【1分でわかるPHP】defineで値を定義してみよう

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、PHPのdefineの使い方を説明しています。

なお、defineは「ディファイン」と読みます。デフィネではありません。

それでは、defineの文法を確認していきます。

defineの文法

defineの文法!
文法define(“名称”,値);

「名称」と「値」が対応します。

それでは、defineの使い方の具体例を見ていきましょう。

defineを使ったプログラム例

ソースコード1

<?php

define("PI",3.1416);
echo "π = ".PI;

?>

defineでPIを3.1416と定義しています。これは円周率の値ですね。

そして、echoでPIの値を表示しています。ちなみに、PIの値だけを表示したい場合は、echo PI; と記述すればOKです。

実行結果1

π = 3.1416

ソースコード2

<?php

define("e",2.7183);
echo "e = ".e;

?>

defineでeを2.7183と定義しています。これはネイピア数ですね。

そして、echoでeの値を表示しています。ちなみに、eの値だけを表示したい場合は、echo e; と記述すればOKです。

実行結果2

e = 2.7183

これが、defineの基本です。

今回はここまでです。簡単な内容だったとは思いますが、皆さん、お疲れさまでした。


 

みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集