して良い理由にはなりません。

医学の世界だけに限りませんが、「多くの人が信じてきたこの情報は、最近の研究で間違っていることがわかりました。」ということは、十分にありえる話なんですよ。

ですから、こんな独裁主義のようなことをせずに、多くの人の意見を尊重すべきです。

どうしても検閲(に近いことを)したければ、その対象に「WHOや厚生労働省の見解とは異なります。」といったラベルを貼っておけば十分でしょう。動画などを削除するのはもってのほかですよ。

こんな不自然な検閲を続けているから、勘のいい人には「きな臭い」と怪しまれるんですよ。

ワクチンの副作用はほとんど報道されない

テレビ番組を見ているとわかりますが、有名人が新型コロナに「感染した(陽性だとわかった)」ということは騒ぐのに、有名人が新型コロナのワクチンで重い副作用が出たことは騒ぎません。

つまり、ワクチンに都合の悪い事実はできるだけ報道しないようになっているわけです。

だから、テレビ番組のみから情報収集をおこなっている人は、ワクチンに関する知識が偏っています。「副反応はまれにあるけど安全」だと信じています。

キャラクター

私はもともと、マスメディアのやり方は大嫌いでしたが、今回の件でもっと嫌いになりました。

さて、ほとんど報道されていない副作用ですが、次のような実例があります。

  • 元プロ野球選手のハンク・アーロンさん:2021年1月5日にモデルナ製のワクチンの接種を受け、同年1月22日、亡くなった。
  • 中日ドラゴンズの木下 雄介投手:2021年6月28日に接種を受け、同年7月6日の練習中に息苦しさを訴えて倒れ、救急搬送された。同年8月3日、亡くなった。
  • 新日本プロレスリングの飯伏 幸太選手:2021年7月10日以降、ワクチンの副作用の誤嚥性(ごえんせい)肺炎によって欠場を続けている。血栓による脳梗塞や心筋梗塞が、誤嚥性肺炎の要因になっていると考えられる。
  • 女医でタレントの西川 史子さん:2021年5月15日と同年6月6日にファイザーのワクチン接種を受けた。同年8月17日に自宅のリビングで倒れているのがマネージャーに発見され、救急搬送された。倒れた原因は、右脳内出血であった。その後、5時間の大手術は無事に成功した。

これらはワクチンの副作用の疑いが強い例であって、因果関係は確定しておりません。

実際のワクチン死はどのくらいだと推定されるのか?

下記のサイトのデータを確認し、分析に使いました。

まず、日本でワクチン接種が始まったのは2021年2月中旬からですので、同年3月からのデータを確認していきたいところです。

ワクチンの接種数の推移を見ると、3月や4月の接種数は比較的少なく、ワクチン死の分析に使いづらいように感じました。

よって、接種数が増えてきた2021年5月以降のデータをもとに、ワクチン死の数を推定していきます。

2021年5月のデータ

死因はごまかせたとしても、死者の数はごまかせませんので、人口動態調査のデータを見てみます。

すると、年ごとの5月の死亡者数は、次のとおりだとわかりました。

  • 2021年5月:118,634人
  • 2020年5月:108,380人
  • 2019年5月:112,258人
  • 2018年5月:107,914人
  • 2017年5月:107,745人
  • 2016年5月:104,813人
  • 2015年5月:103,504人

ワクチンの副作用の影響か、2021年5月の死亡者数が、2020年5月より10,254人も増えていることがわかります。

ただ、これだけを見てもワクチンの影響だとはいえませんので、新型コロナによる死亡者数を引いてみます。

2021年5月のコロナ死亡者数は、厚生労働省のデータから「2,819人」だとわかりました。

10254 – 2819 = 7435なので、残りの7,435人は新型コロナ以外での死亡者数だと考えられます。つまり、新型コロナ以外の原因で亡くなった人が、前年同月より7,435人も増えているということです。

その一方で、2021年5月のワクチン死亡者数は、厚生労働省のデータから「193人」だとわかりました(誤差が少しあるかもしれません。)。

もし、7,435人すべてがワクチン死していたとすると、(7435 / 193 = 38.5なので)厚生労働省が発表した数の38.5倍のワクチン死亡者数がいることになります。

もちろん、これは非常に悪い場合を想定していますから、実際は38.5倍もないでしょう。

これは分析として微妙なやり方ですが、2015年から2020年の間で5月の死亡者数が最多であった、2019年5月の死亡者数と比較してみます。

2019年5月と比べると、2021年5月の死亡者数は、118634 – 112258 = 6,376人多いことがわかります。その中の新型コロナ以外での死者数は、6376 – 2819 = 3,557人です。

もし、3,557人すべてがワクチン死していたとすると、(3557 / 193 = 18.4なので)報告数の18.4倍のワクチン死亡者数がいることになります。

結論として、実際のワクチン死亡者数は、厚生労働省で発表されているワクチン死亡者数の18.4倍から38.5倍の間だと推定されます。

この推定が正しいとすれば、2021年8月4日の時点で発表されているワクチン死亡者数は916人なので……

  • 916×18.4 = 16854.4
  • 916×38.5 = 35266

と計算できます。

つまり、2021年8月4日の時点で、ワクチン死亡者数は16,854人から35,266人の間だと考えられます。

2021年6月のデータ

人口動態調査のデータから、年ごとの6月の死亡者数は、次のとおりだとわかりました。

  • 2021年6月:108,734人
  • 2020年6月:100,423人
  • 2019年6月:102,354人
  • 2018年6月:99,362人
  • 2017年6月:98,963人
  • 2016年6月:96,517人
  • 2015年6月:95,549人

