【よくわかる】パーセント計算のやり方(例題あり)

文字サイズ 

はじめに

どうも! 高杉 皆為(@MinatameT)です。

何かの機会で、パーセント計算をすることがよくありますよね。例えば、ゲームのプログラミングや買い物のときなどです。

そこで、電卓を使ってパーセント計算ができるように、この記事でそのやり方を説明しています。

暗算が得意な方は電卓不要な場合が多いでしょうが、私のように暗算が苦手なタイプの方は電卓が必須です。したがって、この記事では電卓を使用する前提で、パーセント計算の方法を説明していきます。

パーセント計算には、主に次の3つの種類があります。AとBとCには何かの数字が入ると思ってください。

パーセント計算の種類
  • Aの中のBは何パーセント?
  • AのCパーセントは?
  • CパーセントがBなら100パーセントは?

すべての種類の説明を順番にしていきますので、必要なところだけ読んでいただくと良いですね。

それでは、計算方法を順番に確認していきます。

Aの中のBは何パーセント?

Aの中のBが何パーセントであるかを求めるには、次の計算式を使います。

Aの中のBは何%?( B ÷ A ) × 100

この式を分数に直すと、次のようになります。

(B/A)*100

まずは、B ÷ A を計算します。そして、その結果を100倍すればOKです。

例えば、500の中の120が何パーセントであるのかを考えてみます。500がAで、120がBです。

例題1のイメージ図

まず、B ÷ A を計算するので、120 ÷ 500 = 0.24 となります。これを100倍すると、24になります。よって、24パーセントが答えです。

その他の例題(確認問題)は最後に用意していますので、後で実際に計算してみましょう。

AのCパーセントは?

AのCパーセントを求めるには、次の計算式を使います。

AのC%は?A × C × 0.01
A*C*0.01

この計算には分数が出てこないので簡単ですね。A × C の結果を 0.01倍すればOKです。

例えば、2020の80パーセントを考えてみます。2020がAで、80がCです。

例題2のイメージ図

まず、A × C を計算するので、2020 × 80 = 161600 となります。これを0.01倍すると、1616になります。よって、1616が答えです。

その他の例題(確認問題)は最後に用意していますので、後で実際に計算してみましょう。

CパーセントがBなら100パーセントは?

CパーセントがBのときの100パーセント(全体)を求めるには、次の計算式を使います。

C%がBのときの全体は?( B ÷ C ) × 100

この式を分数に直すと、次のようになります。

(B/C)*100

まずは、B ÷ C を計算します。そして、その結果を100倍すればOKです。

例えば、50パーセントが19のときの100パーセント(全体)を考えてみます。19がBで、50がCです。

例題3のイメージ図

まず、B ÷ C を計算するので、19 ÷ 50 = 0.38 となります。これを100倍すると、38になります。よって、38が答えです。

それでは、以下は確認問題集です。

電卓の準備はよろしいでしょうか?

パーセント計算の確認問題集

問題編

【1】次のそれぞれの場合について、Aの中のBが何パーセントであるのかを求めましょう。

(1)150の中の50が何パーセントであるのかを求める場合
(2)900の中の610が何パーセントであるのかを求める場合
(3)3000の中の800が何パーセントであるのかを求める場合

【2】次のそれぞれの場合について、AをCパーセントにしたときの値を求めましょう。

(1)120を50パーセントにしたときの値を求める場合
(2)720を75パーセントにしたときの値を求める場合
(3)55を250パーセントにしたときの値を求める場合

【3】次のそれぞれの場合について、CパーセントがBであるときの100パーセント(全体)の値を求めましょう。

(1)40パーセントが390であるときの100パーセントの値を求める場合
(2)25パーセントが640であるときの100パーセントの値を求める場合
(3)125パーセントが1080であるときの100パーセントの値を求める場合

解答編

【1】次のそれぞれの場合について、Aの中のBが何パーセントであるのかを求めましょう。

(1)150の中の50が何パーセントであるのかを求める場合

まずは、B ÷ Aを計算します。
すると、50 ÷ 150 = 0.333です(小数第3位までの表示)。
それを100倍するので、33.3となりました。
したがって、答えは33.3 (%) です。四捨五入すれば、33 (%) となります。

(2)900の中の610が何パーセントであるのかを求める場合

まずは、B ÷ Aを計算します。
すると、610 ÷ 900 = 0.678です(小数第3位までの表示)。
それを100倍するので、67.8となりました。
したがって、答えは67.8 (%) です。四捨五入すれば、68 (%) となります。

(3)3000の中の800が何パーセントであるのかを求める場合

まずは、B ÷ Aを計算します。
すると、800 ÷ 3000 = 0.267です(小数第3位までの表示)。
それを100倍するので、26.7となりました。
したがって、答えは26.7 (%) です。四捨五入すれば、27 (%) となります。

【2】次のそれぞれの場合について、AをCパーセントにしたときの値を求めましょう。

(1)120を50パーセントにしたときの値を求める場合

A × C × 0.01を計算すれば、答えが求まります。
すると、120 × 50 × 0.01 = 60となりました。
したがって、答えは60です。

(2)720を75パーセントにしたときの値を求める場合

A × C × 0.01を計算すれば、答えが求まります。
すると、720 × 75 × 0.01 = 540となりました。
したがって、答えは540です。

(3)55を250パーセントにしたときの値を求める場合

A × C × 0.01を計算すれば、答えが求まります。
すると、55 × 250 × 0.01 = 137.5となりました。
したがって、答えは137.5です。

【3】次のそれぞれの場合について、CパーセントがBであるときの100パーセント(全体)の値を求めましょう。

(1)40パーセントが390であるときの100パーセントの値を求める場合

まずは、B ÷ Cを計算します。
すると、390 ÷ 40 = 9.75です。
それを100倍するので、975となりました。
したがって、答えは975です。

(2)25パーセントが640であるときの100パーセントの値を求める場合

まずは、B ÷ Cを計算します。
すると、640 ÷ 25 = 25.6です。
それを100倍するので、2560となりました。
したがって、答えは2560です。

(3)125パーセントが1080であるときの100パーセントの値を求める場合

まずは、B ÷ Cを計算します。
すると、1080 ÷ 125 = 8.64です。
それを100倍するので、864となりました。
したがって、答えは864です。

お疲れさまでした。最終的には、(式を見ずに)電卓ですぐにパーセント計算ができるようになると良いですね。

以下、関連記事です。この記事よりも簡単な内容です。


みなためじゃんけん

このコーナーは、私と擬似的にじゃんけんできるコーナーです。

みなためじゃんけん、じゃんけんぽん!

私が出したのは……





パーでした! チョキの勝利です!



この記事をSNSでシェアする

プログラミングカテゴリーの最新記事(5件)

最新記事(10件)

管理人のTwitter

内部リンク集