見やすいプレゼンに修正しよう! 第1話「色を使いすぎない」

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

企業の会議でも教育機関の発表でもそうなのですが、正直なところ「見づらいプレゼン資料」が多いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうです。世の中には、見づらいプレゼン資料がはびこっているのです。

ここで、頑張っている皆さんのプレゼンをより見やすくするために、アドバイスをしたいと思います。

私自身、プレゼンは何度もおこなっており、資料作りには慣れております。ぜひ、参考にしてください。

文字が小さすぎるプレゼンとかは、読む気が失せてしまいますね。

そうですね。文字のサイズの説明は次回にするとして、今回は「色」について説明します。

背景色は白にすべき

さっそくですが、次のプレゼン資料を見てください。

使っている色が多すぎるプレゼン資料

電磁波についての説明のプレゼン資料ですが、はっきり言うと「見づらい」ですよね。要点どころか、内容も伝わりにくいデザインです。

古いサイトのデザインのようですよね。

言われてみればそうですね。使われている色が多い気がします。

まずは、背景から見ていきましょう。

背景色は、原則としてです。それ以外の色を使うと、プレゼン資料が見づらくなってしまいます。

また、模様の入った背景もダメです。文字が読みづらくなってしまうからです。

……ということで、背景色を白に修正したプレゼン資料が次の図です。

背景色を白にしました。

おー! さっきよりも見やすくなりましたねー!!

背景色を白に変えた効果は絶大です。それでは、次に進みます。

文字色は3色以内にすべき

次に、1つの画面に表示される文字色の種類は極力減らしましょう

なぜなら、全体的にごちゃごちゃしてしまい、要点が伝わりにくくなってしまうからです。そうですね……学生のすごい配色をしているノートのイメージです(笑)。

……ということで、3色で考えてみましょう。ここでは、黒、青、赤の3色にしてみます。

3色ルールに従って修正!

さらに減らして、黒と青の2色を中心にしても良いですね。

色の種類を減らすと、落ち着いた印象になってきますね。

はい。それに、要点もわかりやすくなりました。

これで、初期のごちゃごちゃとした印象はなくなりました

しかし、残念ながら、まだ「合格」とはいえないプレゼン資料です。

次の話では、フォントとフォントサイズを改善していきます。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

働き方と稼ぎ方カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集