6月の死亡者数は年々増加傾向に見えますが、2021年に異常なほど増えていることがわかります。

2020年6月に対して、2021年6月は8,311人も多くの方が亡くなったことが求められます。

また、2021年6月のコロナ死亡者数は、厚生労働省のデータから「1,731人」だと求められました。

8311 – 1731 = 6580なので、新型コロナ以外の原因で亡くなった人が、前年同月より6,580人も増えているということがわかります。

マスク着用による熱中症も増えているでしょうから、6,580人すべてをワクチン死認定してはいけませんが、ワクチン死がかなり増えていることはほぼ確定ですね……。

ちなみに、「厚生労働省が発表している死亡者数を素直に使えばいいのに」と考えた方も多いでしょうが、ワクチンによる死亡として実際に報告されていないケースはたくさんあります。

報告するのが面倒ですし、ワクチン推進に不都合な真相は隠されてしまうからです。

そのため、このように、「実際のワクチン死亡者数」を推定してみました。

なお、この記事の最後のほうのデータ集では、厚生労働省が発表している死亡者数を素直に使っています。

ワクチンに否定的な国の大統領は暗殺される!?

新型コロナのワクチン接種を自国で推進しない大統領や首相は、暗殺されてしまうというウワサがあります。

  • ブルンジのピエール・ヌクルンジザ大統領:2020年6月8日に亡くなった。心不全が死因とされている。
  • コートジボワールのアマドゥ・ゴン・クリバリ首相:2020年7月8日に亡くなった。心疾患が死因とされている。
  • エスワティニのアンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ首相:2020年12月1日に入院したが、同年12月13日に亡くなった。新型コロナウイルスが死因とされている。
  • タンザニアのジョン・マグフリ大統領:2021年3月14日に病院に搬送され、同年3月17日に亡くなった。心疾患が死因とされている。
  • コートジボワールのハメド・バカヨコ首相:2021年3月10日に搬送先の病院で亡くなった。がんが死因とされている。
  • ハイチのジョブネル・モイーズ大統領:2021年7月7日に自宅を武装集団に襲撃され、銃撃により亡くなった。
  • マダガスカルのアンドリー・ラジョエリナ大統領:2021年7月20日に暗殺未遂される。暗殺未遂を受けて、この事件にはフランス人が関わっていることを明かした。

がんなどもありますし、これらのすべてが暗殺とは断言できませんが、立て続けに亡くなっているのは不自然ですよね……。

コロナ騒動の被害者を忘れるな!

新しい生活様式にNOを!

コロナ騒動では「新しい生活様式」と称して、国民を苦しめるような対策が発表されました。

新しい生活様式とは、次のようなものです。

  • 会話をするときは真正面を避ける。
  • 外出時はマスクを必ず着用する。
  • 手洗いは30秒以上かけておこなう。
  • 感染が流行している地域へ移動しない。
  • 誰とどこで会ったのかをメモする。
  • 体温を毎朝測定し、発熱があれば自宅で休む。
  • 「3密(密集、密接、密閉)」を回避する。
  • 買い物は計画を立てて、混んでいない間に素早く済ませる。
  • 人とすれ違うときは距離をとる。
  • 屋外で横並びに座り、黙って食事する。

こんなのをバカ真面目に続けていたら、頭がおかしくなりますよ(笑)。長時間のマスク着用は体に悪いですし……。

本当に危険な感染症が流行しているのなら話は別ですが、今回は風邪の仲間です。感染者の多くは無症状または軽症です。

それにビビって、新しい生活様式を取り入れて、日本と国民を弱体化させるのは「愚策」です。そんな愚策を続けているから、飲食店などの倒産が相次いで日本経済がボロボロになったり、自殺者が増加傾向になったりするのです。

コロナ騒動の問題

ご存知ですか? 「コロナを他人に感染させてしまった」と悔やみ、自殺してしまった人がいるのですよ! コロナ対策の影響で失業し、自殺してしまった人もいるのですよ!

こんなくだらない茶番のせいで、将来のあった人たちが亡くなってしまっています!!! これは、取り返しがつきません! 亡くなった人たちに対して、「茶番に騙されたほうが悪い!」なんて言うつもりですか?

正直に言いますが、コロナ騒動が茶番であることをわかっているのに、それを推進するのは「重罪人」ですよ! そして、そんな重罪人に騙されている国民は「被害者」でもあり「加害者」でもあります。

キャラクター

……私はかなり怒っていますが、これでもマイルドな表現を使っているつもりです(笑)。

悪事(茶番)に加担するマスメディアや政府

不安を煽る報道をすれば、そこそこ良い視聴率も狙えるでしょうから、コロナ騒動はテレビ局にとって都合が良いのです。

ただ、政権のコロナ対策がダメなのは事実です。ですが、医師会や一部の都道府県知事が言っているような「実現できない過剰な感染対策」はもっとダメです。

コロナは変異を繰り返しますし、風邪なので終息しません。それは、医師会も知事もわかっているはずです。

ですから、「封じ込め(ゼロコロナ)」とか、「コロナが終息するまで自粛」とか、本気で言っているわけがないのです。まさに、特定の組織から圧力を受けている操り人形の状態ですね……。

私個人としては、コロナ対策は(重症患者の対応以外は)何もしなくても良いと思っています。弱毒な風邪の種類が増えただけですから、外出自粛やマスク会食なんて、絶対に必要ありません。

