【プロセカ】筆者が考えた難易度26から29楽曲のクリア難易度表 【プロセカ】筆者が考えた難易度26から29楽曲のクリア難易度表 – みなためラボ

【プロセカ】筆者が考えた難易度26から29楽曲のクリア難易度表


文字サイズ

はじめに

みなため

どうも! みなため(@MinatameT_Games)です。

この記事では、『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク(以下、プロセカ)』についての主観的な意見を掲載しています。

まず、難易度の表記は次のようにします。

EAEASY(イージー)
NONORMAL(ノーマル)
HAHARD(ハード)
EXEXPERT(エキスパート)
MAMASTER(マスター)

私の実力はあまり高くありませんが、こうした場でクリア難易度を語るためにも、マスター譜面の半分以上は頑張ってフルコンしました。

ちなみに、私のライブ設定は次のとおりです。

ライブ設定
  • ノーツの速さ:10.7
  • 背景の明るさ:50 (%)
  • レーンの不透明度:100 (%)
  • カットイン演出:OFF
  • スキル・活躍表示:OFF
  • 同時押しライン:ON
  • モード設定:軽量

では、そんな私が考えた「プロセカの楽曲レベル26から29のクリア難易度表」をお見せします! 攻略情報っぽく、表の中では常体で説明させていただきます。

キャラクター

体感難易度には個人差があります。クリア難易度表は、筆者の主観が丸出しであることをご了承ください(笑)。

公式楽曲レベル26のクリア難易度表

この楽曲レベルからは、マスター譜面も加わります。最高難易度の譜面が仲間入りしてくるということは、それなりの高難易度帯だということです。そんなわけで「26の壁」を感じるプレイヤーが多いと思いますが、めげずに挑戦していきましょう!

