みなためラボ 運営者情報 みなためラボ 運営者情報 – みなためラボ

みなためラボ 運営者情報

文字サイズ

みなためラボ 運営者情報

運営者のあいさつ

みなためのアバター

当ブログ「みなためラボ」を訪問していただき、ありがとうございます。私は、当ブログの運営者の高杉 皆為(たかすぎ みなため)と申します。

大変恐れ入りますが、個人情報を特定されるおそれがあるため、私は本名や容姿の公開をしていません。

私のTwitterアカウントはこちらです。Twitterでは、私の価値観を中心に、さまざまなツイートをしています。私のことを深く知りたい方は、ぜひ、フォローしてみてください!

また、YouTubeチャンネル(ゲーム攻略サブ)も保有しています。ぜひ、遊びに来てください!

自己紹介

当ブログ運営者のみなためです。

まずは、ここまで読んでくださり、ありがとうございます。このページをお読みになっているということは、あなたは私に(なんとなくでも)興味を持ってくださっているのでしょう。

さて、私の経歴を簡単に説明しますと、理系の大学を卒業し、ITフリーランスとして活動しています。会社員の生き方は絶対に合わないので、新卒カードを捨ててフリーランスになりました。ワイルドでしょう(笑)?

職業は「ブロガー」という表現を用いることが多いですが、記事作成、画像や動画の編集、作曲、簡単なゲーム制作など、私の能力を活かしたさまざまな活動をしています。

あらゆるビジネス

私の性格は「合理主義者気質」なので、一般的に見ると変わり者です。能力向上や知識量アップのための努力は人並み以上にしていますし、物事を考えるときはけっこう理屈っぽくなります。そして超マイペースです。

超マイペースなので集団行動が苦手です。せかされるのが嫌いで、せかすのも嫌いです。偉そうに命令されたり、偉そうに命令するのも嫌いです。やられて不快なことは、やらない主義なのです。

また、感情的な思考しかできない人は大の苦手です……。議論がまったく成立しないからです。まあ、協調性は大切だと思っておりますが、同調圧力には屈しませんよ!

そうした性格ですから、空気が読めない常識はずれな言動をとる場合があります。しかし、それは「常識にとらわれない」という合理的な思考をしているからだと考えています。

海外のことは知りませんが、日本では「常識が正しい」という風潮がありますよね。トゲのある言い方をしますと、ひとつの「マインドコントロール」です。

これをよく考えてみてください。「みんなが正しいと思っていた常識が、実は間違っていた」っていう場合も、考えられますよね? しかも、国や地域の文化によって常識はガラリと変わるものです。

ですから、「常識=正しい」と考えるのではなく、「これは本当に正しいのか?」と考えることで、レベルの高い思考の持ち主に近づけます。私はそうした批判的思考(先入観にとらわれずにさまざまな角度から物事の本質を考えること)のトレーニングもしています。

ですが、「正しさ」を感情的に決めてしまうのはダメです。正しい答えには理屈が必要だからです。そして、その理屈を出すためには、自分の思い込みや世間の常識に流されないように、本質を考えることが大切です。これが、けっこう難しいんですよね。

例えば、テレビ番組が真実を伝えるとは限らない(偏向報道をする)ので、「テレビ番組でこう言われていたから正しい!」と思うのは絶対NGです。特に政治系は危険です。「そういうことを伝えたい人がいるんだな」くらいの認識でいきましょう。

とにかく、自分で考えるクセをつけておかないと、(言葉は良くないかもしれませんが)マインドコントールされやすい思考停止人間になってしまいます。

……マインドコントロールされやすい生き方を否定するわけではありませんが、私なら賢く合理的に生きる道を選びます。

賢く生きよう!

話がそれてしまいしたが、文体からも私の性格がなんとなく伝わったと思います。次に、私の好きなものを紹介します。

私はゲームやアニメが大好きです。「え? 嘘でしょ?」と思われたかもしれませんが、私は楽しいことが大好きで、趣味を全力で楽しむ人間です。ゲーム系やアニメ系の記事も投稿していますよ。

私がいくら合理主義者だからといっても、「仕事だけに全力を注ぐ! 仕事以外に集中するのは無駄だ!」などとは思っていません。趣味を楽しむのは、良いストレス発散になると考えているからです。

ゲームは、『スーパーマリオシリーズ』のようなアクションゲームもやりますし、『プロセカ』のようなリズムゲームもやります。タワーディフェンスゲームやボードゲームも好みですが、最近は全然プレイできていません。