こんなくだらない茶番、いつまでやることになっているのでしょうか? いい加減にしてほしいものです。

コロナ騒動を終わらせたくない人たち

コロナ騒動(茶番)をできるだけ終わらせたくない人がいます。

  • テレビ局
  • 給付金乞食
  • PCR利権の恩恵を受ける人
  • ワクチン利権の恩恵を受ける人
  • 支配者層

このあたりは、コロナ騒動が落ち着くと困る立場です。

テレビ局

テレビ局については、先ほどの説明の通りです。政権批判ができる良いチャンスです。国民の不安を煽ることもできます。

茶番を堂々と拡散するニュースキャスターやコメンテイターにも罪がありますが、同情の余地はあります。

なぜなら、本当のこと(コロナが茶番であること)を話すリスクが大きすぎるからです。権力者の命令に従うしかないのです……。

給付金乞食

給付金乞食(こじき)については、言葉が悪くて申し訳ありませんが……その名の通りです。

給付金乞食のツイート例

「自粛生活を続けさせるのなら、コロナが落ち着くまで一律給付金を継続的に配れ!」という主張をしています。

まあ、まともな意見に見えないこともありません。賛成者も非常に多いです。お金をラクしてもらいたいだけの人だと思いますが(笑)。

しかし、国の予算は無限に湧いてくるわけではありませんし、政府が国債を発行しすぎるのは危険です。つまり、一律給付金を長期間、継続して出すことは現実的ではありません。

そこで、無駄な自粛生活をやめさせて、一律給付金が要求されない「元の生活様式」に戻したら解決します。それなのに、国の予算を気にせずに「一律給付金を出せ!」と毎日主張しているのはおかしいですよね。

「一律給付金を求める必要のない生活を取り戻そう!」という主張なら、大賛成できるのですが……。

PCR利権

PCR利権については、先ほどの説明の通りです。PCR検査を推進する人は、PCR検査によって儲かる立場の人です。

コロナ騒動が続けば、「感染の確認のためにPCR検査を受けてください!」と言い続けられますよね。しかし、コロナ騒動が落ち着いてしまったら、PCR検査を受ける人が減ってしまいます。これを遅らせたいのでしょうね。

ただ、国民のPCR信仰は根強いため、しばらくの間は安泰だと思います。

キャラクター

PCR検査を受けるくらいなら、おいしいディナーやゲームにお金を使ったほうがいいですね(笑)。

ワクチン利権

ワクチン利権についても、先ほどの説明の通りです。ワクチン接種を推進する人は、ワクチン接種によって儲かる立場の人です。

コロナ騒動が続けば、「感染拡大防止のためにワクチン接種を受けましょう!」と言い続けられますよね。しかし、こうした人たちは、コロナ騒動が終わっても大きなダメージにはならないと考えられます。

なぜなら、コロナ騒動が落ち着き、ウィズコロナ(コロナ終息を諦めた)社会になったとしても、「ワクチンの効果は約3ヶ月から約半年で切れます。そのため、半年に1度はワクチンを打ってもらってください。」といった注意喚起ができるからです。

それに、国民のワクチン信仰も根強いです。

……そう考えると、ワクチン利権サイドは強いですね(笑)。

キャラクター

もちろん、私は寝返ったりなんかしませんよ(笑)!

支配者層

俗に言う「陰謀論」っぽくなりますが、支配者層の連中がコロナ騒動に関与しているのはほぼ確定です。実際には関与というよりも、ゲームマスター(進行)的なポジションの可能性が高いです。

これを「陰謀論だ!」と否定する人の多くはピュアといいますか、世の中の陰謀について勉強不足です。陰謀というのは、人に気づかれないようにコソコソと実行しているから陰謀なのです。

私たち人間が「こういう陰謀なら実現できるんじゃないか?」と思ったことは、支配者層などの権力者がすでに思いついている可能性もあるわけですよ。

ですから、この世の中には陰謀がたくさんあると考えられるのです。そして、今回のコロナ騒動は、大きな陰謀の1つです。

なお、支配者層の詳細についてはよくわかりませんので、詳しく説明することはできません。

しかし、邪悪な支配者層の連中が世界のシステムをガラッと変えるために、コロナ騒動を意図的に起こしているということは、ほぼ確実に当たっているでしょうね……。

2021年の東京オリンピックは開催してよかったのか

結論から言えば、東京オリンピックは開催して正解でした。

まあ、東京オリンピックについては、反コロナワクチンサイドの人の間でも意見が分かれているのですが……。

東京オリンピックの開催に否定的な人は……

  • オリンピックで大儲けするのが許せない人
  • 反日の人
  • コロナ茶番に騙されている人
  • ワクチン接種が加速することを恐れている人
  • オリンピックによる不況や交通渋滞が嫌な人
  • 日本が国際的に不利な立場になると考えている人

のどれかでした。

オリンピックで大儲けするのが許せない人

「オリンピックを利用して大儲けする奴らが許せない!」と主張している人が、反コロナワクチン派の中にもいます。

確かに、中抜き企業のパソナは悪質です。電通も悪名高いですね。

しかし、オリンピックがこのような企業の金儲け手段だとしても、輝く主役はアスリートです。

「奴らのお金儲けになってしまうのなら、オリンピックは中止しろ!」と主張するのは、アスリートに大変失礼じゃないでしょうか?

