通勤電車の子供がうるさい! どうすればいい?

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

ストレスにまみれた通勤電車の中で、ずっとお話している、うるさい子供がいますよね。正直なところ、空気が読めていないですよね。

うるさい子供の年齢は様々ですが、ここでは幼稚園児、小学生だと仮定します。

それでは、通勤のストレスの要因の1つである、うるさい子供からの被害を避ける方法を簡単に説明していきます。

子供がうるさいのは当たり前です

うるさいですね……

特に幼稚園児や小学生は、親の言うことをなかなかきいてくれないことがあります。これはしつけの問題でもありますが、しつけが全てとは言い切れません。

子供というのは未熟ですから、私達が思っている以上に言動のパターンが読めません。例えば、私が幼い頃は傍若無人な様子で、親や周囲の大人たちはヒヤヒヤしていたようです。

つまり、親が一生懸命しつけをしても、子供がうるさくしてしまう可能性はあるということです。これは残念ながら、どうしようもないですね。

ですから、親ばかりを責めるわけにもいきません。子供は通勤電車の凍った空気を察知できていない可能性もありますし、やはり子供とは「そういうもの」です。子供も責められません

したがって、「子供がうるさいのは当たり前」だということを理解してください。

気にしないことが一番ですが……

宇宙のように広い心を持つ

子供がうるさいのは当たり前だということは、理解していただけたと思います。

しつけが上手にできる親ばかりではありませんし、しつけが全て(親だけが原因)とも言い切れません。

したがって、「子供がうるさいのは気にしないでください!」と言いたいところなのですが、おそらくそこまで寛大な方ばかりではないでしょう。

そこで、どうしてもイライラしてしまう……といった方のために、対処方法を伝授します。

それは、マイカー通勤をするか、時差通勤をするかの2択です。

マイカー通勤とは、その名の通り自分の車で通勤することです。これだけで、通勤電車のうるさい子供と遭遇することはなくなります。

時差通勤とは、通勤ラッシュの時間帯を避けつつ通勤することです。これだけで、通勤電車のうるさい子供と遭遇する確率を下げられます。

社会が変わらないのなら、自分が変わるしかありません。皆さん、工夫を頑張ってください。

まとめ

最後に要点を以下にまとめます。

  • 子供がうるさいのは当たり前です。
  • うるさい子供を避けたければ、マイカー通勤か時差通勤をしましょう。

いかがでしたか? 決して、子供に怒鳴り散らすようなことだけはしないでくださいね。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

働き方と稼ぎ方カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集