みなためラボ

【効率化】楽をするために努力できることって何だろう?

文字サイズ

はじめに

どうも! みなため(@MinatameT)です。

さっそくですが、以下のツイートをご覧ください。

さて、あなたが仕事や作業をしているとき、「これはもっと効率的にできないだろうか?」と考えることはありますか?

または、「これは単純作業だから(機械で)自動化できるのではないか?」と考えても良いですね。

こうした考えは、「自分が楽をすること」につながっていきます。省エネですね。

今回の記事では、この「楽をするための工夫」について、説明していきます。

楽ができるようになると無駄が減る(効率化できる)

無駄をなくして賢明に!

見出しの通り、楽ができるようになると無駄が減ります。これは……

楽にする例
  • ある単純作業を終わらせるのに、1日あたり2時間かかっていた。しかし、機械で自動化することにより、1日あたり2時間の余裕が生まれた。
  • 10時間かかる仕事を外注することにより、10時間近くの余裕が生まれた。なお、外注先はこの仕事を3時間でできる。
  • 作業全体の手順を変えることにより、30分の余裕が生まれた(スケジューリング問題)。

このように、時間の節約にもなりますし、作業する人の負担の低下にもなります。

つまり、長期的に見ると、効率化によって得られるメリットが大きいのです。

無駄を省いて楽になった例を、歴史から学んでいきます。とても簡単な例ですので、誰でも理解できます。

楽をするための工夫例:歴史から学ぶ

過去の偉人たちの功績から、ヒントを得てほしいのです。

電卓などの計算機

大昔の世界には、電卓などの計算機はありませんでした。計算機がなければ、人間が計算をするしかありません。機械に頼れない……これはとても大変なことですよね。

1 + 1程度の簡単な計算ならすぐにできますが、こうした計算の回数が1000回、5000回、10000回……となっていくと、終わりがなかなか見えてきません

そこで、計算機が開発されました。コンピューターも本来は計算機ですし、電卓も計算機ですね。

計算機の開発によって、機械にほとんどの計算を任せることが可能になりました!

便利な時代ですよね。計算機で、計算作業の大幅な効率化ができます!

自動車や電車などの移動手段

大昔の世界には、自動車やバスなどの移動手段がありませんでした。そのため、遠くへ出かけるときは、休憩しつつ歩いて移動していました。

そこで、バスや電車などの(他人が運転してくれる)公共交通機関、自転車や自動車などの(自分で運転する)車両が開発されました。

皆さんも公共交通機関を一度は利用したことがあると思いますが、システムやルールを覚えたらとても簡単に利用できますよね。

本当に便利な時代ですね。移動手段が豊富になったので、移動時間の大幅な短縮ができました!

当ブログの目次の自動作成機能

歴史とはいっても最近のことですが、実は、このブログの目次は自動で作成されています。PHPというプログラミング言語を使うことで、目次の自動作成をしています。

私が目次を自動作成する前は、手動で(HTMLをいじって)目次を作っていたのですが、これが本当に面倒でした。

時間でいえば、1記事あたり10分はかかっていたので、「この単純作業をどうにか自動化できないか?」と考えていました。

ネットで調べたところ、PHPというプログラミング言語で実現できることを知ったので、いろんなサイトを参考にしつつ、目次作成を自動化することに成功しました。

目次の自動化によって、1記事の作成時間が10分以上は減りました。自動化を実施してよかったです。

辞書登録機能による入力作業の効率化

PCのキーボード入力をするときも、スマホのフリック入力をするときもそうなのですが、一般的に「辞書登録機能」と呼ばれるものがあります。

これは、ユーザーが任意で設定できるもので、例えば……

入力作業の効率化例
  • 「あり」を変換すると、候補に「ありがとう」が出てくるように設定した。
  • 「よろ」を変換すると、候補に「よろしくお願いします」が出てくるように設定した。
  • 「おつ」を変換すると、候補に「お疲れ様でした」が出てくるように設定した。

このように、入力作業を短縮できる便利なものです。

ちなみに、私がHTMLを入力するとき、「dp」を変換すると「<div class=”point”>」が表示され、「sp」を変換すると「<span class=”power”>」が表示されます。これは、デザイン時間の短縮に役立っています。

皆さんも、よく使うフレーズを辞書登録してみてはいかがでしょうか?

おわりに

4つほどの例を挙げましたが、いかがだったでしょうか?

もし、「これは自動化できそう」といったものがあれば、楽をするためにも、効率化のためにも、ぜひ自動化のための努力をしてみてください。

  • 時間の節約
  • 無駄な労力の削減
  • コストの低下

作業の効率化にはこういったメリットがありますので、できる範囲で努力してみましょう! 長期的に見ると、絶対にお得です。

楽をするための努力を怠ってはいけません。この努力は、将来の組織や自分のためです!


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





チョキ

チョキでした! グーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

働き方と稼ぎ方カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集