他人の金儲けを妬むようなアホは当然論外ですが、それ以外の人はちょっと考え直してほしいものです。反コロナワクチンの人たちは、頭が悪くないはずですから……。

反日の人

反日の人は、東京オリンピックを中止させ、日本の経済に追い討ちをかけるのが目的です。

実は、日本がオリンピックの中止を申し出て、それがIOCに承認されると、1200億円以上の賠償金が必要になってしまいます!

つまり、東京オリンピックの中止は、日本の経済に深刻なダメージを与えます。反日の連中は、これが主な狙いなのでしょう……。

コロナ茶番に騙されている人

コロナ茶番に騙されている人は、オリンピック開催よりも感染拡大防止が重要だと考えています。

人の命を優先する気持ちは理解できます。しかし、コロナは風邪の仲間です。

これを知らないから、反日の連中の思惑通りになってしまっているわけですね。お気の毒に……。「日本のために開催を反対していたのに、それが逆に日本を苦しめることになっていたなんて……」という展開です。

もちろん、私もオリンピック利権があることは知っています。しかし、この利権はコロナ騒動がなくても同じです。

それに、オリンピックを中止すれば、選手たちはどうなってしまうと思いますか?

選手たちはオリンピックで輝くために、トレーニングを一生懸命おこなっています。努力に努力、そして努力です。また、一部の選手にとっては、2021年の東京オリンピックが最後のチャンスです。これを逃したら、終わりなんですよ。

キャラクター

そうした選手たちの気持ちを考えたら、私は絶対に開催してほしいと思うしかないわけです。

また、オリンピックが中止になることで、コロナ茶番や反日活動を加速させてしまうおそれがあります。

例えば、「五輪が中止になるほど恐ろしい感染症なのだから、他のイベントも中止しろ!」、「自民党が感染症対策に失敗したせいで、五輪が中止になった! 政権交代しろ!」などが考えられますが……地獄ですよね(汗)。

こうした日本の敵に負けないためにも、オリンピックは開催すべきです!

ワクチン接種が加速することを恐れている人

この反対理由を知ったときは「なるほどね」と思いました。

東京オリンピックの開催によって感染拡大すると思っている人たちが、ワクチン接種を急いで受けに行く……ということが心配なわけですね。

これを心配する人は、もちろんワクチン反対派(慎重派)です。頭は悪くないと思います。

確かに、東京オリンピックの開催によって、ワクチン接種を予定よりも早めのタイミングで受けた人もいらっしゃるでしょう。

しかし、そうした人は遅かれ早かれ接種を受けていたと思いますので、救いようがありません。

もちろん、「わずかな希望を捨てるな! (ワクチンのリスクを理解してもらえるための)時間稼ぎは大切だ!」という主張もよく理解できます。時間稼ぎによって、救える命もあるかもしれません。

ただ、ワクチンの接種は自己責任ですし、時間稼ぎにアスリートなどの大会関係者を巻き込むのはダメだと思いますよ。

ワクチン反対派は、毎日、1人でも多くの人を救うために情報発信してくれていますよね。それで良いと思います。

そして、音楽のフェス、学校の運動会、地域のお祭り、オリンピック……こうしたイベントは、どんどん開催すべきです。また、開催を応援すべきです。

このように、コロナ騒動前の日常を少しでも取り戻していくことによって、自殺者を減らす努力をしたほうが良いと考えています。

結論、ワクチン接種による死亡者を減らす優先度よりも、コロナ騒動による自殺者を減らす優先度が高いということです。

これで納得していただけませんかね……(汗)?

オリンピックによる不況や交通渋滞が嫌な人

オリンピックの後は不景気になる……という話はよく耳にしますが、これはウソのようです。

もう1つの交通渋滞に関しては、ほぼ間違いないでしょう。なぜなら、交通規制がおこなわれるからです。

まあ、4年にたった1度ですし、世界各国のアスリートたちのことを考えたら、オリンピックに反対することはできません。

「不景気になるかもしれないし、期間中は渋滞するから五輪反対!」なんて、言えません。

日本が国際的に不利な立場になると考えている人

日本が国際的に不利な立場になるのは、「東京オリンピックが原因で感染爆発し、それが発覚したとき」です。

もし、そうなってしまうと、日本に責任追及する国が現れるでしょうし、日本国内の反日勢力も黙ってはいないでしょう。例えばIOCは、日本に責任を押し付ける方針のようです(怒)。

そう考えると、東京オリンピックの開催はリスキーです。

しかし、開催までに「ウィズコロナ社会」の流れになっていれば、感染爆発による外交ダメージは減らせると考えています。

ウィズコロナ

……と思っていたのですが、結局、ウィズコロナ社会(風邪扱い)の流れにならないまま、東京オリンピックは終了しました。

まあ、日本に国際的なダメージはほぼなかったようなので、その点は安心しました。

ウィズコロナ社会の実現のシナリオ

ウィズコロナ社会の実現(とその先)のシナリオは、権力者(支配者層)の間ですでに完成している可能性が高いです。

おそらく、次の流れで世界はウィズコロナ社会になります。

  1. ワクチンがたった数ヶ月で特例承認される。
  2. 世界各国でワクチン接種(臨床試験)が始まる。
  3. ワクチンの効果が約半年で切れることが判明する。
  4. コロナが終息しないことが(都合の良いタイミングで)判明し、ウィズコロナ社会が実現する(ゼロコロナ派の敗北)。
  5. これからの生活(ウィズコロナ社会)では、半年に1回のワクチン接種が望ましい……と伝える。
  6. コロナを怖がっている人は、ワクチン接種を定期的に受けに行くようになる。