難易度楽曲名楽曲
レベル
譜面についての簡単な説明
MA自傷無色25.3逆詐称。「そんな世界だったらいいのにな」、「そんなうれしいことはないな」のクネクネスライドと、800コンボめ以降の波打つダブルスライドは、外側寄りのレーンを長押ししているだけで取れる(省エネ取り)。しかし、愚直にしっかりとなぞったほうが確実なので、不安なら見た目通りにスライドしよう。
MA独りんぼエンヴィー25.5トリッキーな譜面で、人によっては難化。素早い連打を要求されるところが3箇所あるものの、クリア難易度でいえば簡単。左右で異なるサイズのノーツが降ってくることが多く、見た目的にやや混乱しやすい。そのため、慣れるまではクリアが安定しないかもしれない。時間効率は最強クラスだが、その分、獲得できるイベントポイントは少ないことに注意。
EXミルククラウン・オン・ソーネチカ25.6連打譜面。叩きやすい素直な譜面なので、エキスパートのレベル26の入門として良い。ただし、曲が長いので、それなりの集中力が必要。個人的には、ストレスなくドコドコ叩ける良い譜面だと思う。マスター譜面はどうしてああなった……。プレイ動画はこちら
MATell Your World25.6レベル26にしては易しめ。マスター譜面の入門的存在。(マスターにしては)簡単な混合フレーズの、良い練習になる。激しくクネクネしているスライドは、ちょうど中央のあたりを長押ししていればOK。スーパーフィーバーの成功率は高め。
MA「1」25.7一部の精度が取りにくいが、クリア難易度自体は易しめ。凡ミスしやすく、コンボは切れやすい気がする。「この目で」の縦連は、片手でゴリ押しできる。スライドが外れる場合は、指を動かしすぎている可能性がある。時間効率はなかなか良い。
MAアイノマテリアル25.7初見時の難易度は高め。ノーツ配置だけを見ると難しく感じるが、低めの密度に救われている。一部認識難があるものの、「同時押しと単押しを繰り返している」などのパターンが理解できれば、対処しやすい。「抱きしめて」の連打は、左右交互ではなく「左手スタートの3連打」を2回繰り返していることに注意。「いいから」の連打は、右手スタートの3連打を2回繰り返す(後半の連打では1打増えているのだが、見れば普通に叩けるもの。)。「甘えてほしいの」のタップノーツは、全部左手で取るのがおすすめ。
EXステラ25.8レベル26にしては易しめだが、フリックが苦手だと難化。Bメロで忙しくなるものの、ノーツ配置は良心的なので、落ち着いてプレイすればきっと大丈夫。「一瞬を」のクネクネスライドは、中央あたりを長押ししていればOK。Bメロ(フィーバーチャンス区間)が難しめなので、スーパーフィーバー発動率はかなり低め。プレイ動画はこちら
EX脱法ロック25.8個性的なスライドがよく出てくる譜面。大した物量はなく、テクニック系に近い。ダブルスライドの片側は終点フリックだが、もう片側は普通の終点(緑色)……という配置がある。注意すべき点は、普通の終点(緑色)をフリックすると、MISS判定になってしまうこと。プレイ動画はこちら
MAカナデトモスソラ25.9人によっては易化する。少し弱くした『Gimme×Gimme』のEXPERT譜面という印象。ノーツ密度は低めだが、運指難の部分があるので気をつけたいところ。認識難ということはないのだが、縦連の部分はノーツが詰まって見えるので、認識のミスが起きやすい。
EXチュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!25.9「中央レーンのノーツをどちらの手で叩くのか」と迷うようなノーツ配置が出てくるが、左右交互で取れる。アップテンポな楽曲で忙しめだが、ノーツ配置は良心的なのでクリアは簡単な方だと思う。個人的には、ノリノリで叩ける楽しい譜面。プレイ動画はこちら
MAハロ/ハワユ25.9序盤は簡単。「昔のアニメに」あたりから運指力が重要になってくる。……とはいっても、この程度ならスピードでゴリ押しできるので、クリア自体は難しくない。この譜面の縦2連(微縦連)は、同じ指で取ったほうがやりやすい。
EX天使のクローバー26.0標準的なレベル26譜面。「勇気を出して」のところからサビ入りまで、フリック混じりの連打が忙しめ。アウトロはイントロの強化版なので、イントロが余裕で叩けないプレイヤーには厳しい。「クローバー」のところで、クローバー型のスライドが来るのが面白い。プレイ動画はこちら
EX命に嫌われている26.0標準的なレベル26譜面。イントロ、Aメロ、アウトロは、小さめのノーツで構成されているので、苦手な人は要注意。Bメロの「走った。」の部分は、16分乱打ではなく、3連打を2セット。プレイ動画はこちら
MAfrom Y to Y26.0単押し直後の同時押しがよく出てくる。これよりも少し難しい、『Gimme×Gimme』のエキスパート譜面で慣れておくと良い。軽い認識難があるが、初見でも対応できないほど難しいものではない。「未来」のところで「FUTURE」の文字を表現していたり、「願い」のとことで「WISH」の文字を表現しているのが面白い。
EXRAD DOGS26.1標準的なレベル26譜面。特にこれといった難所はないものの、総ノーツ数が1000超えで疲れる。他の譜面でも同じことが言えるが、スライド終点のフリックは慎重にやるべき。序盤のジャラジャラ鳴るスライドは、指の移動が遅すぎても速すぎてもダメなので、譜面をよく見て冷静に対応しなければならない。プレイ動画はこちら
MAalive26.1階段、トリル、乱打など、全体的に連打要素が強め。そのため、連打系が得意な人なら簡単に感じるはず。短ホールドは、タップと同じ扱いでOK。わざわざ「ここは若干長押しして……」と考えると、無駄に疲れてしまう。認識難は軽く、嫌がらせ要素の少ない連打譜面なので、叩いていて爽快感がある。
MAニア26.1最高難易度なので仕方がないが、個人的に「無理やり難しくした感」がある譜面。序盤の赤色フリックと黄色フリックを混ぜてくるところでは、騙されてタップしないように注意。終盤のクネクネスライドは、しっかりとなぞらないとミスになってしまうので、省エネ取りができない(?)。
