【ネタバレなし】アニメ『鬼滅の刃』 を全話視聴した感想と紹介! 【ネタバレなし】アニメ『鬼滅の刃』 を全話視聴した感想と紹介! – みなためラボ

【ネタバレなし】アニメ『鬼滅の刃』 を全話視聴した感想と紹介!

文字サイズ

はじめに

みなため

どうも! みなため(@MinatameT)です。

私はホラー系が大好きでして、ハラハラドキドキするようなアニメを見ることが多いです。

そんな私ですが、アニメ『鬼滅の刃』を全話視聴しましたので、その紹介をするために感想を書きました!

アニメ情報

  • アニメタイトル:鬼滅の刃
  • 原作者:吾峠 呼世晴
  • 制作会社:ufotable

アニメのタイプ

  • 難解さ:ストーリーの理解の難しさ。内容の理解が難しく、考察することが多いアニメほど5に近づく。
  • テンポ:ストーリー展開の平均的な速さ。展開が速いアニメほど5に近づく。
  • SF要素:ストーリーや世界観のSF要素の強さ。現実から遠いアニメほど5に近づく。
  • グロ:残虐描写の多さや強さ。グロいアニメほど5に近づく。
  • エロ:性的描写の多さや強さ。エロいアニメほど5に近づく。
  • ギャグ:笑わせる要素の多さや強さ。ゲラゲラと笑えるアニメほど5に近づく。

以下、感想と紹介です。

重大なネタバレは一切ありませんので、ご安心ください! ただし、アニメ公式サイトに掲載されている情報が、多少含まれていることはあります。

総合的な感想とおすすめポイント

アニメタイトル(『鬼滅の刃』)で察した方もいるかもしれませんが、これは鬼を刃で殺していくアニメです。

そう聞くと恐ろしい内容に感じてしまいそうですが、私は「家族愛」と「優しさ」があふれるアニメだと思いました。

主人公・炭治郎(たんじろう)は、優しさあふれる少年です。人生を何周かしているような情の厚さです(笑)。

こう書くと、「仲間思いなんだろうなあ」と思われるかもしれませんが、炭治郎はそのレベルを超えています。家族や仲間だけに優しいというわけではなく、なんと、敵にも優しいのです!

「いやいや、敵に優しいのはダメでしょ!」という意見もあるかもしれませんが、その点は心配ご無用です。

アニメタイトル(『鬼滅の刃』)からは想像できないと思いますが、とにかく、「優しさ」を強く感じるアニメだということはお伝えしておきます!

正直に言うと、私は流行モノに興味がないタイプで、視聴前はあまり期待していませんでした。

……しかし、第1話の時点で一気に引き込まれ、「これはすごい! 続きが見たい!」と思うようになりました。最終話を見終える頃には、完全にファンになっていました(笑)。

社会現象になるのも納得できるアニメです。本当に良いアニメに出会えました。

それでは、このアニメのおすすめポイントを並べておきます。

  • 主人公・炭治郎などの優しさを感じることが多い!
  • 鬼との熱いバトルシーン! かっこいい技!
  • わかりやすいストーリーと圧倒的な作画!

世界観の設定とネタバレ回避したあらすじ

舞台は、大正時代の日本です。キャラクターの名前も、大正時代らしいものです。

鬼が出てきたりしますし、人間の身体能力が体操選手を超えているレベルなので、そのあたりはファンタジー感があります。ただ、異世界が出てきたり、魔法で生き返るような「西洋ファンタジー」の要素はありません。

あらすじは、主人公・炭治郎があることをきっかけに、鬼を殺すための修行に出ることになり……というものです。

ストーリーはわかりやすく、説明もていねいです。グロテスクなシーンはありますが、子供でもわかる親切な内容になっています。

鬼を殺すアニメだが……

確かに、鬼滅は「鬼を殺すこと」が重要なアニメです。それだけを聞くと、ただのグロアニメだと誤解されそうなので、ちょっとだけ補足説明しておきます。

鬼を殺していくのは事実ですが、ストレス発散や趣味で殺しているわけではなく、殺さなければいけない理由があります。

基本的に、鬼は人を殺そうとします。つまり、人類の敵であり脅威です。鬼を殺す人たちには守りたいものがあり、使命感をもって命がけで戦っているわけです。

ハイレベルな作画

このアニメは、作画のレベルが非常に高いです。

作画崩壊を気にせず、安心して楽しめるクオリティーです。自然の風景もキャラクターも、すごくきれいに感じました。

こうした意見は私以外の方々も言っていて、作画に関してはほぼ満場一致の高評価を受けています!

説明が多い

これは賛否両論なのですが、鬼滅は説明がけっこう多いアニメです。

ナレーションやキャラクターの心の声で数分使うことも珍しくありません。

こうしたていねいな説明や心理描写のおかげで、わかりやすいストーリーになっています。私は理解力が低いので、ていねいな説明があると助かります(笑)。

しかし、説明が多いことで、テンポが悪く感じてしまうときもありました。これが、人によっては合わない可能性があります……。

独特な鬼滅ギャグ

これも賛否両論ですが、鬼滅はギャグの入れ方がやや個性的です。

戦闘中でもギャグを普通に入れたりしますので、それが「鬼滅らしさ」をアップさせていると考えられます。

ただ、シリアスなシーンで急に笑わせるような展開を入れると、これまでの雰囲気が一旦壊れてしまうのは事実です。

イメージとしては、しょうゆラーメンを食べている最中に、小さなショートケーキを試食するようなものです(?)。これが苦手な方は、鬼滅ギャグをはさむことに否定的なのでしょうね……。

私も最初は(シリアスとギャグの)温度差にビックリしましたが、「これはこれでありかな」と思うようになりました(笑)。

まあ、徐々に慣れてくるものですよ(笑)。

まとめ

私は「家族愛」と「優しさ」があふれるアニメだと思いました。

小学生や中学生に聞いたら、「バトルが面白い!」、「~の技がかっこいい!」という感想が多くなると思いますが、それも全然間違ってはいません。確かに、戦闘シーンは熱いですし、キャラクターの技は個性的で美しいものが多いです。

しかし、感動的な展開もちゃんとありますので、キャラクターの感情に共感するような楽しみ方もできますよ!

複数の楽しみ方ができる……だからこそ、幅広い世代に人気のアニメなのでしょうね!

以上、アニメ『鬼滅の刃』を全話視聴した感想でした!

キャラクター

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

関連記事

この記事をSNSでシェアする

 

アニメカテゴリーの最新記事(5件)

管理人のTwitter

Tweets by MinatameT

内部リンク集

広告枠のレンタルの詳細はこちら!
記事作成のご依頼の詳細はこちら!