この流れが、支配者層の作ったシナリオ(の途中まで)でしょう。

これは、製薬会社のワクチン利権のためのコロナ騒動に見えるかもしれません。

しかし、そのように勘違いしてはいけません。なぜなら、ワクチンによって製薬会社が大きく儲かるわけではありませんし、支配者層にとってのメリットがあまりないからです。

つまり、支配者層の真の目的は、ワクチン接種ではありません。

ウワサによると、「監視社会化」や「人口削減(人口抑制)」などの陰謀が計画されている可能性があり、ワクチン接種はそれらの計画の通過点だと考えられるからです。

キャラクター

急に陰謀論っぽくなりましたが、支配者層の話を出す段階になると、どうしてもこうなりますね……。

人口削減計画

私個人としては、この計画のデメリットがメリットに比べて大きすぎると思っています。なぜなら、どのような権力者であっても、あんなにむごい計画を立てたら、組織の中から反逆者が出てくるはずだからです。

そして、毒などで暗殺される可能性もあります。暗殺されなかったとしても、計画を漏らされて捕まるリスクがあります。

計画に関係する組織や人物を完璧にコントロールできなければ、首謀者はすべてを失うでしょう。

そう考えると、この計画の実行リスクが大きすぎるわけです。それに、この計画の信憑性が高いものであれば、警察がそろそろ動き出さないのもおかしいですよね。

※首謀者の仲間疑惑のある人物が、「ワクチンで人口を抑制できる。」とスピーチしていたのは知っています。しかし、私には、大規模な陰謀をわざわざ言うメリットがわかりません。

したがって、人口削減計画の陰謀については半信半疑……と思っていましたが、最近は恐ろしいことになってきました。

あまり多くないと思っていたワクチン死者数(の公表データ)でしたが、SNSで生の声を調べていると「氷山の一角」であることがわかったからです。

なんと、「公表死者数の23倍から38倍は死んでいる」という分析もあります。これが本当なら、かなりマズいですよね。

一部の専門家によると、2021年の秋から冬にかけて、ワクチンによる(厳密にはADEでの)死者が急増するとのことですが……。どうなるのでしょうか?

……とは言っても、現時点で、新型コロナワクチンの致死率は1 (%) もありません。そのため、人口削減は「おまけ」といいますか、本当の狙いとはズレている可能性はあります。

※まあ、ADEのことを考えると、今年の冬の状況を見ないといけないわけですが……。

男性よりも女性の副作用が多く、不妊や不正出血などの報告を見ていると、「人口抑制」が狙いの1つだと考察しています。

監視社会化

監視社会化については、「ワクチンにマイクロチップを入れている説」があるようですが、それは嘘でしょう。そんなのが混入されているのが発覚すれば、内部告発がないとおかしいですし、実行リスクが大きすぎるからです。

首謀者がそんなバカな作戦をとるとは思えないのです。

それに、マイクロチップ埋め込み人間を本当に増やしたいのなら、マイナンバーカードや新型コロナワクチンのようにメリットを強調し、「埋め込んでもらいたい人(希望者)」を少しずつ増やしていくのが現実的です。

マイクロチップのメリット

大衆はマスメディアに騙されやすいのですから、堂々とやれば良いだけですね(苦笑)。

テレビCMとかで「私も埋め込みました!」と、有名人が言ったらOKです(笑)。日本にはピュアな人が多いですからねー。闇の勢力(と書くと中二病っぽいですが)にとっては、簡単に騙せちゃうのでラッキーですね。

