【ネタバレあり】アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』 を視聴した感想と考察! 【ネタバレあり】アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』 を視聴した感想と考察! – みなためラボ

【ネタバレあり】アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』 を視聴した感想と考察!


文字サイズ:?? (px)


はじめに

みなため

どうも! みなため(@MinatameT)です。

私はホラー系が大好きでして、ハラハラドキドキするようなアニメを見ることが多いです。また、アニメSAOの第1期と第2期は視聴済みです!

そんな私ですが、アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』を視聴しましたので、その感想と考察を書きました!

アニメ情報

  • アニメタイトル:劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア
  • 原作者:川原 礫
  • 制作会社:A-1 Pictures

アニメのタイプ

この映画の要素

  • 難解さ:ストーリーの理解の難しさ。内容の理解が難しく、考察することが多いアニメほど5に近づく。
  • テンポ:ストーリー展開の平均的な速さ。展開が速いアニメほど5に近づく。
  • SF要素:ストーリーや世界観のSF要素の強さ。現実から遠いアニメほど5に近づく。
  • グロ:残虐描写の多さや強さ。グロいアニメほど5に近づく。
  • エロ:性的描写の多さや強さ。エロいアニメほど5に近づく。
  • ギャグ:笑わせる要素の多さや強さ。ゲラゲラと笑えるアニメほど5に近づく。

以下、感想と考察です。

アニメ第1期の第1話から第2話と映画の範囲のネタバレが含まれていますので、ご注意ください!

総合的な感想

私はこの映画から、「勇気や行動力は大切だが、命は大事に! 死んだらおしまい!」ということを学びました。

感想がまるで小学生みたいですが、純粋にそう感じたのです(笑)。

SAOの世界に運悪く閉じ込められたしまった人たちは、クソみたいなデスゲームに強制参加させられますよね。

デスゲームは「生き残る」ことが重要ですから、死ぬリスクの高い行動は控えなければなりません。

それなのに、はじめの数日で大量のプレイヤー(すみませんが、具体的な数は覚えておりません。)が殺されてしまいましたよね……。

そうした悲惨な状況を見たので、「いのちをだいじに」というドラクエの作戦コマンドのような教訓が得られました。

アニメ第1期と同じようで違う

基本的にはアニメ第1期の序盤と同じ展開なのですが、一部が大きく異なりました。

それが、アスナの友人である「ミト」の存在です。

彼女はアニメ版に一切登場しておらず(登場していたらすみません。)、映画で出てきたときに「あれ? こんなキャラいたっけ?」となりました(笑)。

ミトが登場したことにより、第1層のボス戦はアニメ版よりも難化し、より緊張感のある戦いになった印象があります!

ただ、ディアベルはんが見殺しにされるのは確定なのですね……(汗)。

SAOを知らない人にもおすすめ

「SAOってよく耳にするけど、長編作品だし今からでも追いつけるかな……?」と思っている人も多いと思うのですが、そうした人に見てほしい映画ですね。

まさに「SAO入門」の映画です。

理由は単純で、SAOの基本が約1時間半で理解できるからです。

茅場(ゲームの支配者)の長々しい説明でゲームの要点はわかりますし、細かい説明は主要キャラクターたちがおこなってくれます。

もし、この映画を見て「自分には合わない作品かな……」となった場合は、残念ながら本当に合わないと思います。

ですが、「この先の展開が気になる! アスナたん!」となった場合は、アニメ版もぜひ見てほしいです。

アニメ版ではアスナではなくキリトが主人公ですが、まったく問題なしでございます。

アスナが主役

先ほども書きましたが、アニメ版ではキリトが主人公なのに対し、映画版ではアスナが主人公になっています。

アスナ視点ですから、アニメ版では語られなかった「アスナがSAOを始めた理由」がよくわかります。

まあ、これは映画版(プログレッシブ)限定の設定の可能性もありますが……。

それにしましても、まさかお兄さんがいない間にナーヴギアを勝手に使ってしまうとは……なかなかチャレンジャーですね(笑)。

しかも、友人であるミトにSAOを激推しされて、お兄さんがたまたま持っていたナーヴギアを試用したらデスゲームに強制参加って、私なら発狂しているくらい運が悪いことですよ(汗)。

キャラクター

あなたもそう思いますでしょう……?

MMORPGの知識が必要

この映画が「SAO入門におすすめ」なのは事実ですが、MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)の用語が次々と出てくるので、ある程度の知識は必要だと思います。

しかし、用語の意味がわからなくてもノリで理解できるようにはなっているため、ノー勉でも大丈夫だと感じました。

まあ念のため、予習しておいて損がない用語を簡単に紹介しておきますね!

  • ログイン:個人認証を完了させ、ゲームに参加すること。
  • ログアウト:ゲームを中断すること。
  • β(ベータ)版:完成にかなり近いが、まだ開発途中である段階のゲームのこと。
  • ベータテスト:ベータ版を利用してみて、不具合がないかをテストすること。
  • ベータテスター:ベータテストの参加者。
  • スイッチ:攻撃役を他の仲間に切り替えること。
  • チート:ゲーム内での不正行為。

これだけ覚えておけば、多分大丈夫です。

これから視聴する予定の知り合いがいたら、上記の専門用語をぜひ教えてあげてください!

