みなためラボ

【Unity】四角いカゴを作る方法

文字サイズ

はじめに

どうも! みなため(@MinatameT)です。

この記事では、何か(例えば球体)が入るような四角いカゴを作る方法を解説します。カゴを作った後、カゴに重力を与えます。

座標は細かく指定していますが、完璧にマネする必要はありません。あくまで、ひとつの例です。

動作環境

・Windows 7
・Unity 2019

動画で理解する

動画の前に、カゴを置くための地面(Plane)と、メインカメラの座標の設定をしておきます。

地面の作成

ヒエラルキーで右クリックし、「3D Object」>「Plane」を作成します。これで地面の作成ができました。

メインカメラの位置設定

カメラの位置を変更するために、MainCameraのPositionのXを12に、Yを2に、Zを0に変更します。さらに、Field of Viewを30に変更します。

これはあくまで一例ですので、各自で微調整をしていただいても構いません。

さて、これで下準備は完了です。動画では謎の黒い球体が浮かんでいますが、これは無視してください。また、地面の色を変えていますが、これも無視してください。なお、動画の音声は出ません。

左クリックのエフェクトは水色で、右クリックのエフェクトはオレンジ色です。

画像で理解する

下準備

地面の作成

ヒエラルキーで右クリックし、「3D Object」>「Plane」を作成します。

※Planeの大きさや色は任意で変更してください。例えば、この動画ではScaleのXが10、Yが1、Zが10になっています。

メインカメラの位置設定

MainCameraのPositionのXを12に、Yを2に、Zを0に変更します。また、MainCameraのField of Viewを30に変更します。

カゴの作成と設定

親オブジェクトの作成

ヒエラルキーで右クリックし、「Create Empty」を選択します。

Basketに名称変更する

GameObjectの名前を「Basket」に変更します。ちなみに、バスケットはカゴという意味です。

Basketのポジションを変更する

BasketのPositionのXを12、Yを0.5、Zを10に変更します。

Cubeの作成

Basketを右クリックし、「3D Object」>「Cube」を作成します。これで、CubeがBasketの子オブジェクトになります。

CubeのTransformの設定

CubeのPositionのXを0、Yを-0.45、Zを0に変更します。さらに、CubeのScaleのXを2、Yを0.1、Zを2に変更します。

Cube (1)のTransformの設定

先ほどと同様に、Basketを右クリックし、「3D Object」>「Cube」を作成します。

Cube (1)のPositionのXを-1、Yを0、Zを0に変更します。さらに、Cube (1)のScaleのXを0.1、Yを1、Zを2に変更します。

Cube (2)のTransformの設定

今まで同様に、Basketを右クリックし、「3D Object」>「Cube」を作成します。


Cube (2)のPositionのXを1、Yを0、Zを0に変更します。さらに、Cube (2)のScaleのXを0.1、Yを1、Zを2に変更します。

Cube (3)のTransformの設定

今まで同様に、Basketを右クリックし、「3D Object」>「Cube」を作成します。

Cube (3)のPositionのXを0、Yを0、Zを0.95に変更します。さらに、Cube (3)のScaleのXを2、Yを1、Zを0.1に変更します。

Cube (4)のTransformの設定

今まで同様に、Basketを右クリックし、「3D Object」>「Cube」を作成します。

Cube (4)のPositionのXを0、Yを0、Zを-0.95に変更します。さらに、Cube (4)のScaleのXを2、Yを1、Zを0.1に変更します。

BasketにAdd Component1
BasketにAdd Component2

Basketに、インスペクターから「Add Component」>「Physics」>「Rigidbody」を設定します。

※親オブジェクトである「Basket」に設定しないと、子オブジェクト同士(Cube同士)がくっつかずにバラバラになってしまうので、注意してください。

BasketのRigidbody設定

BasketのInterpolateを「Interpolate」に、Collision Detectionを「Continous Dynamic」に変更します。

テストプレイ(動作確認)

プレイボタンをクリック

プレイボタンを押して、動作確認します。

動作確認1

白いカゴができていることがわかりました!

動作確認2

すると、黒い球体がカゴに落ちてきました。確かに、球体が入るようなカゴになっています!

ちなみに、この黒い球体の作り方は以下の記事で解説しています。

これで完成です。皆さん、お疲れ様でした。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





パー

パーでした! チョキの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集