【差別理論】印象操作に騙される人が続出! あなたは大丈夫?

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

「印象操作」というのは、伝える情報を意図的に選択することにより、発信者の都合の良いように情報を発信し、与える印象を操作することです。

実は、印象操作はニュース番組などで頻繁に利用されており、それに騙されている人(印象操作に気づかない人)が多いのが現状です。

ここではあなたの「真実を見抜く力」を少しでも高められるように、印象操作の例を挙げながら説明していきます。

真実を見抜く力を高めることで、情報弱者(情弱)として搾取されることを回避する能力を高める効果が期待できます!

内容としては差別理論の分野なので、やや難しいと感じる方が多いかもしれませんが、わかりやすく説明します。

それではさっそくお願いします!

印象操作の例(出題とヒント編)

印象歪曲

この記事では、以下の4つの抽象例を挙げます。さて、ここで問題です。

これらの例について、それぞれ「発信者がどのような印象を与えようとしているのか」を考えてください。

  • 通り魔事件:子供含むX人がケガをして~
  • 交通事故:X歳の高齢ドライバーの運転する車が~
  • 政治:日本は女性議員の比率がX (%) で~
  • 公共交通:女性専用車両に男性X人が乗り込み~

上記のすべての例を見て「与えたい印象が全部わかるぞ!」となった方は素晴らしいです。全部はわからない方も、ぜひ、考えてみてください。

それでは、1つずつヒントを与えていきます。

お願いします! 私の考えも一緒に発表していきます。

通り魔事件:子供含むX人がケガをして~

まずは1問めです。通り魔事件ではなくてもいいのですが、事故や事件のニュースで「子供含むX人がケガをして~」という表現がありますよね。

さて、この表現でどのような印象を与えたいのか……あなたはわかりますか?

ヒントは「子供含む」という部分です。これだけだとピンとくる方が少ないと思いますので、もう少しだけヒントを与えます。

もう1つのヒントは「子供」、「成人男性」、「成人女性」のそれぞれに対する印象の差を(現代の日本の常識的に)考えてください。

※厳密には「子供」ではなく「子ども」と表記されることが多いのですが、この記事では「子供」と表記することにします。

「子供含む」っていうのは事実ですよね? 何かおかしいところがありますか?

印象操作はあくまで与える印象を操作するだけであって、デマを発信することとは限りません。

交通事故:X歳の高齢ドライバーの運転する車が~

次に2問めです。令和の時代になってから急増したニュースが「高齢ドライバー」による事故ですね。

さて、この表現でどのような印象を与えたいのか……あなたはわかりますか?

ヒントは「X歳の」または「高齢」という部分です。

大ヒントもあるのですが、これを出してしまうと答えがほぼ確実にわかってしまうので、大ヒントを出すのはやめておきます。

「高齢ドライバー」による事故を積極的に発信する意図を考えてみてください。視聴者にどういった意見を持ってもらいたいのか……ということですね。

高齢者の事故が増えていることを伝えたいんだと思います!

それはその通りなのですが、もう一歩踏み込んで考えてみてください。あと一息です。

政治:日本は女性議員の比率がX (%) で~

次に3問めです。ずっと前から言われ続けていることですが、「日本の女性議員の比率」についてです。世界各国の女性議員の比率と比較されていますね。

さて、この表現でどのような印象を与えたいのか……あなたはわかりますか?

ヒントは「女性議員」と「比率」です。これだけだと表面的なことにしか気づけないと思いますので、もっと大きなヒントを与えます。

大ヒントとなるキーワードは「実力主義」と「女性の社会進出」です。……いかがでしょうか?

女性議員の比率が少ないっていうことは、議員になれない女性が多いから、男社会を意味しているっていうことですか?

男社会であることは事実です。不正解ではないのですが、残念ながら本質をついた正解ではありません……。

公共交通:女性専用車両に男性X人が乗り込み~

最後の4問めです。「男性たちが女性専用車両にわざと乗り込んで、電車が遅延した」といった感じのニュースがありましたね。

さて、この表現でどのような印象を与えたいのか……あなたはわかりますか?

ヒントは「女性専用」と「男性」の部分です。このヒントだけだと本質は見抜けないと思いますので、最大のヒントを与えます。

大ヒントは「女性専用車両は誰でも乗れる車両」ということです。実は「女性専用」ではありません。ですから、車両の名称は日本語的に矛盾していますね。

誰でも乗れるけど、「女性専用車両にわざわざ乗る男性が悪い」っていうことですか?

お! いいですね! 完璧な答えではありませんが、マスコミの意図としては正解です。

印象操作の例(解答編)

真実の本(解答集)

ここまで正解を考えていただきましたが、まずはお疲れ様でした。

今から正解を発表します。ただし、すべての答え(与えたかった印象)が完璧に示されているわけではありません。

……と言いますのも、発信者によっては与えたい印象がうまく伝えられなかったというケースもあるかもしれないからです。

ですから、以下で示す解答は「解答の例」だということをご理解ください。

それでは、解答例を確認していきましょう。

やっと答え合わせですね!

