【C言語課題解説】1からnまでの整数の合計値を求めるプログラム

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

整数の合計値を計算するとき、例えば、1から10までなら手計算できますが、100を超えてくると非常に大変です。

そのため、この記事では、1からnまでの整数の合計値を求めるプログラムを説明していきます。for文を使うやり方です。

それでは、さっそく説明していきます。

問題文

キーボードから自然数nを入力させ、1からnまでの整数の合計値を表示するプログラムを作成しましょう。

ただし、nが0以下の場合は、再入力させてください。

解答例

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int c; //for文で1ループごとに1ずつ増えていく値
  int n; //入力値
  int sum; //合計値

  sum = 0; //合計値の初期値は0。

  for(n=0; n<1; ) //nが1より小さいなら繰り返す。
  {
    printf("自然数nを入力してください。>");
    scanf("%d",&n);
  }

  for(c=1; c<=n; c=c+1) //cがnになるまで繰り返す。
  {
    sum = sum + c;
  }

  printf("1から%dまでの整数の合計値は%dです。\n",n,sum);
	
  return(0);
}

このプログラムでは、全部で3つの変数を使っています。

  • c:for文で1ループごとに1ずつ増えていく値
  • n:キーボードから入力する値
  • sum:合計値

1つめのfor文では、入力処理をおこなっています。入力値が1未満なら、ループを繰り返すようになっています。

2つめのfor文では、合計値を求める処理をおこなっています。cは1ループごとに1ずつ増えていくので、これをsumに足していきます。こうすることで、合計値を求めることができます。

それでは、実行結果の例を見ていきましょう。

自然数nを入力してください。>100
1から100までの整数の合計値は5050です。

1から100までの整数の合計値を求められていますね!

自然数nを入力してください。>1000
1から1000までの整数の合計値は500500です。

1から1000までの整数の合計値も求められています!

今回はここまでです。皆さん、お疲れさまでした。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集