みなためラボ

【C言語課題解説】scanfで取り込んだ文字をfor文で100個表示するプログラム

文字サイズ

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、C言語の初歩的な課題について解説しています。

この課題に正解するためには、scanf関数、for文の知識が必要です。ここでは、それらについても軽く説明しておきます。

それでは、問題文と解答例を確認していきましょう。

問題文

まず、scanf関数を使って、ユーザーに任意の文字を入力してもらいましょう。

文字入力後には、その文字をfor文で100回表示させてください。

解答例

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  char text[100]; //文字(半角100文字まで)
  int L;

  printf("文字を入力してください。>");
  scanf(" %s",&text); //文字を入力させる。

  for(L=0; L<100; L=L+1) //100回ループする。
  {
    printf("%s\n",text); //入力した文字を表示する。
  }

  return(0);
}

整数はint型ですが、文字はchar型で表します。ちなみに、charは「キャラ」と読みます。キャラクターの略ですね。

text[100]というのは、textという名前の変数で、半角100文字まで覚えられる……ということです。

文字を入力させることができるのはscanf関数です。int型を入力させるときは”%d”としていたところを、今回はchar型を入力させるので” %s”とします。

プログラムによっては、”%s”と書くとうまく動作しない場合がありますので、%sの前には半角スペースを入れることをおすすめします。

次に、for文についてですが、L=0というのは、Lの初期値(はじめの値)が0だということです。L<100というのは、Lが100未満のときにループを続けるということです。L=L+1というのは、ループが1回終わるごとにLの値を + 1するということです。

つまり、このfor文では、ちょうど100回ループさせることができます。

最後に、printf関数の「\n」の意味ですが、これは「改行する」という意味です。改行しないと文字が詰まって読みづらくなりますので、改行しています。

それでは、実行結果を見ていきましょう。

文字を入力してください。>Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!
Welcome!

……な、長いですね(汗)。

このように、scanf文で文字(今回は「Welcome!」)を入力し、for文で100個表示することができました。

実は……私は「Welcome!」が100個も表示されているのか、いちいち数えておりません。しかし、ソースコードは合っているはずなので、ここで勘弁してください(苦笑)。

今回はここまでです。基本的な内容なので、しっかりと理解しておきましょう。



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集