【差別】女性専用車両の問題点をわかりやすく解説

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、多くの鉄道会社が導入している「女性専用車両」の問題点について、わかりやすく解説しています。

私は女性専用車両にずっと反対している立場です。「なぜ反対しているの?」という疑問は、後の説明で解消できるでしょう。

この記事で、女性専用車両の問題点を皆さんに理解していただくと同時に、女性専用車両反対派の考えていることを知ってほしいと思います。

それでは、まずは女性専用車両の「大前提」を説明します。これを知っておかないと、誤解の原因になります。

女性専用車両の大前提(ルールなど)

忌まわしき女性専用車っ!

女性専用車両の大前提は、次のとおりです。

  • 「法律上もルール上も誰でも乗車することができる」。これが最重要!
  • 「女性専用車両」も「女性専用車」も同じ。
  • 関東の場合は、特定の時間帯にのみ「女性専用車」という名称が、特定の車両につく。特定の時間帯を抜けたら、「女性専用車」という名称が一時的に解除される。
  • 関西の場合は、常に「女性専用車」という名称の車両がある。

鉄道会社としては男性が乗れることを知られたくないため、「ご協力をお願いします。」などと言ってごまかしています。

しかし、実際のところは「誰でも乗車できる」のです。

では、なぜ、名称と矛盾して誰でも乗車することができるのでしょうか……?

それは、道徳(モラル)と憲法を守らないといけないからです。

もし、男性の乗車をルールで禁止してしまうと、男女平等に反することになります。モラル違反、憲法違反ですね。ですから、名称だけを「女性専用車」にして、誰でも乗れるルールにしたのです。

乗客を騙すような「悪質な名称」だと思いませんか?

「誰でも乗れるのなら、痴漢対策の意味がないじゃん!」と思う方もいらっしゃると思います。実際のところ、女性専用車両は痴漢対策に「効果なし」です。

その理由はよく考えたらわかると思いますが、後ですべて説明します。

それでは、女性専用車両の問題点を確認していきます。大切なのは、あなたの常識を疑うことです。

女性専用車両の問題点

女性専用車……実は問題だらけ!

男性差別(男性を悪者にしようとしている)

女性専用車両の一番の問題点は、痴漢対策ではなく男性対策(男性差別)になっていることです。

なぜなら、痴漢ではなく男性を乗せないようにしているからです。これのどこが問題なのか、わかりますでしょうか?

例えば、あるお店で女性による万引きが多発しているからといって、女性全員の入店を拒否してはいけません。一部の中国人のマナーが悪いからといって、中国人全員の入店を拒否してはいけません。

なぜなら、連帯責任になっているからです。連帯責任の考え方は理不尽なのでダメです。

では、女性専用車両はどうでしょうか?

痴漢のほとんどは男性ですが、ほとんどの男性は痴漢ではありませんよね。ですから、男性を乗せないようにするのは明らかに間違っています。

男性と痴漢のベン図

まあ、法律やルールでは、いつでも誰でも女性専用車両に乗ることができるので、女性専用車両そのものは男性差別になっていません。

しかし、男性(に見える人)に声掛けをして、「女性専用車両に乗らないでください。ご協力を……。」などとお願いするのが、今の日本では頻繁に起こっています。

これが不当な男性差別です。こんな男性差別が、日常的に発生しているのです。ひどい話ですよね。

「痴漢対策」はしても良いですが、「男性対策(=男性差別)」をしてはいけません。男性だからという理由で排除しようとするのも、痴漢かもしれないからという理由で排除しようとするのも、極めて失礼な言動です。

痴漢対策は良いが、男性対策は悪い。

この意味がわからない場合は、次の記事を参考にしてください。

ご協力をお願いされた男性の方も、「わかりました。」と差別に協力するのではなく、「男性差別はやめてください!」と抗議しましょう。

はっきり言って、今の日本で常識とされている人権感覚はおかしいです。

※公営企業でも民間企業でも「不当な差別」をしてはいけません。

女性差別(女性を弱者にしようとしている)

男性差別があるということは、女性差別もセットで存在します。

女性専用車両が「痴漢被害に悩む女性のシェルター(避難所)」として存在し続けているのであっても、大問題です。

それは、「女性は守られるべき」、「女性=弱者」といった差別意識を(女性専用車両が)人々に与えているからです。女性専用車両以外にも、そういった差別意識を与えるものがありますが、ここではその説明を省略します。

これでは、「女性だけに優しく振る舞う男性」や「守ってもらうのが当たり前だと勘違いをする女性」が増加してしまうことになります。

女性を弱者扱いするのは「女性差別」であり、女性に失礼です。

不適切な表示と対応

女性専用車両のステッカーには、「Women Only(女性専用)」と書いてあります。これは日本語的に「嘘」ですよね。

こうした嘘の表示をしていることや、「(女性専用車両に)ご協力をお願いします。」といった声掛けやアナウンスをしていることも、問題点として挙げられますね。

ルール上は「任意協力(乗るかどうかは個人の自由)」ですが、駅員さんや乗務員さんによるしつこい声掛けは、女性専用車両に乗らないように「強制」しているようなものです。

これでは、男性差別の問題に加え、「男性は乗れない」と勘違いをした乗客がトラブルを起こしてしまう可能性が生じます。

実際に、そういったトラブルはたくさん(最低でも数百件は)発生しています。

それなのに、鉄道会社はこの状況を改善しようとしません。一体、何を考えているのでしょうか……?

