みなためラボ

Bandicamで録画した動画がAviUtlで正しく読み込めないときは?

文字サイズ

発生している問題

どうも! みなため(@MinatameT)です。

AviUtlの拡張編集にBandicamでキャプチャー(録画)した動画を読み込むと、最初の数フレーム分が真っ黒に表示される場合があります。

また、動画を編集していると、一部のフレームの順番が乱れることもあります(A→B→CがA→C→Bになったりします。)。

さらに、編集を完了してそのまま出力すると、フレームの順番が乱れたままの状態で出力されてしまいます。

……こうした問題が発生している人は、この記事を読むことで解決できるかもしれません。

まずは動作環境についてです。

動作環境

  • Windows 7(64bit)
  • Bandicam 4.2.6.1699
  • AviUtl 1.10
  • AviUtlの拡張編集 0.92
  • Audacity 2.4.2

それでは、解決策をキャプチャー前後の段階に分けて、説明していきます!

解決策(キャプチャー前)

外部コーデックの「x264vfw」を使うことで、問題を解決することができました!

x264vfwの導入

以下のページの緑色のボタンから、インストーラーを無料でダウンロードできます。

ダウンロードページ

ダウンロードできたら、インストーラーをダブルクリックで起動し、
「Next >」→「I Agree」→「Next >」→「Install」でインストールできます。

x264vfwの設定

Bandicamを起動し、「ビデオ」の右下の「設定」ボタンをクリックします。

Bandicamのビデオタブ画面

まずは、ファイル形式を「AVI」に変更します。

Bandicamのビデオ設定画面1

次に、ビデオのコーデックを「- 外部コーデック -」に変更します。

Bandicamのビデオ設定画面2

次に、「?」ボタンの下の「…」ボタンから、「x264vfw – H.264/MPEG-4 AVC codec」を選択します。

Bandicamのビデオ設定画面3

次に、「設定」ボタンをクリックします。

Bandicamのビデオコーデック選択画面

そして、設定を次のようにしましょう。……とはいっても、画像の文字が小さすぎて読みづらいと思いますので、画像の下に設定を書いておきます。

x264vfwの設定画面1
  • Preset:Medium以上(Ultrafastがおすすめです。)
  • Tuning:None
  • Profile:High
  • Level:4.0
  • Fast Decode:OFF
  • Convert to YUV 4:2:0
  • Zero Latency:ON
  • Single pass - ratefactor-based (CRF)
  • Ratefactor:16.0から22.0の間(16.0だと高画質です!)
  • Create stats file:OFF
  • Output mode:VFW
  • VFW FourCC:x264
  • VirtualDub Hack:OFF
  • Extra command line (for advanced users) :--keyint 1
  • Log level:None

設定が完了したら、下にある「OK」ボタンをクリックします。

x264vfwの設定画面2

フレームレートの設定

Bandicamの「ビデオ」の右下の「設定」ボタンをクリックします。

Bandicamのビデオタグの画面

次に、フレームレートを30(または60)に変更します。

フレームレートの変更1


次に、その右の「…」ボタンをクリックします。

フレームレートの変更2

そして、「CFR優先 – 固定フレームレート」に変更します。

その後、下の「OK」ボタンをクリックしましょう。

フレームレートモードの設定

オーディオの設定

Bandicamの「ビデオ」の右下の「設定」ボタンをクリックします。

Bandicamのビデオタグの画面

次に、オーディオのコーデックを「PCM」、チャンネルを「ステレオ」、サンプルレートを「48000」に変更します。

オーディオの設定

設定が完了したら、下の「OK」ボタンをクリックしましょう。

音声ファイル出力設定

Bandicamの「ビデオ」の「詳細設定」ボタンをクリックします。

次に、「音声をキャプチャーする」と「キャプチャー中にオーディオトラックをWAVファイルに保存する」にチェックを入れます。

その後、下の「OK」ボタンをクリックしましょう。

解決策(キャプチャー後)

キャプチャー終了時にできるWAVファイルは、そのままではAviUtlの拡張編集で利用できません。その理由はわかりません(苦笑)。

そこで、「Audacity」というソフトウェアにWAVファイルを読み込み、そのまま出力することで、AviUtlの拡張編集で扱えるようになります。なぜ扱えるようになるのか、その仕組みはよくわかりません……。

Audacityの導入

以下のページから、インストーラーやZIPファイルを無料でダウンロードできます。

Windows版 Audacity ダウンロードページ

※上の画像は、Windows版 Audacityのダウンロードページです。

ダウンロードするのは、インストーラー(installer)でもZIPファイル(zip file)でもどちらでも良いのですが、個人的にはZIPファイルがお手軽なのでおすすめです(ZIPファイルを解凍するだけで、利用できるようになります。)。

インストーラーをダウンロードした場合は、それを起動させてAudacityをパソコンにインストールをしてください。

ZIPファイルをダウンロードした場合は、それを解凍してください。

WAVの読み込みと出力

Audacityを起動し、WAVファイルをドラッグ&ドロップして読み込みます。

そして、「ファイル(F)」→「書き出し(E)」→「WAV として書き出し(W)」で出力しましょう。

Audacityの出力画面

AviUtlの拡張機能への読み込み

AviUtlを起動し、AviUtlの拡張編集に、キャプチャー終了時にできたAVIファイル(動画ファイル)をドラッグ&ドロップします。

画像サイズは任意の値(例:1280×720)を、フレームレートは30(または60)に、音声レートは48000にします。その後、「OK」ボタンをクリックします。

AviUtlの新規プロジェクトの設定ウィンドウ

次に、「音声ファイル[標準再生]」を右クリックメニューから削除して、代わりとしてAudacityで出力された「WAVファイル」をドラッグ&ドロップします。

これで、Bandicamで録画した動画(と音声)が、AviUtlで正しく読み込めました!

フレームの乱れがなく正確に編集できるはずですので、ぜひやってみてください!


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





グー

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

その他カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集