こうした流れで、大衆の愚民化や奴隷化などを狙いとしている可能性も考えられます。内閣府公式の、ムーンショット目標につなげる狙いもあるかもしれません。

……とまあ、いろいろと書きましたが、とにかく、大惨事にならないことを願っています。

キャラクター

すべての答え合わせは数年後になりますね。

よくありそうな質問

よくありそうな質問をまとめて、それに私なりの回答をつけています。参考になれば幸いです。

陰謀論は真実なのですか?
すべての陰謀論が正しいわけではありません。私が知っていることは、この記事にすべて書いたつもりです。あとは、各自の考察に任せます。
陰謀論者はデマばかり流している……という話を聞いたことがありますが、実際のところはどうなんですか? また、ワクチン推進派の人たちは信用できるのですか?
それは個人差が大きいですね。陰謀論者といっても、さまざまなタイプがありますから……。私も多くの人にとっては陰謀論者に該当するでしょうが、真偽の確認(ファクトチェック)はしているつもりです。
ワクチン推進派は「新ニュルンベルク裁判2021」や「塩化カリウムで死ぬ」といったような、わかりやすい誤情報ばかりに反論しますが、都合の悪い話(日本の超過死亡や、ワクチン接種が進んだイスラエルの惨状など)には一切触れようとしません。本当に卑怯で無責任な連中ですよ。信用に値しません。
陽性者数と感染者数の違いはなんですか?
陽性者数は、あてにならないPCR検査に引っかかった人の数です。感染者数は、実際に感染した人の数です。
ニュース番組では陽性者数のことを「感染者数」と言って水増ししており、国民の不安を煽っています。
政権交代をすれば、ゼロコロナを実現できますか?
絶対に無理です。風邪は封じ込められないからです。
政権交代の目的でコロナ騒動を利用している人がいますが、ほぼ反日なので気をつけましょう。
ワクチン接種を受けたら死んでしまうのですか? 殺人兵器と言っている人もいますが……。
必ず死ぬわけではないと思います。治験が不十分なのは事実ですので、安全性がまだよくわかっていないということです。
短期的に見た場合だと、現在、日本で約900人亡くなっていることが報告されています。実際は、これの25倍前後は亡くなっているようですし、SNSを見ていると確かにそんな気はします。また、長期的な(接種を受けた数年後の)データがありませんので、ワクチンによる死者数があるタイミングで急激に増える可能性はあります。
ワクチンは安全だと断言している救急医もいますが……?
絶対に信用しないでください。ああいう医師は、ワクチン利権の恩恵が大きい立場なので、ワクチンのポジティブな情報しか流さないのです。「ワクチンは安全」と主張している医師は確実にヤブ医者(これでも優しい表現です。)なので、鵜呑みにしないようにしましょう。
だって、治験がまだ不十分なのですよ! 安全かどうか、まだわからないじゃないですか。それなのに、医者の「安全ですよ」というセリフに騙されている人が多すぎます。本当に嘆かわしい限りです……。
ワクチン接種をすでに受けた人に向けて、何かアドバイスはありますか?
自室があればそこの片付けをしておき、「遺書」を書いておいてください。PCのデータの整理もしておくと良いですね。
もちろん、こうした行動は「念のため」のものですが、運悪く急死すると手遅れですよね。ですので、生きている今のうちにできることをやっておいてください。
なぜ、あなたはこれだけのことを知っていながら、ワクチン接種の中止を求めようとしないのですか?
ワクチン接種を受けるかどうかは「任意」ですから、私はワクチン接種を望む人を止めることはしません。ワクチンによって死んでも自己責任です。もちろん、情報提供や警告はしますが……。警告を受け入れなかった方々のことは、もう知りません。
ワクチン接種を受けるメリットはなんですか?
「(まれに起こる)コロナ重症化のリスクを低下させること」と言われています。ワクチン利権のための騒動だとすれば、コロナ騒動の鎮静化に貢献できることです。さらに、ワクチンの臨床試験(データ集め)を進ませることができます。
「副反応」と「副作用」の違いを教えて下さい。
英語に変換すると、どちらも「side effect(サイドエフェクト)」なので、一緒になります。ただ、日本では使い分けされる場合があります。
副反応は、ワクチンが原因で起きた健康上の問題を指します。副作用は、ワクチン以外の医薬品が原因で起きた健康上の問題を指します。
私は副反応のことも「副作用」とあえて言っていますが、これはワクチン推進グループが「副反応」と表現することで、副作用よりも軽い印象を与えているからです。まあ、コロナ騒動前のインフルエンザのワクチンでも「副反応」と言われていたのですが、私には「副作用」のほうがしっくりくるのです(笑)。
「コロナは風邪だ!」は正しいのですか?
日本では正しいです。海外では、O先生のおっしゃる「ちょっとだけ悪い風邪」のほうがより正確かもしれませんね。
緊急事態宣言やマンボウに効果はあるのですか?
コロナ対策としての効果はほぼありません。日本経済にダメージを与えるだけの愚策です。
夜間の「見回り隊」に、感染拡大防止の効果はありますか?
ありません。税金の無駄使いです。
冷静に考えてほしいのですが、コロナが本当に怖い感染症だとすれば、わざわざ見回りませんよね(笑)。
飲食店でマスクを着用する「マスク会食」に効果はあるのですか?
コロナ対策としての効果はありません。必要ないので、飲食店ではマスクを外しましょう。
マスクを着用している赤ちゃんを見かけました。これって、どうなんですか?
それは虐待です。見かけたら外してあげましょう。
日本は水際対策に失敗したのですか?
失敗といいますか……入国したい人を妨害、差別するだけの愚策ですので、やらないほうが良いことです。
「今日、新たに~人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。」といった報道がありますが、これについてどう思いますか?
どうでもいいことです。感染者(という名の陽性者)がどれだけ増えようが、コロナは風邪の仲間です。
風邪の感染者数で一喜一憂するのは無駄ですから、私はまったく気にしていません。テレビ番組で不安を煽りすぎです。
東京オリンピックで感染爆発を防ぐ方法はあったのですか?
これは東京オリンピックに限りませんが、国民がPCR検査を受けに行かなければ良いだけだったのです。ただ、これは理想の話であって、現実はうまくいきませんでした。実際に、PCR検査を思考停止で受けてしまう人は多かったですし、陽性者とされるCt値を25あたりに下げれば良いと思っていましたが、どうせ40あたりだったのでしょう。
結局のところ、感染者数(という名の陽性者数)はどんどん増えていってしまいました。マスゴミは、国民の不安をどこまで煽れば気が済むのでしょうか……?
コロナ対策について、政府や都道府県知事への批判の声が多い理由はなんですか?
実は、「コロナは茶番派」と「コロナは怖い派」の両方から批判されているからです。
例えば、緊急事態宣言についてなら、「経済のためにするな派」と「お願いベースだと感染拡大が止まらない派」に分かれますよね。私は前者ですが、後者の人は、罰金やロックダウンなどの厳しい対策が必要だと考えているのでしょうね。
政府も知事も「コロナは怖い派」の立場ですが、やっていることは本当に中途半端です。そのため、両サイドから批判されるわけです(苦笑)。
ノーマスク・ピクニックって危険ですか? この企画がSNSで大炎上していますが……。
危険ではありませんが、炎上はするでしょうね。多くの人は「マスクで感染が防げる」、「コロナは非常に恐ろしい感染症」と思っているからです。
コロナが風邪だということがわかっていれば、コロナ騒動前の普通のピクニックと同じです。コロナ(風邪)は終息しないものですし、ただのピクニックにビビっていたら外出も厳しいですね。
テロ扱いしている人も多いですが、これがテロになるのなら、コロナ騒動前に(ノーマスクで)ピクニックを楽しんでいた人全員がテロリストになります(苦笑)。
ノーマスク・ピクニックでクラスターが発生したら、主催者はどうするつもりなのでしょうか?
そこでクラスターは発生しません。こうした企画に参加する人たちは、コロナ騒動の仕組みを理解しているからです。もし感染してもほとんどの方が無症状でしょうし、PCR検査を受けなければ良いだけの話ですね。
