【C言語】ノットイコールを使う方法

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、ノットイコールを使う方法について、条件文を用いて説明します

ノットイコールの文法

ノットイコールの文法!
ノットイコールを使うためには、「!=」と入力します。

使用例は、以下のソースコードを確認してみてください。

ノットイコールの使用例1

ソースコード

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int a,b;
  a = 10;
  b = 10;

  if(a!=b) //aとbの値が異なるのなら
  {
    printf("aとbは異なる値です。\n");
  }
  else //aとbの値が異ならないのなら
  {
    printf("aとbは同じ値です。\n");
  }

  return(0);
}

実行結果

aとbは同じ値です。

aとbの値は同じ「10」なので、ノットイコールの判定には引っかかりませんでした。よって、elseの「aとbは同じ値です。」が出力されました。

では、次の場合はどうなるでしょうか?

ノットイコールの使用例2

ソースコード

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int a,b;
  a = 10;
  b = 55;

  if(a!=b) //aとbの値が異なるのなら
  {
    printf("aとbは異なる値です。\n");
  }
  else //aとbの値が異ならないのなら
  {
    printf("aとbは同じ値です。\n");
  }

  return(0);
}

実行結果

aとbは異なる値です。

今度は、aの値が10、bの値が55なので、異なる値を持っています。よって、ノットイコールの判定に引っかかり、「aとbは異なる値です。」が出力されました。

これによって、「!=」でノットイコールが正常に機能していることがわかりました!

今回はここまでです。皆さん、お疲れ様でした。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

チョキでした! グーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集