通り魔事件:子供含むX人がケガをして~

まず、1問めの答えは、「子供の命を特別視している」ということです。つまり、

  • 子供の命は大人の命よりも尊いものである。
  • 大人がケガをするよりも子供がケガをするほうが絶対に深刻である。
  • 子供がケガをした事実は、事件や事故の「悲惨さ」を伝えるのに効果的である。

こういった意図が汲み取れるわけですね。

実際は、命の尊さ(重さ)は全人類平等なのですが、「子供の命のほうが重い」という意見はよく耳にしますね。しかし、同じ人間同士で命の重さを比較するのはよろしくありません。

ただし、残された時間(寿命)の観点でいえば、若いほど未来の可能性が大きい(自由に使える時間が多い)傾向があります。しかし、命の重さそのものとは関係ありません

子供の命を特別視するのは常識なので、新鮮な答えですねー。

子供はまだまだ未熟ですから、「守ってあげなきゃ」という気持ちが「特別な命」という認識につながるのでしょうね。

交通事故:X歳の高齢ドライバーの運転する車が~

次に、2問めの答えは、「高齢ドライバーによる事故が増えていることを伝えることで、高齢ドライバーたちの免許返納を推進している」ということです。

さらに踏み込むと、「自動車メーカーの安全な車の販売促進」にも利用されている可能性があります。地域によっては「鉄道利用者数の増加」の効果も期待できます。

さて、実際のところ、高齢ドライバーの事故件数はあまり増えておらず、ニュースに取り上げられる頻度が上がっただけです。これに騙されている人が多いのです。

えーっ? 最近、高齢ドライバーばっかりが事故を起こしていると勘違いしていました……。

そうして視聴者を騙すことで、免許返納をうながしています。

ちなみに、免許を返納するのは「まともに運転ができない人」のみで良いと思います。例えば、ペダルを踏むのに支障をきたし続けている人、危険な運転をしやすい人などですね。

そう考えると、高齢ドライバーと同じくらい事故を起こしている「若者ドライバー」にも注目すべきだといえます。ただし、年齢層によって事故発生の原因の傾向は異なります。その点は考慮すべきですね。

高齢ドライバーばかりが注目されるのは、「加齢による衰え」が運転技術の低下に結びつけやすいからですね。これは想像しやすいので、一般人は印象操作を疑わずにすぐ納得してしまうわけです。

ただし、もし、あなたが運転技術の著しい低下を自覚しているのであれば、事故を起こす前に免許返納をしてください。お願いします。

政治:日本は女性議員の比率がX (%) で~

次に、3問めの答えは、「女性議員の比率の少ない理由を女性差別に結びつけて、女性議員の比率を(女性優遇で)上げること」が目的です。

さらに、世界各国と都合よく比較することで「日本は女性差別がひどい国である」という印象を国民に与えようとしています。

これによって、一部の企業や学校などの組織が「女性を優遇する」という選択をとっています。しかし、女性を優遇するということは男性を冷遇するということであり、「実力主義の否定」かつ「男性差別」です。

女性の優遇は、女性特有の考え方を広めるためにも必要じゃないですか?

女性特有の考え方は存在しません。また、女性優遇のための男性差別は、道徳的にも憲法的にも許されません。

不当な差別はいけませんから、性別問わず、個人の能力で判断すべき(実力主義を徹底すべき)です。これに反対するようであれば、それは「亡国的(国を滅ぼすような)意見」と指摘されても文句は言えません。

なお、ここでは詳細に説明しませんが、ツイフェミなどのエセフェミニスト集団(男性冷遇と女性優遇を望む者たち)は強烈な印象操作をしていますので、騙されないように注意してください。

公共交通:女性専用車両に男性X人が乗り込み~

最後の4問めの答えは、「女性専用車両にわざわざ乗り込む男性が悪い」ということと、「女性専用車両に男性を乗せたら(電車遅延などの)トラブルが起きる」という意図で発信しています。

……ということは、男性を女性専用車両に乗せないようにしたいってことですか?

そのとおりです! 男性が女性専用車両に乗ってしまうと、いろいろと都合が悪いわけです。

女性専用車両に男性が乗ることで、困る立場の人間は……

  • 鉄道会社関係者
  • 公明党関係者
  • 男性対策として女性専用車両を利用している人

このあたりですね。

鉄道会社は、女性専用車両の専用広告の報酬がほしいので、女性専用車両を廃止させたくないのです。つまり、女性専用車両の形骸化につながる行為(例えば男性の乗車)は阻止したいわけですね。ですから、「男性が乗り込み遅延」といった印象操作には賛成の立場です。

公明党は、女性専用車両を推進している団体ですので、廃止には猛反対する立場です。これも、「男性が女性専用車両にわざと乗ったせいで、電車が遅延した」という印象操作に大賛成の立場です。

男性対策として女性専用車両を利用している人たちも、男性に乗ってこられたら困りますよね。もちろん、この「困る」は「ただのわがまま」ですが……。

こうした事情があり、女性専用車両は(トラブルが何度も起きているのにもかかわらず)廃止されていません。それどころか、印象操作をして存続させようとしています

なお、印象操作とは関係がありませんが、女性専用車両に関するトラブルを避けるためには、

  • 誰でも乗れることを発信していく。
  • 男性が乗っていても気にしない。

このあたりが大切です。誰でも乗れる車両に乗った男性が、加害者に仕立て上げられるのはかわいそうです。そうした理由もあり、女性専用車両は形骸化させる必要があるといえます

おわりに

この記事では、差別理論と関わりのある「印象操作」について説明してきました。わかりやすく説明したつもりでしたが、やはり少々難しい部分もあったと思います。

理解が困難な部分があれば、ページ上部のメニューの「お問い合わせ」から、該当箇所と理解度をお知らせください。「印象操作の理解」に必要な部分であれば加筆修正します。

印象操作に騙されないような、情報強者になりましょう!

難しいけど頑張ります! それじゃあ、皆さん、お疲れ様でした!


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

 

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

パーでした! チョキの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

道徳と社会問題カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集