みなためラボ

【C言語】printf関数の文法と使用例を初心者にもわかりやすく説明!

文字サイズ

はじめに

どうも! みなため(@MinatameT)です。

C言語でよく使われる関数として「printf関数(プリント・エフ関数)」があります。printf関数は、値や文字などを「表示(出力)」するときに使われます。

この記事では、C言語初心者の方々のために、printf関数の文法と使用例を説明していきます。

全然難しくないので、少しずつ確実に理解していきましょう!

printf関数の文法

printf関数の文法を教えます!

printf関数の文法の基礎

printf関数の文法は、次のとおりです。使用例は後ほど紹介します。

まずは、文章を表示させたい場合です。

printf("表示させたい文章");

次に、変数の値などを表示させたい場合です。

printf("出力変換指定子",表示させたい変数名);

出力変換指定子とは、表示させる変数を「どのように表現するのか」……というものです。これは、すぐ後で紹介します。

覚えておきたい出力変換指定子

ここで、覚えておきたい出力変換指定子を表にまとめました。

特に重要なものは強調していますので、これだけは絶対に覚えてください。すぐに覚えられなければ、ノートやメモ帳にメモを残しておいてもOKです。

出力変換指定子代表的な変数の型簡単な説明
%dint整数値を表示します。
%Xint整数値を16進数で表示します。
%oint整数値を8進数で表示します。
%ffloat、
double
小数値を表示します。
%efloat、
double
小数値を指数表記で表示します。
%gfloat、
double
小数値の表示形式(%fか%eのどちらか)を自動で決定し、表示します。
%cchar半角文字(1文字分)を表示します。
%schar[]半角文字(1文字分以上)を表示します。char[]はcharの配列です。
%pすべての
変数
変数のアドレス(場所)を表示します。このとき、変数名の前に&をつける必要があります。

printf関数の使用例

ここからは使用例を紹介していきます。例の数が多いように見えますが、絶対に使えるようにしてほしいものだけを紹介しています。

文章表示

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  printf("プログラミング学習中!");
  printf("がんばるぞー!");

  return(0);
}

このプログラムの実行結果は、次のようになります。

プログラミング学習中!がんばるぞー!

改行処理

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  printf("プログラミング学習中!");
  printf("\n");
  printf("がんばるぞー!");

  return(0);
}

「\n」を入れた部分で改行されます。したがって、実行結果は次のようになります。

プログラミング学習中!
がんばるぞー!

改行は適度に入れておくことをおすすめします。改行されていないと、表示結果が読みづらくなるからです。

int型変数の値の表示

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int a;

  a = 100;

  printf("%d",a);
  printf("\n");

  return(0);
}

int型変数の出力変換指定子は「%d」なので、間違えないようにしましょう。また、値を表示させたい変数名は「a」なので、aを記述しておきます。

このプログラムの実行結果は、次のようになります。

100

aの値が正しく表示されていますね。この文法が理解できれば、後は同じような調子でいけます。

float型変数の値の表示

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  float b;

  b = 3.14;

  printf("%f",b);
  printf("\n");

  return(0);
}

float型変数の出力変換指定子は「%f」なので、間違えないようにしましょう。また、値を表示させたい変数名は「b」なので、bを記述しておきます。

このプログラムの実行結果は、次のようになります。

3.140000

3.140000と「小数第6位」まで表示されていますが、実はこれで正解です。表示桁数を指定していない場合は、小数第6位まで表示されることになっています。

表示桁数を指定する方法はあるのですが、ここでは紹介しません。これが気になる方は、以下の記事をお読みください。

double型変数の値の表示

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  double c;

  c = 3.14159;

  printf("%f",c);
  printf("\n");

  return(0);
}

double型変数の出力変換指定子は「%f」なので、間違えないようにしましょう。また、値を表示させたい変数名は「c」なので、cを記述しておきます。

このプログラムの実行結果は、次のようになります。

3.141590

cの値が正しく表示されています。また、表示桁数を指定していないので、小数第6位まで表示されています。

char型変数の文字の表示

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  char d;

  d = 'X';

  printf("%c",d);
  printf("\n");

  return(0);
}

char型変数の出力変換指定子は「%c」なので、間違えないようにしましょう。また、文字を表示させたい変数名は「d」なので、dを記述しておきます。

このプログラムの実行結果は、次のようになります。

X

dに入れられた文字「X」が、正しく表示されていますね。

char型配列変数の文字列の表示

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  char e[16] = "ABCDEFG";

  printf("%s",e);
  printf("\n");

  return(0);
}

char型配列変数の出力変換指定子は「%s」なので、間違えないようにしましょう。また、文字列を表示させたい配列変数名は「e」なので、eを記述しておきます。

eは普通の変数ではなく「変数配列」なのですが、printf関数にはeだけの記述で問題なく表示されます。

このプログラムの実行結果は、次のようになります。

ABCDEFG

eに入れられた文字列「ABCDEFG」が、正しく表示されていますね。

int型変数のアドレス(場所)の表示

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int f;

  printf("%p",&f);
  printf("\n");

  return(0);
}

アドレスの出力変換指定子は「%p」なので、間違えないようにしましょう。アドレスとは、変数が置いてある(メインメモリー上の)場所のことです。

また、アドレスを表示させたい変数名は「f」なのですが、fをそのまま記述してもダメで、変数名の前に「&」をつける必要があります。アドレスを表示するときは、これに注意してください。

このプログラムの実行結果は、次のようになります。

0018FF50

これは私のパソコンの場合の実行結果です。使っているパソコンによって結果が異なりますので、違っていても安心してください。

……ここまでが、printf関数の基本です。printf関数は本当によく使いますので、各自で練習しておきましょう!

今回はここまでです。皆さん、お疲れさまでした。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





パー

パーでした! チョキの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集