緊張のバトルシーン!

戦闘シーンが豊富で、ハラハラドキドキする場面もたくさんありましたね。

ゲームシステム上、SAOは近接武器ばかりですから、敵との距離がけっこう近いんですよね。

それに「ゲーム内での死 = リアルでの死」なので、緊張感が極めて大きいです。

個人的に一番緊張したのは第1層ボス戦……と言いたいところですが、私はアニメ版を視聴済みなので、「どうせ勝てるでしょ」という気持ちは正直なところありました。

それよりも、ミトとアスナ VS ネペント(植物のモンスター)が最も緊張しました。

ミトの「ネペントのあれ(玉みたいなやつ)は攻撃しちゃダメ!」といった事前の説明が巨大なフラグだと感じていたら、予想通りアスナが壊してくれました(笑)。

その瞬間、緊張感は即マックスですよ……。

ミトは死ぬかと思っていた

私は映画の予習をあまりやらないタイプなので、アニメ版と同じ世界線だと思っていたのです。

アニメ版のアスナと出会ったときにはミトはすでにいなかったので、ミトはそれまでに死ぬものだと勝手に思っていました(笑)。

キャラクター

「勝手に殺すな!」という話ですが……。

そのため、アスナが最大級のやらかしをしたときに「ミトはアスナをかばってネペントに殺されるのでは……」と考えていたのですが、映画の最後まで生き残っており驚きました。

私とまったく同じことを考えていた方々は、けっこう多いのではないでしょうか?

ミトは裏切り者なのか?

ミトがアスナを裏切ったような形になってしまいましたが、ここであなたに考えてほしいことがあります。

それは、「ミトを裏切り者だと認定して良いのか?」ということです。

ミトはアスナの救出を必死に試みていましたが、それが無理ゲーだと確定したときに「もう間に合わない」と感じて逃げたのは事実です。

また、パーティーから脱退したのは悪手かもしれませんが、自分の命を守るための行動は責められるべきではない……と私は考えています。

それに、無茶をして全滅するよりも1人だけでも生き残ったほうがマシですよね。

そうした事情を考慮すると、「ミトを裏切り者だと認定するのは厳しすぎる」と考えます。

※アスナにとって、頼れるミトの脱退はトラウマものです。それと同時に、この件はミトにとっても大きなトラウマになったと思います。

SAOの世界でどう立ち回れば良いのか?

もし、自分がSAOのデスゲームに強制参加させられたら……と想像します。

とにかく「死んだら終わり」なので、積極的に情報収集して慎重にプレイするのは重要ですよね。

ガイドブックをちゃんと読むのは当たり前ですが、ベータ版の情報であることを理解しておかないと、今回の第1層ボス戦のような例外が発生したときに大変ですね。

そう考えると、レベリング(レベル上げ作業)は「やりすぎ」と思われるくらいがちょうど良いのかもしれません。

また、体力をできるだけ減らさないように戦いたいので、ヒット & アウェイがおこないやすい武器を使うことも重要ですね。

相手から離れるようなスキルのある武器が存在するのなら、それを使いたいです。

それと、SAOはクリアまでのタイムリミットが設定されていなかったはずなので、急いで先に進むリスクが大きすぎると思います。

しかし残念なことに、狩り場は枯渇するシステム(ザコ敵が無限湧きしない仕様)のようなので、進行が遅すぎるのも問題です。

「進みすぎず、遅れすぎず」というバランスが重要ですね。

ちなみに、最初の村にずっと引きこもっておき、他のプレイヤーがラスボスを倒すのをひたすら待つ……というズルい作戦も考えたのですが、ゲームマスター・茅場にゲームシステムを途中で変えられて詰む可能性もあるのでやめました(笑)。

センシティブなシーンを思い出してみる

家族や友達と一緒に視聴するとき、センシティブなシーンには気をつけたいものですよね(笑)。

私はアスナの入浴シーンとネペントの触手くらいしか思い出せなかったのですが、どうでしょうか?

キャラクター

他にありましたら、ぜひ教えてください!

まとめ

SAOはデスゲームの物語なので、「いのちをだいじに」という意識が高まりました。

そういえば、実際に危険な体験をして動画の再生回数を上げているような人もいますが、私にとっては信じられない行動です(汗)。

「死んだら完全に終わり」なのですから、命に関わることは慎重になってほしいものです。

話がちょっと脱線しましたが、この映画はSAO入門に適しており、新規ファンの獲得も期待できる良作だと感じました!

また、プログレッシブはアニメ版の世界線ではないので、これからの展開がアニメ版とどのように異なっていくのかも注目ポイントですね!

以上、アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』を視聴した感想と考察でした!

……映画タイトルの「アリア」ってなんだったのでしょうか?

キャラクター

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

記事本文下のバナー広告

この記事をSNSでシェアする

 

アニメカテゴリーの最新記事(5件)

管理人のTwitter

Tweets by MinatameT

内部リンク集

広告枠のレンタルの詳細はこちら!
記事作成のご依頼の詳細はこちら!