逆に、FPSや格ゲーなどの難しいタイプのゲームはやっていません。見るだけで十分です(笑)。ちなみに、サウンドノベルにはあまり興味がありません。

アニメは、どんなジャンルでも見れますが、見る機会(ネットでの生放送など)がないと見ないタイプです。VOD(動画視聴サービス)に登録しても良いのですが、今はそんな余裕がないので後回しになっています。

社会現象になった『鬼滅の刃』や、あの『ひぐらしのなく頃に』も視聴済みです。強刺激なやつが特に好みなのかもしれません(笑)。

実際に刺激の強いホラー系は大好物でして、ゲームだと『バイオハザードシリーズ』や『サイレントヒルシリーズ』を何作かプレイしています。フリーゲームなら『青鬼』や『魔女の家』もプレイ済みです。

ただ、ホラー作品は世間の需要が少ないようでして、ホラー好きの気持ちを家族や友人にはあまり理解してもらえないのです……(苦笑)。まあ、それは価値観の違いなので仕方がありません。

怖い家(?)

では、次に嫌いな人のタイプを紹介します。

嫌い
  • 知り合いでもないのに突然偉そうに命令してくる人(緊急時のような例外は除く。)
  • 意見が対立しているだけで感情的になってしまい議論できない人
  • 「金儲け=悪いこと」だと思っており、ネットビジネスをしているブロガーやアフィリエイターを否定する人
  • 他人の貴重な時間を軽視している人(時間泥棒)
  • 性別や学歴などから個人の性格や能力を決めつける人(差別主義者)
  • 悪質な手段で金儲けしている人

このあたりはダメですね。即レッドカードです(笑)。1つ1つ説明していると長くなるので、省略しますね。

逆に、(頭の良さや年齢に関係なく)謙虚な態度の人とか、優しい口調で論理的に会話できる人とかは好印象ですね。努力家も応援したくなります。

さて、次は得意なことを紹介していきます。

得意
  • 日本語での文章作成(文章へのこだわりが強いです!)
  • WordPressでの記事作成と投稿
  • YouTubeへの動画投稿
  • プログラミング(C、C#、jQueryなど)について、ネットで調べながら理想形に近づけていくこと
  • 画像編集(色調変更、コントラスト変更、左右反転、カット、背景透過などの基本的な編集)
  • 動画編集(テロップ、拡大率変更、カット、フェードイン、フェードアウトなどの基本的な編集)
  • 音声編集(ボリューム変更、音程変更、速度変更、カットなどの基本的な編集)
  • 作曲や編曲(メタル系が好みなので、良いギター音源がほしいです……。)

こうしたことが私の得意分野です。

「あのー、YouTubeに動画を出すなんて、簡単にできることでは?」と思ったかもしれませんが、実はそうとは限らないんです。

人は思った以上に面倒くさがるので、「代わりにアップロードしてほしい」とか「アップロードのやり方を調べたけど難しそう」とかで、YouTubeへの動画投稿にたどり着かない人もいます。すぐに諦めちゃうわけです。

ですから、「自分にとっては朝飯前(超余裕)のことでも、他の人にとってはそうではない」ということですね。

あと、簡単な画像編集や音声編集についても、同じことが言えます。多くの一般人はあなたの想像以上に努力しませんし、深く調べようともしません。だからこそ、優秀な人が手伝ってあげたり、教えてあげたりすることに、十分価値があるといえるのです。お役立ちですね。

ここまで読んでくださっているあなたなら、「教える側」になれると思いますよ。理由は単純で、そこそこ長い文章を読む力があり、情報収集に有利だからです。

長い文章が読めない人は、情報収集に不利ですし、文章能力が高いとは思えませんよね。例外もあるかもしれませんが……。

冗談抜きで、長い文章が(苦手を超えて)読めない人が増えているように感じます。ネットの掲示板で「今北産業(死語でしょうか?)」を使う人も該当者ですね(笑)。

そうした人は珍しくありませんから、長めの文章を読む能力には、自信をもっても良いと思いますよ!

GOODです。

次に、私の苦手な分野ですが、手先の器用さが必要な作業であったり、体を動かすスポーツは本当にできません。周りから笑われるレベルなので、やりたいとも思いません。

子供の頃、美術の授業ではデッサンが狂いまくりでしたし、家庭科の調理実習ではテーブル拭きや皿洗いなどの雑用を自発的にやっていました(笑)。料理ができないからです。苦手なことからは、(自分にあまり必要ないことだと感じれば)逃げていくスタイルです。

例外として、マラソンは人並みにできます。そのため、子供の頃の体育の授業で(一般的にハズレ枠とされている)持久走の回は、私にとっては唯一のあたり回でした(笑)。

ランナーたち

では、最後に、私の座右の銘(モットー)を紹介して、自己紹介を締めくくります。

座右の銘は「常識よりも良識をもつ」、「出る杭を伸ばす」です。他にも良い言葉はあるのですが、代表的な2つをピックアップしています。

前述のとおり、常識が絶対に正しいとは限りません。そのため、良識(善悪を区別した正常な思考)を大切にするのが望ましいです。

常識どおりに動くと無難ではあるのですが、それによって何かの問題が放置されているのなら、一度立ち止まって考えてみると良いですね。「みんなが言っているから正しいだろう」はマインドコントロールされやすい思考ですよ!

