【随時更新】ゲーム用語集(基礎編)

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、私がメモしていた「ゲーム用語集」の中から、基本的なゲーム用語を厳選して紹介しています。

基本的な用語ばかりですので、「何かのゲームを始める予定」、「これからゲームを始めるぞ!」といった方はぜひ覚えていってください。

なお、随時更新していく予定です。

ゲームパッド

ゲームをするためのコントローラーのことです。

さまざまな形状のゲームパッドがあります。自分に合ったゲームパッドでプレイできるのが理想ですね。

キルレ(キルレシオ、キルレイシオ、キルデス比、Kill Ratio)

キル数 / デス数のことです。キル数とは相手を倒した数で、デス数とは自分が倒された数です。

この値が大きいほど、一般的に良いとされています。なぜなら、それだけ相手を効率よく倒していることになるからですね。

例えば、キル数が6でデス数が2なら、キルレは6 / 2 = 3です。つまり、300 (%) ですね。

BAN(バン)

特定のプレイヤーをゲームサーバーに接続できないようにすることです。

ゲーム内で違反行為をおこなったプレイヤーに対して適用されることが多いですが、ゲームの運営が間違ってBANをしてしまうこともあります。

このように、誤ってBANをしていまうことを「誤BAN」といいます。

ディフェンダー(defender)

積極的な守備を中心とした戦い方をするプレイヤーを指します。

ちなみに、私もディフェンダー的な戦い方をよくします。

アタッカー(attacker)

積極的な攻撃を中心とした戦い方をするプレイヤーを指します。

「攻撃が最大の防御」ともいいますし、私もアタッカーになることが(たまに)あります。

ニュービー(newbie、ヌーブ、noob、n00b)

初心者(新規プレイヤー)または弱いプレイヤーを指します。

「noob」は侮辱的なニュアンスを含みますので、あまり使わないほうが良いです。

ツー・マン・セル(two man cell)

2人1組で行動することです。

2人で行動することを活かすための戦術が望ましいです。例えば、それぞれの特性を活かすような「役割分担」をすることがあります。

スリー・マン・セル(three man cell)

3人1組で行動することです。ツー・マン・セルの「ツー」を「スリー」に変えただけですね。

3人で行動することを活かすための戦術が望ましいです。例えば、それぞれの特性を活かすような「役割分担」をすることがあります。

チート(cheat)

ゲームの運営が禁止している不正行為のことです。「cheat」という英単語には、「騙す」や「裏切る」といった意味も含まれています。

チートをすれば、当然ながら、BANの対象になります。

ちなみに、チートをする者のことを「チーター(cheater)」といいます。

セーブ(save)

ゲームの進行状況を保存することです。「save」という英単語には、「救う」という意味もあります。

セーブをすることで、セーブをした瞬間までの進行状況が残り、ゲーム再開時にはそのセーブしたものを読み込みます。

ただ、スマホのオンラインゲームなどはセーブをする必要がないものが多く、「セーブを最近していない」というプレイヤーも多いかもしれません。

ゲームオーバー(game over)

ゲームがそこで終了することです。

例えば、敵キャラにやられてしまったときに「ゲームオーバー」となり、一旦終了させられることがあります。その後再開したときは、「セーブ地点からやり直し」になっている場合が多いです。

厳密には、ゲームをクリアーしたときも「ゲームオーバー」なのですが、悪い意味(プレイヤーのキャラが敵キャラにやられてしまうなど)で使われることが大半です

NPC(ノン・プレイヤー・キャラクター、non player character)

プレイヤーが操作しないキャラクターのことです。

例えば、RPGでよくいる「村人」や「敵キャラ」ですね。自動で戦ってくれる味方もそうですね。

なお、対人ゲームの対戦相手はNPCとはいいません。なぜなら、人間(ひとりのプレイヤー)が操作しているからです。

ステータス(status)

キャラクターの能力や状態のことです。「status」という英単語には、社会的地位という意味もあります。

例えば、攻撃力が800、防御力が600……というのも、ステータスのうちです。

フラグ(フラッグ、flag)

「ある条件を満たしているかどうか」の判定のことです。

例えば、「あるボスを倒したかどうか」という判定や「次の村に進んだか」という判定も一種のフラグです。これにより、ゲームの状況を管理しているわけですね。

マルチエンディング(multi ending)

複数種類のエンディングがあることです。

小説を読むような感覚で進めるゲームには、マルチエンディングが用意されていることが多いですね。あとは、RPGにも数種類のマルチエンディングが用意されていることがあります。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

サブカルチャーカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集