【体験談】SNSやゲームの通知をオフにすると作業に集中できる!

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

あなたが何かの作業に集中しているとき、スマホの通知音が鳴って、「通知、うっとうしいな! 今、集中しているのに!」と思ったことはありませんか?

例えば、SNS(LINEやTwitterなど)やゲームの通知が代表的ですね。あとは、ここでは「メールの受信」や「電話の着信」も通知に含むとします。

私は作業中に通知がくるとイラッとするタイプなので、次のようなことをしました。もちろん、実話です。

体験談:連絡がしつこい友達をミュートした話

ノイズはブロックしよう!

私は自宅で仕事をしていますので、仕事中でもスマホをマナーモードにしておりません。ですので、通知音はしっかりと鳴り響きます。ちなみに、緊急の連絡を逃してはいけないので、通知の音量は大きめに設定しています。

以前は、私が作業(仕事や趣味)に集中しているとき、よくLINEの通知が届いていたのです。そして、その通知音が鳴り響くたびにイライラしていたわけですが……「ある対策」をしてからは、そんなイライラに悩まされなくなりました

その対策こそが「ミュート(通知オフ)」です。この機能には、本当に助けられました。しかも、LINEの場合は個別にミュート設定できるため、例えば、Aさんはミュートしないけど、Bさんはミュートする……といったことができます。

私がミュートしたのは、私のある友達です。ここで、「友達をミュートするなんて、薄情な奴め!」とは思わないでください。この友達からは、本当にどうでもいい(緊急度の低い)メッセージばかりが届いていたので、ミュートしました。

性格の悪い人ではないのですが、時間泥棒のタイプなんですよね……。

どのようなメッセージだったかと言うと、「出身校のあの部活が数年ぶりに大会に出る」とか、「近所の高校の先生が懲戒処分になった」とか、本当にどうでもいい話ばかりなのです。

あなたも想像してみてください。作業に集中しているときに、「出身校の生徒が喫煙で退学処分になったみたいだよ。」なんて通知が来たら、「え? それがどうしたの?」と思いませんか?

こういったことがあり、私はSNSやゲームの一部の通知をオフにしているのです。

あなたも、不要な通知をオフにしてみてください。以前よりも作業に集中できるはずです。私がおすすめしていることなので、間違いありません(笑)。

緊急度の低い通知や不要な通知をオフにすることで、以前よりも快適に作業できています。

必要な通知はオンにしておこう

必要なものは通してあげよう!

ただし、なんでもかんでも「通知オフ」にするわけではありません。

緊急度の高い通知(電話)や、個人的にオンにしておきたい通知は、通知をオフにしてはいけません。

私の場合、「電話の着信」や「家族からのLINE」は通知音を鳴らすようにしています。あとは、ハマっているゲームの通知(一部)などもです。

あまり想像したくはありませんが、家族に何かがあったとき、家族の誰かが私に電話で連絡してくれると思います。電話が難しければ、LINEで連絡してくれるでしょう。

「通知をオフにしていたせいで、こんな悲しい思いをするなんて……」とは思いたくないので、家族からの連絡はすぐに確認できるように、通知をオンにしています

ちなみに、某インフルエンサーは、すべての通知をオフにしているみたいです。ですので、家族に何かがあっても、すぐには駆けつけられないでしょうね……。

この通知は本当にオフにしても良いのか……それをよく考えてから、オフにしてください!


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

働き方と稼ぎ方カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集