【C言語】while(1) の意味と使い方

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、C言語のwhile(1)の意味と、その使い方について、例を挙げながら説明していきます。

また、while(1)を使う際の注意点もあわせて説明します。

while(1)の意味と文法

while(1)は無限ループ処理です。

while(1)
{
  //ここに無限ループ処理を記述する。
}

無限ループをするので、このままではプログラムが終わりません。

そのため、break文によって無限ループを脱出します。

while(1)
{
  if(無限ループ脱出条件の式)
  {
    break; //無限ループから脱出する。
  }
}

それでは、具体的な例を見ていきます。

while(1)を使ったプログラム例

ソースコード

#include<stdio.h>

int main(void)
{
  int a;

  a = 0;

  while(1) //無限ループ
  {
    a = a + 1;

    if(a<10) //aが10未満なら
    {
      printf("%d\n",a);
    }
    else
    {
      break; //while文から抜け出す。
    }
  }

  return(0);
}

実行結果

1
2
3
4
5
6
7
8
9

無限ループの中で、aの値を1ずつ増やしていきます。そして、aが10以上になれば、else文の中身(break文)が実行され、無限ループから脱出できます。

注意点としては、break文が実行されなければ無限ループから出られませんので、プログラムが終わりません。したがって、break文を忘れないようにしましょう

実は上記のソースコードは、for文で書いたほうが見やすいと思います。個人的には、while(1)をわざわざ使うようなものではありません。

今回はここまでです。皆さん、お疲れ様でした。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

チョキでした! グーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集