逆に言えば、参加者全員にPCR検査を強制的に受けさせたら、(陽性者とされるCt値を上げて)クラスターを人為的に作り出すことができます。
PCR検査をしなければ、クラスターは発生しないのですか?
まあ、そういうことですね(笑)。そもそも、PCR検査はあてになりません。国民の不安を煽るための材料ですから、私はPCR検査に否定的な立場なのです。PCR詐欺に騙されている方々……そろそろ気づいてほしいです(泣)。
子供(12~15歳)への集団ワクチン接種が始まった京都府 伊根町に、抗議の電話が殺到したようです。これについて、どう思いますか?
とても良いことだと思います。子供にはワクチンなんて絶対に必要ありませんし、毒にしかならないからです。
まあ、脅迫はさすがにダメですが、「子供たちの人生を守ろう」と必死に電話抗議してくださった方々には感謝申し上げます。こうした少数派のまともな方たちのおかげで、子供たちが救われるかもしれませんね!
世間の自称・常識人からは「職員の仕事の妨害をするな!」といった怒りのコメントが多く出ると思いますが、「コロナ茶番にうまく利用されていることにいい加減気づけよ!」と言いたいですね……(苦笑)。
ちなみに、抗議のありがたい電話を迷惑扱いしている時点で、反省していないことがわかりますね……。子供たちの命がかかっているのに、呆れます。
子供への集団接種とはいっても、強制ではなく「任意」なのだから抗議しなくても良いのでは?
子供は判断能力が未熟で、その場の空気に流されることがよくあります。安全とはわからないワクチンを、「みんなが受けているから」と、なんとなくで受けてしまうことが懸念されます。それに、子供にとってワクチン接種はハイリスクすぎますので、抗議の電話は合理的であると考えます。
新型コロナワクチンによって、5Gにつながるという話は本当ですか?
質問の意味がわかりません。どのようにつながるのですか?
確かに、5G(第5世代移動通信システム)特有の電磁波が人体に悪影響を及ぼす可能性も指摘されており、5Gを導入しない国(スイスなど)もあります。ただ、そんな5Gがワクチンとどのように関係しているのかはわかりません。不安なら、5G対策グッズを購入しても良いと思いますが……。
私は高校生なのですが、同級生たちがワクチン接種を受けに行きました。副反応はあるみたいですが、誰も死んでいません。みんな受けていることですし、私も受けに行っても良いですか?
接種後数日から3年で死んでも良いのならどうぞ。必ず死ぬわけではないと思いますが、今はやめておくべきです。なぜなら、風邪が流行する冬のシーズンに、大量のワクチン死者が出ることが予想されているからです。
接種の判断は、冬のワクチン死状況を確認してからにしましょう。
※冬の状況がわかれば、追記します。
友人のワクチン接種を止めることができず、本当に悔しいです。私はどうしたら良いですか?
ご友人に注意喚起はされたのですよね? それなら、あなたは役目を果たしておりますので、大丈夫ですよ。お気の毒ですが、ご友人のことは「そういう運命だった」と思い、納得するしかありません。正義感の強い人ほどショックを受けると思いますので、完璧主義を捨てて諦めることが大切です。私の場合はTwitterで注意喚起をしているのですが、相互フォローの方の「接種を受けてきました」という投稿を見たときは、なんともいえない気持ちになりました。
まず、ワクチン接種は個人の自由ですので、無理やり止めるのはダメです。相手の意思で止めさせる必要があります。それが難しいわけですよね。私の経験上、「いくら頑張っても救えない人」というのは存在しますので、やはり諦めが肝心だといえます。
新型コロナワクチンの副作用で、意識朦朧(もうろう)としてしまったのですが、2回めの接種を迷っています。どうすれば良いですか?
迷う理由がありません。キャンセル一択です。
そこまでわかりやすい被害が出ているのに、迷うのはおかしいですよ。「2回めの副作用のほうがきつい」という話は聞いたことがありませんか? 次の接種がトドメになる可能性だってあるのですから、やめておくことを強くおすすめします。
新型コロナワクチンには、プラセボ(プラシーボ、偽薬)が含まれているのですか?
プラシーボを含ませる段階はすでに終わっているようですので、一般人に打つものはすべて本物でしょう。ただ、その中でも、毒性の強さ(副作用の起きやすさ)が4段階ほどに分かれているという説があります。確かに、副作用の個人差が大きすぎるので、ロシアンルーレットのような状況になっている可能性はありますね。これについては、厚労省の文書からも信憑性が高いといえます。
ちなみに、医療従事者用や有名人用のワクチンは、偽物(生理食塩水やビタミン剤)の可能性が高いといわれています。まあ、有名人が「ワクチン死」なんてしたら、接種推進の逆風になりますからね……(汗)。
新型コロナワクチンの接種を受けた人からは、大量のスパイクたんぱく質が放出される……という話を聞いたことがあります。これは本当ですか?
わかりません。……が、ロット番号によっては事実かもしれません。特定のワクチンの特定のロット番号のものだと、スパイクたんぱくを放出する副作用が起きやすいものがある可能性は考えられます。
新型コロナワクチンの接種を受けた人からは、薬品のにおいがする……という話を聞いたことがあります。これは本当ですか?
わかりません。私の知り合いで接種をすでに受けた方が2人いるのですが、どちらからも薬品のにおいはしませんでした(そのとき、私はマスクを外していました。)。無臭です。ですので、これもロット番号によって差が大きい可能性が考えられます。
新型コロナワクチンのADEについてですが、新型コロナウイルスに感染した場合でもADEは起きることがありますよね?
はい、そのとおりです。ADEはワクチンの種類ではなく、ウイルスの種類の違いによって起こるものだからです。例えば、デング熱やSARSのウイルスも、ADEを起こすことで有名です。ただ、ワクチンによるADEの発生リスクの高さが問題なのです。
今のところはよくわかっておりませんが、例えば、ワクチン接種によって「2年以内に1 (%) の確率」でADEが起きるとすれば、非常に大きな問題になりますよね。100人に1人はワクチンで重症化してしまうわけですから。今は、そうしたリスクを臨床試験(第4相試験)でチェックしているところです。臨床試験の多くの参加者の方々には、感謝します。
新型コロナワクチンの最大のリスクは、アナフィラキシーなのですか?
いいえ、それは違います。新型コロナワクチンのリスクは主に4つ挙げられまして、接種当日のアナフィラキシー(アレルギー反応)、接種数日から3年以内に起こるADE(抗体依存性感染増強)、スパイクたんぱく質による血管へのダメージ、異常のあるたんぱく質が各臓器に溜まることで臓器の機能低下を起こすアミロイドーシスです。
これらの中で一番危ないのは、血管へのダメージだといわれています。スパイクたんぱく質は人体に「毒」だという話もあり、ワクチンで最も警戒しなければならないものです。
「工作員」とはなんですか?
おそらく、ここでいう「工作員(スパイ)」とは、ワクチン推進派の中でも過激な人たちのことです。もっと正確に言えば、政府や製薬会社などに雇われてワクチンを推進するミッションをこなしている人たちや、それに近いような活動をしている人たちのことです。
工作員はワクチン推進が最大のミッションですので、ワクチンに反対するような投稿を見つけた次第、デマだと否定しに来ます。
中には、「ワクチン接種が趣味」とか「デマが大嫌いです」とか、工作員感のある自己紹介をしている人もいます(苦笑)。まあ、確かに、デマはダメなのですが、都合の悪い真実をデマ扱いする工作員もダメですよ。
Twitterでの工作員の見分け方を教えて下さい。
ユーザー名に「@2回接種済み」とか「@Fully Vaccinated」とか書いてあったり、フォローしているアカウントにワクチン教団の有名人が多かったりすると、非常に怪しいとお考えください。「ワクチン教団」は私の造語ですが、工作員の中でもカルト教団的なグループを指します。
ワクチン教団の具体的な名前を挙げるとさすがに名誉毀損になりそうですので、ヒントだけを与えておきます。鮭の卵、媚びている組織、犬の組織などです。
なお、お問い合わせいただいても、正解をお教えすることはできませんので、ご了承ください。
「デマ太郎」ってなんですか?
ブロックされるので、私の口からはお答えできません。次の質問をどうぞ。

