【C言語】関数から途中で抜け出す方法

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、関数の途中で、その関数から抜け出す方法を説明しています。

結論から書けば、抜け出したい部分で次のコードを記述してください。

return(0);

たったこれだけなのですが、簡単な例を紹介します。

関数から抜けるプログラムの例

ソースコード

#include<stdio.h>

int memo(void); //自作関数「memo」の事前登録

int main(void)
{
  printf("<今後のスケジュールについて>\n");
  memo(); //自作関数「memo」の実行
  printf("※スケジュールの詳細は、メモ帳(2019年版)を確認すること。\n");

  return(0);
}

int memo(void) //自作関数「memo」
{
  printf("2019/11/21:仕事関係の接待。\n");
  printf("2019/11/14:高校Aで講演会。\n");
  printf("2019/11/11:会場Bで勉強会。\n");
  printf("2019/11/04:仕事関係の接待。\n");
  return(0); //ここで関数を抜ける。
  printf("2019/10/31:大学Cで講演会。\n");

  return(0);
}

自作関数である「memo関数」を、main関数の途中で呼び出しています。

memo関数では、スケジュールをprintf文で出力しています。その途中で、return(0);を入れているので、そこから先は実行されません

それでは、実行結果を確認していきましょう。

実行結果

<今後のスケジュールについて>
2019/11/21:仕事関係の接待。
2019/11/14:高校Aで講演会。
2019/11/11:会場Bで勉強会。
2019/11/04:仕事関係の接待。
※スケジュールの詳細は、メモ帳(2019年版)を確認すること。

見事に、関数の途中で抜け出せていることがわかります!

このように、抜け出したい部分でreturn(0);を記述すれば、関数の途中で抜けることができます

今回はここまでです。皆さん、お疲れさまでした。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集