「専用」という言葉の意味と、「任意協力」というルールが矛盾しています。ひどい話ですよね。

※「男性は乗れません。」と嘘をつく駅員さんや乗務員さんがいらっしゃいます。この場合(差別する+嘘をつく)は、特に悪質だといえます。

セクシャルマイノリティーをないがしろにしている

人口の約8 (%) は「セクシャルマイノリティー」という少数派(マイノリティー)です。LGBTもその仲間です。

心の性別と体の性別が一致している方を「シスジェンダー」といい、心の性別と体の性別が一致しない方を「トランスジェンダー(T)」といいます。

人の見た目だけでは、心の性別は分かりません。……だからといって、本人に「心の性別は?」と聞くのは、極めて失礼なことです。

性差別の問題だけではなく、セクシャルマイノリティーにも考慮をすると、男性(に見える人)に声掛けをするのは、やはり不適切だということが分かります。

次の表はLGBTのまとめです。

名称体の性別心の性別恋愛対象
シスゲイ
シスヘテロ
MtFヘテロ
MtFビアン
シスバイ男女
MtFバイ男女
シスビアン
シスヘテロ
FtMヘテロ
FtMゲイ
シスバイ男女
FtMバイ男女

痴漢対策に効果がない

痴漢被害者の大半は「10代から20代の女性」です。しかしながら、女性専用車両には、痴漢被害に遭いにくいような女性も多く乗車しているので、痴漢対策の効率が悪いです。

また、痴漢被害に遭いにくいような女性の中には、「男性の目を気にせず化粧ができる」、「居眠りしやすい」といった自己中心的な理由で女性専用車両を利用している方がいらっしゃいます。

さらに、男性も痴漢被害に遭うことがありますので、本当に痴漢対策をする気があるのなら、そうした方々のことも考慮しなければなりません。

……それ以前に、女性専用車両から痴漢を追い出したとしても、他の車両で痴漢事件が発生しますよね。つまり、痴漢の被害者が変わるだけなので、「女性専用車両は痴漢対策に効果がない」ということがいえます。

「女性専用車両に乗っている人だけが助かれば良い」なんてことを、考えている人はいないと思いたいところですが……。

真実から目を背けていてはダメですね。

※女性専用車両を導入しても、痴漢犯罪の件数がほとんど変化していないことからも、女性専用車両は痴漢対策に効果がないことが分かります。

痴漢冤罪対策にも効果がない

男性を女性専用車両に乗せないようにしても(追い出しても)、他の車両が混雑しているため、痴漢冤罪対策にも効果がありません

女性専用車賛成派の中には、「男性にもメリットがあるのになぜ反対するのか……?」などと主張する人もいますが、男性にとってのメリットは1つもありません。

そのメリットとして「痴漢冤罪対策」を挙げる方が大半なのですが、先程も書いたように、車両内が混雑している限り、痴漢冤罪対策としての効果は期待できません

じゃあ冤罪対策をどうすればよいのか……ですが、これは混雑する時間帯を避けて乗車することがベストですね。

男女対立を助長する

性差(男女の向き、不向きの差)を認めることは大切ですが、「男女平等」であるべきです。今の日本は、昔と比べたらマシ……という程度ですね。決して、男女平等ではありません。

昔の日本では、男性が危険な仕事ばかりを押し付けられる一方で、女性は大した仕事をさせてもらえませんでした。

女性専用車両に乗ることによって安心感が得られるということは、「男性を信用していない」、「男性を敵視している」といった、男性に対する差別意識を持っているということです。

当たり前のことですが、全ての男性が痴漢(またはその予備軍)というわけではありません。ほとんどの男性は痴漢ではないのです。

ほとんどの人は(法律上)善人。

しかしながら、このような当たり前のことが理解できていないと、「男のくせに……」、「女性は弱者だから……」といった差別意識と差別的言動につながります。

電車内は(風呂場のように)なんでも露出するような場所ではありませんから、男女を分けようとするのではなく、「男女混合」にしておくことが(男女対立を少しでも緩和するためにも)望ましいということです。

