みなためラボ

【C言語】if文(条件文)でOR条件(AまたはB)を使う方法

文字サイズ

はじめに

どうも! みなため(@MinatameT)です。

この記事では、if文(条件文)でOR条件を使う方法を説明します。

OR条件は、「複数条件があり、そのうちの最低1つが満たされているのなら……」というものですね。

OR条件の文法

OR条件の文法!
文法OR条件は「||」で表します。例えば、x==0 || y==0 なら、xかy、またはその両方が0のとき……という意味です。

ちなみに、「|」という記号は「バーティカルライン(パイプ文字)」といいます。入力方法は、「Shiftキー」を押しながらキーボードの右上のほうにある「\キー」を押すと表示されます。

それでは、簡単な使用例を見ていきましょう。

OR条件の使用例1

ソースコード

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int a,b;

  a = 0;
  b = 0;

  if(a==0 || b==0) //aかb、またはその両方が「0」なら
  {
    printf("aかb、またはその両方が0です。\n");
  }
  else //上記if文の条件に該当しなかったのなら
  {
    printf("条件に該当しませんでした。\n");
  }

  return(0);
}

実行結果

aかb、またはその両方が0です。

aとbの初期値は0なので、if文の条件に引っかかって、「aかb、またはその両方が0です。」が出力されました。

では、aの値を変えた場合のソースコードと実行結果を見ていきます。

OR条件の使用例2

ソースコード

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int a,b;

  a = 100;
  b = 0;

  if(a==0 || b==0) //aかb、またはその両方が「0」なら
  {
    printf("aかb、またはその両方が0です。\n");
  }
  else //上記if文の条件に該当しなかったのなら
  {
    printf("条件に該当しませんでした。\n");
  }

  return(0);
}

aの初期値を100に変更しました。さて、皆さん、実行結果をイメージできますか? 以下で確認してみましょう。

実行結果

aかb、またはその両方が0です。

aを100にしたものの、bが0のままなので、if文の判定に引っかかって「aかb、またはその両方が0です。」が出力されました。

OR条件の場合は、どちらか一方でも条件を満たしていればOKということです。

それでは、bの値も100にしてみると、どうなるでしょうか? さっそく見ていきましょう。

OR条件の使用例3

ソースコード

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int a,b;

  a = 100;
  b = 100;

  if(a==0 || b==0) //aかb、またはその両方が「0」なら
  {
    printf("aかb、またはその両方が0です。\n");
  }
  else //上記if文の条件に該当しなかったのなら
  {
    printf("条件に該当しませんでした。\n");
  }

  return(0);
}

実行結果

条件に該当しませんでした。

aも0ではありませんし、bも0ではありません。つまり、if文の条件を満たしていないので、else文の「条件に該当しませんでした。」が表示されました。

非常に簡単な例なので、理解しやすかったと思います。実際は、もっと複雑な条件を設定することもありますが、基本的な部分は今回の記事のとおりです。

なお、AND条件の使い方は以下の記事で説明しています。ぜひご覧ください。

今回はここまでです。皆さん、お疲れ様でした。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





チョキ

チョキでした! グーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集