参考になりそうなデータ

最後に、新型コロナに関する日本の累計データ(2021年9月11日時点)をまとめておきます。

ただし、新型コロナワクチンの重篤者と死亡者についての累計データは、2021年8月22日時点のものです。

  • 人口:約126,220,000人
  • PCR検査数:23,179,341件
  • 陽性者数:1,623,019人
  • 陽性率:7.002 (%)
  • 人口に対する陽性率:1.286 (%)
  • 新型コロナによる死亡者数:16,690人
  • 陽性者の死亡率:1.028 (%)
  • 人口に対する死亡率:0.01322 (%)
  • 新型コロナワクチンを1回以上接種してもらった人:78,354,959(62.078 (%) )
  • 新型コロナワクチンでの重篤者数:4,210人
  • 新型コロナワクチンでの死亡者数:841人
    ※これは短期的なデータのみであることに加えて、報告されていないケースを考慮すると、氷山の一角だといえる。実際の死亡者数はこれの25倍前後?
  • ロット番号ごとの死亡者数:ファイザー「コミナティ筋注」モデルナ「COVID-19ワクチンモデルナ筋注」

※参考URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html
※参考URL:https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/world_progress/
※参考URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_hukuhannou-utagai-houkoku.html
※新型コロナワクチンに関する副作用のデータについては、厚生労働省の「予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について」という資料を参考にしています。

おわりに

……ということで、私の考えた壮大なフィクションの話はここまでです!

何かの参考になったのなら幸いです。

申し訳ありませんが、説明が不十分になっている部分は、私の理解が足りていないところです。例えば、ワクチンに関するお金の流れに詳しい方がいらっしゃれば、ぜひ、ご教示ください。

キャラクター

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

この記事をSNSでシェアする

 

道徳と社会問題カテゴリーの最新記事(5件)

管理人のTwitter

Tweets by MinatameT

内部リンク集

広告枠のレンタルの詳細はこちら!
記事作成のご依頼の詳細はこちら!