たまに、風呂場と女性専用車両を同列に語る人がいますが、明らかに勉強不足です。

男性と女性の距離を離しても、良いことはありません。男女で憎み合うべきではありません。性別で判断するのではなく、個別で判断すべきなのです。

ですから、「男性だから痴漢しそう」という考えは捨てましょうね。

日本の人権意識が疑われる

先進国で「女性専用車両」がある国は、(宗教上の理由を除き)ほとんど存在しません。

先進国の常識では「女性専用車両は性差別である」とされています。はっきり言って、日本の差別(人権)に対する常識はおかしいです。常識よりも良識を持ちましょう。

さて、2020年の夏には東京オリンピックが開催される予定ですが、日本に訪れた外国人は「Women Only」の表示を、どう受け止めるのでしょうか……?

外国人の中には、「郷に入っては郷に従え」という考え方をしている方もいますが……。

差別便乗問題

鉄道会社が「女性専用車両」という名称のサービスを実施していることに便乗して、一部の施設や店では、女性専用席や女性割引が実施されています。

民間企業でもそうなのですが、女性のみをターゲットにしたサービスをよく見かけます。しかし、そのほとんどは道徳的にアウトです。

例えば、女性専用旅館、女性専用ホテル、女性専用ジム……などですね。

こんなサービスを、テレビ番組で堂々と宣伝できること自体がおかしいのです。

こうした、差別的なサービス(営業方針)が拡散していくことは問題だといえます。

ここで、「え? どこが問題なの?」と思った方は、マスメディアなどにかなり洗脳されていますので、危険な状態だといえます。気をつけましょう。

民間企業の戦略であっても、不当な差別はNGですよ!

差別反対派の駅員さんや乗務員さんがかわいそう

駅員さんや乗務員さんは、裏マニュアルや上からの命令で、「男性への声掛け」や「女性専用車両のアナウンス」を行っている場合が多いです。

差別に反対したいと思っている駅員さんや乗務員さんもいらっしゃるのでしょうが、上からの命令には逆らえず、仕方なしに差別をしてしまうことがあります。

まあ、意思がどうであろうと、不当に差別したらダメですが……。

私の感覚では、ブラック企業です。不当な差別が仕事内容の一部なのですから。

混雑差

女性専用車両に男性を乗せないようにすることで、男性が女性専用車両以外の車両に乗車し、女性専用車両以外の車両が混雑する問題が生じています。

私は混雑する時間帯の電車を利用しないのでよくわかりませんが、よく利用する方の話によると、女性専用車両だけ(比較的)空いている状況が多いようですね。

混雑するということは、痴漢される可能性も上がるということです。恐ろしいですね。

そうしたことがあるので、大きなイベントなどでかなりの混雑が予想される日は、女性専用車両の名称を解除する場合があるようです(笑)。「女性専用車両の存在意義は痴漢対策である」というのがウソなのは明白ですね。

選挙対策と広告収入で廃止できない(?)

ほとんどの方は、「痴漢対策」という大義名分に騙されています。私も子供の頃は、違和感を持ちつつも騙されていました。

実は、女性専用車両は、公明党の「選挙対策」で導入されました。これは、あまり有名な話ではありませんね。しかし、これが真実です。

また、鉄道会社は「女性専用車両限定広告」で広告収入(通常広告の2倍近くの収入)を得ています。2倍近くなので、短期的に見ると大した収益にはなりませんが、長期的に見るとかなりの収益になります。

そうした政治的な事情や収益的な事情があり、女性専用車両に関する苦情への対応は「その場しのぎ」となっています。

男性の人権なんて、鉄道会社にとってはどうてもよいのです。非常に腹立たしい話ですね。

ここまでくると、鉄道会社は女性専用車をやめられないのでしょうね……。

おわりに

……このように、女性専用車両には問題点がたくさんあります。これで、女性専用車両の主な問題点は、大体説明できたと思います。

勘違いされては困るので書いておきますが、私は痴漢対策には賛成しています。しかし、女性専用車両のような(問題だらけの)男性対策には反対しています。

正直なところ、「こんなデメリットだらけの女性専用車両は早く廃止しろよ!」と思っておりますが、鉄道会社にその気はないようですね。

もっと多くの方が声を上げないと、女性専用車両の廃止は非常に難しいのかもしれませんね。また、鉄道は不買運動が難しいくらい便利なものですし……困りましたね。

次の記事は関連記事です。よろしければご覧ください。

これで、女性専用車両反対派の意見がよく伝わったと思います。

もし、「この説明がよくわからない」といった部分があれば、お問合せフォームから問い合わせてください。

また、私はTwitterをしておりますので、「こいつ面白いな」と思った方は、ぜひ覗いてみてください。


 

みなためじゃんけん

 

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

 

私が出したのは……





 

グーでした! パーの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

道徳と社会問題カテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集