みなためラボ

【C言語】5つの実数の平均値、最大値、最小値を表示するプログラム

文字サイズ

はじめに

どうも! みなため(@MinatameT)です。

この記事では、入力した5つの実数の平均値、最大値、最小値をまとめて表示するプログラムの紹介をしています。プログラミング言語はC言語です。

実数ですので、int型ではなくdouble型を用いています。これによって、小数点以下の計算もできます

なお、自作関数や配列を使わない最も簡単な方法です。

それでは、肝心のソースコードと実行結果を確認していきましょう。

5つの実数の平均値、最大値、最小値を表示するプログラムの例

ソースコード

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  double v1,v2,v3,v4,v5; //5つの実数
  double ave; //平均値
  double max; //最大値
  double min; //最小値

  printf("1つめの実数>");
  scanf("%lf",&v1); //v1の入力

  max = v1; //今のところ、v1を最大値とする。
  min = v1; //今のところ、v1を最小値とする。
	
  printf("2つめの実数>");
  scanf("%lf",&v2); //v2の入力

  if(v2>max) //最大値よりv2が大きければ
  {
    max = v2; //最大値をv2にする。
  }
  if(v2<min) //最小値よりv2が小さければ
  {
    min = v2; //最小値をv2にする。
  }
	
  printf("3つめの実数>");
  scanf("%lf",&v3); //v3の入力

  if(v3>max) //最大値よりv3が大きければ
  {
    max = v3; //最大値をv3にする。
  }
  if(v3<min) //最小値よりv3が小さければ
  {
    min = v3; //最小値をv3にする。
  }
	
  printf("4つめの実数>");
  scanf("%lf",&v4); //v4の入力

  if(v4>max) //最大値よりv4が大きければ
  {
    max = v4; //最大値をv4にする。
  }
  if(v4<min) //最小値よりv4が小さければ
  {
    min = v4; //最小値をv4にする。
  }
	
  printf("5つめの実数>");
  scanf("%lf",&v5); //v5の入力

  if(v5>max) //最大値よりv5が大きければ
  {
    max = v5; //最大値をv5にする。
  }
  if(v5<min) //最小値よりv5が小さければ
  {
    min = v5; //最小値をv5にする。
  }

  ave = (v1+v2+v3+v4+v5)/((double)5); //平均値の計算

  printf("平均値 = %0.2f\n",ave); //%0.2fで小数第2位まで表示する。
  printf("最大値 = %0.2f\n",max); //%0.2fで小数第2位まで表示する。
  printf("最小値 = %0.2f\n",min); //%0.2fで小数第2位まで表示する。

  return(0);
}

このプログラムでは、v1 → v2 → v3 → v4 → v5という変数の順番で実数を入力していきます。

はじめは、最大値、最小値をv1にしておき、後から入力されるv2、v3、v4、v5の値と比較していきます。こうすることで、最終的な最大値と最小値を求めることができます。

平均値は、v1、v2、v3、v4、v5をすべて入力し終えた後に、まとめて計算しています。

それでは、実行結果の例を見ていきます。

実行結果

1つめの実数>3.15
2つめの実数>4.43
3つめの実数>1.87
4つめの実数>5.55
5つめの実数>11.6
平均値 = 5.32
最大値 = 11.60
最小値 = 1.87

このように、5つの実数の平均値、最大値、最小値をまとめて表示することができました!

今回はここまでです。皆さん、お疲れ様でした。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





パー

パーでした! チョキの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集