みなためラボ

【女性専用車問題】任意協力の意味(強制協力との違い)

文字サイズ

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

女性専用車問題を語るときに、「任意協力」という言葉がよく出てきます。

日本語がよくできる方でしたら、「任意協力」という言葉を聞いた時点で意味がわかると思いますが、よくわからない方もいらっしゃるでしょう。

……ということで、この記事では任意協力の意味を説明します。

ここで、一般的な「任意協力」の意味を書いておきます。

任意協力の定義任意協力とは、「協力するか」、「協力しないか」を個人が自由に決められることである。

女性専用車における任意協力の意味

未だに騙されている方も多いのですが、女性専用車のルールは「性別問わず、誰でも乗れる」です。

誰でも乗れるので、男性が乗っても(法律やルール上は)全く問題ありません。

しかし、鉄道会社としては男性に乗ってほしくないのです。そのため、「女性専用車」という(ルールに反する)嘘の名称をつけたわけです。本当はただの一般車両なのに……です。

つまり、鉄道会社としては、「女性専用」という嘘に協力してほしいということです。協力してほしいので、女性専用車に乗った男性に対して「ここは女性専用車となっておりますので、ご協力をお願いします。」などと声掛けをするのです。

この声掛けの時点で「男性差別」なので、かなり失礼ですよね……。

ここで重要なのが、「任意協力」というルールです。

利用客にとっての任意協力とは、鉄道会社の「女性専用」という嘘(男性差別)に協力するのかは個人の自由という意味です。

つまり、男性が女性専用車に乗ったからといって、文句を言われる筋合いは全くありません。嘘や不当な差別に協力しなかっただけです。

まあ、どの車両に乗ろうが個人の自由なので、女性専用車に(はじめから)乗らなかったとしても「不当な差別に協力した」とはいえません。

任意協力と強制協力の違い

まず、結論から書きますと……

協力の種類
  • 任意協力:「協力するか」、「協力しないか」を個人が自由に決められること。
  • 強制協力:「協力するか」、「協力しないか」を個人が自由に決めらず、無理やり協力させられること。

という意味です。

前述のとおり、女性専用車は「任意協力」ですから、乗っても良いですし、乗らなくても良いです。これは完全に個人の自由です。

しかし、現状は違います。普通の男性は女性専用車に乗ろうとしません。女性専用車に乗ったとしても、駅員さんや乗務員さんからの声掛けで「わかりました」と移動してしまいます。

自分が人権侵害されていることに気づいていないのでしょうか……?

それだけではなく、暴行を加えたり、「変態」などと侮辱したり、「降りろコール」をする女性客もいるので、男性にとっては危険で乗れないような車両になっています。

つまり、現状は任意協力ではなく「強制協力」のような状態になってしまっているわけです。差別的で大問題ですね。

……このように、日本の鉄道では男性差別が日常的に繰り返されているのです。この問題に立ち向かえるのは、まともな人権意識を持った人たちだけですね。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





グー

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

道徳と社会問題カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集