2018年の女性専用車両での「降りろコール事件」とか、2020年以降の「新型コロナウイルス騒動」とか、マインドコントロールされた人が暴れまくっていますよね。

ここでは深く説明しませんが、ネットでいろいろと調べてみると、とんでもない偏向報道があったことがわかります(汗)。真実を知った人は、SNSで文句を言ったりしていました。

また、「出る杭は打たれる」ということわざがありますよね。優秀で目立つ人は、他人から嫉妬されたり否定される……というのが本来の意味ですが、私は「変わったことをする人も他人から否定される」という意味も含めています。

そうした出る杭を打つ風潮は、私はあまり好きではありません。(言い方は悪いですが)量産型ではない人を叩いた結果、それが引っ込んでしまったら、せっかくの貴重な人材がもったいないですよね。

※もちろん、「量産型なら叩いていい」というわけではありませんよ!

私は「出る杭」として生まれてきた貴重な人材を、そのまま伸ばしてあげたいと思っています。つまり、出る杭が才能を発揮できるように応援してあげたいわけです。

歴史上の有名な偉人の多くも、出る杭に該当するでしょうね。例えば、発明家のトーマス・エジソンさんですね。彼はとにかく知的好奇心の強さが異常だったようで、実用的な白熱電球を作るなどの実績を残していました。

何かを創造するには、特殊(非常識)な価値観であったり、強い好奇心のようなものがあると有利になるのだと思います。もしかすると、私やあなたの中にも、そういった個性(強み)がまだ眠っているのかもしれませんね!

……と長くなってしまいましたが、これで私の自己紹介は終わりにします。ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます。

当ブログについて

さて、当ブログは「雑記ブログ」という形式になります。つまり、特定のジャンルに縛られることなく、私の興味のあることや気になったことなどを自由に発信するブログです。

私がよく発信しているのは、次の7カテゴリーの情報です。

メインカテゴリー
  • 働き方と稼ぎ方
  • ゲーム
  • アニメ
  • プログラミング
  • 道徳と社会問題
  • ブログ論
  • ライフスタイル

これらの7カテゴリーについて、簡潔に説明していきます。

働き方と稼ぎ方カテゴリーについて

働く人を応援するブログ
働く人を応援するブログ

平成の終盤では「働き方改革」と称して、会社の業務の改善などを社会的に取り組んできていました。しかし、それに反発するような会社(つまり劣悪な労働環境である会社)が未だに残っているのが現状です。

当カテゴリーでは、このような「日本社会での働き方」に着目して、社会の現状、私や世間の意見(不満、改善すべきことなど)などを発信していきます。

そして、そうした社会の現状や風潮に対して、私は「どう考えているのか」といったことも発信していきます。他人の評価を気にしたような嘘はつかずに、私の考えていることを正直にお伝えしていきます。

こうすることで、「よりよい社会の実現にはどうすればよいのか?」や「自分の働き方、思考をどう変えるべきなのか」を、読者の皆さんと一緒に考えていきたいと思っています!

ゲームカテゴリーについて

ゲームをもっと楽しむブログ
ゲームをもっと楽しむブログ

ゲームは好きですか?

当カテゴリーでは、個人の趣味としても多く挙げられる「ゲーム」についての、攻略情報や面白い情報を発信していきます。主観的な意見も遠慮なく出していきます。

こうすることで、読者の皆さんとゲームをより楽しんでいきたいと思っています!

※2021年3月まであった「サブカルチャー」のカテゴリーを廃止し、ゲームカテゴリーとアニメカテゴリーに分割しました。

アニメカテゴリーについて

好きなアニメを熱く語るブログ
好きなアニメを熱く語るブログ

アニメは好きですか?

当カテゴリーでは、個人の趣味としても多く挙げられる「アニメ」についての、感想や考察などを発信していきます。感想記事では、思ったことを正直に(ちょっとふざけることがありますが)書いています。辛口な部分もあるかもしれませんが、ご了承ください。

アニメ系の記事を通して、読者の皆さんとアニメをより楽しんでいきたいと思っています!

