【1分でわかるPHP】for文でループ処理をしてみよう

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

この記事では、PHPのfor文でループ処理をする方法について、説明しています。

もちろん、無限ループだとプログラムが終わらず危険なので、ループ回数も決められます

それでは、forの文法を確認していきます。

forの文法

for文の文法!
for(初期値; ループ継続条件; 毎ループ終了時の処理)
{
ループ内の処理
}

これだけを見ても意味不明だと思いますので、実際の例で理解していきましょう。

forを使ったプログラム例

ソースコード1

<?php

for($n=0; $n<3; $n=$n+1)
{
  echo "おはようございます!";
  echo "<br>"; //改行
}

?>

初期値(スタートしたときの値)が、n = 0です。

ループ継続条件はnが3未満のときです。つまり、ループ終了条件はnが3以上(3も含む。)になったときですね。

そして、1つのループが終了するごとに、n + 1されていきます。

1回めのループではn = 0、2回めはn = 1、3回めはn = 2なので、このfor文では3回ループすることになります。

実行結果1

おはようございます!
おはようございます!
おはようございます!

ループ内にある「おはようございます!」が3回表示されていますね。

それでは、次のプログラムを見ていきます。

ソースコード2

<?php

for($n=1; $n<=10; $n=$n+1)
{
  echo "$n";
  echo "<br>"; //改行
}

?>

1から10までの整数値を表示していくプログラムです。

初期値がn = 1で、nが10より大きくなればループ終了ですね。

実行結果2

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

1から10までの値が、しっかりと表示されています。

これが、for文の基本です。実際に使ってみることで、理解を深められると思います。

このページのソースコードの丸パクリでも良いので、ぜひ、for文を使ってみてください。

今回はここまでです。皆さん、お疲れさまでした。


みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





パーでした! チョキの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集