【C言語】時分秒を秒に変換するプログラムの作り方

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、時分秒を秒に変換するプログラムを紹介しています。

例えば、1時間30分2秒を、5402秒に変換したりできるプログラムです。

それでは、さっそくソースコードと実行結果を見ていきましょう。

時分秒を秒に変換するプログラム

ソースコード

#include<stdio.h>

int main()
{
  int h, min, s; //時間、分、秒
  int r; //変換結果(秒)

  printf("何時間?>");
  scanf("%d",&h);
  printf("何分?>");
  scanf("%d",&min);
  printf("何秒?>");
  scanf("%d",&s);

  r = (h*3600) + (min*60) + (s); //変換

  printf("%d時間%d分%d秒は、%d秒です。\n",h,min,s,r);

  return(0);
}

ユーザーに「時間」と「分」と「秒」を入力させて、これを秒に変換した結果をrに代入しています。そして、最後に結果を表示しています。

それでは、実行結果を見ていきます。

実行結果の例

何時間?>0
何分?>120
何秒?>1
0時間120分1秒は、7201秒です。

120*60 = 7200で、これに1秒を足すので、7201秒で正解ですね。

何時間?>2
何分?>10
何秒?>30
2時間10分30秒は、7830秒です。

2*3600 = 7200、10*60 = 600なので、7200 + 600 + 30 = 7830秒で正解ですね。

何時間?>10
何分?>10
何秒?>10
10時間10分10秒は、36610秒です。

10*3600=36000、10*60=600なので、36000 + 600 + 10 = 36610秒で正解ですね。

このように、時分秒を秒に変換することができました!

今回はここまでです。お疲れさまでした。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

チョキでした! グーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集