※2021年3月まであった「サブカルチャー」のカテゴリーを廃止し、ゲームカテゴリーとアニメカテゴリーに分割しました。

プログラミングカテゴリーについて

やさしいプログラミングのブログ
やさしいプログラミングのブログ

プログラミングの能力は、IT技術者(ITエンジニアー)にとって必須の能力です。ITフリーランスのような実力主義の働き方を選択した場合、この能力がないと苦しい場合があります。

当カテゴリーでは、プログラミング(Web系とソフト系)に関する基本的なことを中心として、皆さんのお役に立てるような情報を発信していきます。

記事の内容のレベルとしては、入門者から初心者向け程度の内容となります。そのため、「物足りない」と感じる方もいらっしゃると思います。しかし、数学やITの分野は基礎ができていないとその先に進めません。

つまり、プログラミングの学習を進めるにあたっては、プログラミングの基礎を理解することが非常に大切だということです。

私の書いた記事が、読者の皆さんのプログラミング学習のきっかけやヒントになれば幸いです。プログラミングを一緒に楽しんでいきましょう!

道徳と社会問題カテゴリーについて

人権尊重と平和を目指すブログ
人権尊重と平和を目指すブログ

道徳(モラル)は人間が他人と関わりをもって生活していくためには必須の考え方です。ここでいう道徳とは、主観に左右されない自然法(普遍的で憲法などの土台になるもの)を指します。

道徳を守る能力(道徳心)が欠如していると、他人を傷つけたり悲しませたりしてしまいます。

例えば、傷害事件や殺人事件、暴行事件などの多くは道徳心の欠如によって発生するものです。児童虐待や生徒への体罰(暴行)などが有名だと思います。これらはすべて人権侵害(道徳に反する行為のひとつ)です。

当カテゴリーでは、道徳心の重要性と社会問題(最近のニュースなど)を関連付けて、「人権を守るために大切なこと(道徳の基本)」をわかりやすく発信していきます。

さらに、人権を守るだけではなく、良好なコミュニケーションがとれるような工夫(コツ)も発信していきます。これは、対人関係のトラブルを減らすことが目的です。

私の書いた記事が、読者の皆さんの道徳心の向上につながれば幸いです。素晴らしい人格者になれるように、私と一緒に前進していきましょう!

ブログ論カテゴリーについて

ブロガーを応援するブログ
ブロガーを応援するブログ

私がブログ運営を通して学んだことや、反省したことなどを書いたカテゴリーですが、ブログに関することなら基本的になんでも含めています。

ブログ運営で学んだことは「わかりやすく説明する」、「この記事を読む人が求めている情報を考える」など、基本的なことではありますが、そうしたブログの基本をお伝えしていきたいと思います。

ブログは「なんとなく稼げそうだから」といった中途半端な気持ちでは継続できません。明確な目的を持って、楽しく続けていきましょう!

ライフスタイルカテゴリーについて

便利なものを紹介するブログ
便利なものを紹介するブログ

ライフスタイルとは「生き方」なので、言葉の範囲が広いですし、ちょっと大げさな気もしますね。

このカテゴリーでは、個人の生き方に良い影響を与えるような情報をお伝えしていきます。

それは、使うことで悩みが解消するアイテムであったり、利用することで生活が快適になるサービスであったりします。

このカテゴリーの記事を通して、読者の皆さんの生活の質を高めることに貢献したいと思います!

みなためラボの仲間たち

当ブログの記事では、会話をするキャラクターがまれに登場します。ここでは、そのキャラクターたちを、簡単に紹介しておきます。

高杉 皆為(たかすぎ みなため)

私の分身です。年齢は永遠の25歳と設定しています(笑)。ラボの所長をしています。

キャラクター

ラボではマイペースに記事を書いています。皆さん、よろしくお願いします。

七役 美世(ななやく みよ)

七役 美世

トレンド(流行)ネタや音楽に興味がある、20歳の大学生です。ラボでアルバイトをしています。

キャラクター

ラボではトレンドネタの収集をしたり、音楽を流したりしています。よろしくお願いします。

楽得 専理(らくえ せんり)

サブカル文化に興味がある、30歳のフリーターです。ラボでアルバイトしています。

キャラクター

フリーター、バカにするんじゃないよ! ……それはそうと、よろしくね。

真岩 壮明(まいわ たけあき)

働き方や稼ぎ方、プログラミングに興味がある、35歳の時短正社員です。

キャラクター

これからは個人で稼ぐ能力が必要になってくる時代です。一緒に頑張っていきましょう。それでは、よろしくお願いします。

最新記事(10件)

管理人のTwitter

広告枠のレンタルの詳細はこちら!
記事作成のご依頼の詳細はこちら!