MAセカイ26.2標準的なレベル26譜面。この楽曲のエキスパート譜面を、そのまま強化した印象。サビ前とラストの連打速度は一定ではないので、16分リズムのままで叩かないように注意。
MAタイムマシン26.2サビ前に認識難のノーツ配置があるが、そこまで強烈なレベルではないので落ち着いてやれば大丈夫。タタッと瞬間的に忙しい連打があるので、連打回数不足でミスにならないように注意。「少しずつ小さくなってく」でノーツサイズが小さくなっていく。
EX霽れを待つ26.3前半はフリック混じりの連打がメイン。全体的に忙しく、疲れる。ごく一部に、認識難なノーツ配置がある。Aメロの部分は、『ぼうけんのしょがきえました!』のエキスパート譜面の難所の良い練習になる。プレイ動画はこちら
EX夜咄ディセイブ26.3そこそこ忙しい譜面。よく出てくる「く」の字のスライドは、指をほとんど動かさなくても取れる。このような「省エネ取り」ができると、攻略が楽になる。ぜひ、覚えて実践してみよう。また、縦2連(微縦連)もそこそこ出てくるが、よほど苦手でなければ取れるはず。プレイ動画はこちら
EXワールズエンド・ダンスホール26.3「C」の字のスライドやスライド終点のフリックが多め。全体的に凡ミスしやすく、フルコンが意外と難しい。また、途中で強烈なトリルが入るため、トリルが苦手な人は要注意。しかも、そのトリル地帯がフィーバーチャンス区間であるため、スーパーフィーバーの成功率は極めて低い。プレイ動画はこちら
EXGimme×Gimme26.4ノーツ密度は高くないものの、楽曲のリズムが独特で精度が悪くなりがち。さらに、運指をミスすると片方の手だけがやたらと忙しくなったりするので、運指テクニックが問われるといえる。ノーツ配置は少し厳しいが、GREATやGOODでもライフは減らないので、クリア難易度だけで見るとレベル26で妥当。プレイ動画はこちら
EX悔やむと書いてミライ26.4サビからノーツの勢いが上がるので、置いていかれないように集中しておこう。ノーツ配置は正々堂々としているので、ストレスなく叩けると感じる。曲が短いので、難しさのわりにはあまり疲れない。プレイ動画はこちら
EX限りなく灰色へ26.4フリックが強力でいやらしい譜面。そのため、フリック系が苦手な人は要注意。ハネリズムのため、精度が悪くなりやすい。ちょっとだけ認識難の部分もあるが、この譜面に関しては問題なく叩ける人が多いだろう。本当に恐ろしいのは、これのマスター譜面である。プレイ動画はこちら
MAECHO26.5遊び心のある譜面で、慣れるまでは大変。「IDK(アイドンノウ)」のスライドでI、D、Kの文字を表していたり、「ECHO」で心電図のような形のスライドが出てきたりする。認識難であり、大きめのノーツなのか、同時押しノーツなのかわかりづらいところがある。また、スライド終点のフリックがたくさん出てくるが、これは「やや遅めのフリック」を意識して処理しよう。
MAメルティランドナイトメア26.5テクニック系譜面。人によってはやや難化。指が忙しくなりがちな譜面。ノーツの大きさが豊富なので、認識が難しい部分もある。「驚く顔なら」と「いっつもそういう」のところのクネクネスライドは、始点のレーンを押しっぱなしにしておけば省エネ取りできる。「時間すら 止まったら」のところは、片手でやらずに、左右の指を使ってトリル感覚で叩けば良い。
EXぼうけんのしょがきえました!26.5Aメロの「遭遇」と「so good」のスライドは、くねくね動かす必要はない。長押しで取れる。また、「王」の形の巨大なスライドは、レーンの中央を長押ししていればOK。「おお、神様、今僕に力をください」から難易度が急上昇し、コンボが切れる人が続出する。ここは少々忙しいが、譜面をスローで確認すれば、あまり難しい動作は要求されていないことがわかるはず。安定してクリアできるようになれば、楽しくプレイできる譜面だと思う。プレイ動画はこちら
EXモア!ジャンプ!モア!26.6アップテンポな楽曲で、(休憩地帯はあるものの)勢いが強く疲れる譜面。体力勝負。階段配置がよく出てくるので、運指で混乱しないように注意。特に終盤は黄色のフリックとタップを間違えないように、ノーツの種類を正確に認識する力が必要。黄色のタップノーツはフリックしても取れるのだが、そうした力技はなかなか大変……。プレイ動画はこちら
EXジャンキーナイトタウンオーケストラ26.6序盤はあまり難しくないが、最初のサビ終わりから難化する。ピアノの最初の連打地帯は、左右交互で叩いていけば良い。しかし、次の連打地帯は一部階段状になっており、左手で素早く2連打し、右手で素早く2連打……というコンボを決めていく必要がある。その後は、ミラー(反転)階段も来るので要注意。スーパーフィーバーの成功率は高め。プレイ動画はこちら
EXジャックポットサッドガール26.7クセが強めの譜面。楽曲はハネリズムで、長さはかなり短め。最初から殺意がやや高めだが、正確なリズムをつかむのが難しいだけであって、GOOD以上の判定は出しやすい。中央のレーンのノーツを叩く手が頻繁に変わる部分があり、そうした運指の工夫が苦手な人にとっては地獄そのもの。スーパーフィーバーの成功率は高め。時間効率が非常に良い。プレイ動画はこちら
EXローリンガール26.7得意不得意が大きく分かれそうな個人差譜面。全体的になかなか忙しく、ノーツ数は多め。疲れる。素早い混合フレーズが特徴的で、スライドは「C」の形をしているものがよく見られる。少し油断していると譜面に置いていかれるので、最後まで気が抜けない。プレイ動画はこちら
EX裏表ラバーズ26.8レベル26上位。物量系の乱打譜面。リズムは素直でわかりやすいのだが、連打がとにかく続く。リズムが一度崩れてしまうと、その直後も連続でミスしやすく、危険な譜面であるといえる。疲れる譜面であるため、プレイヤーのそのときの調子によっては、ハード譜面に逃げたほうが良い。プレイ動画はこちら
EXポジティブ☆ダンスタイム26.9レベル26上位。レベル27でも違和感はなく、実際に「難しい」という意見が多い。全体的に忙しく、フリックでミスしやすい。特に、サビは高速連打からのダブルフリックが容赦なく来るので、そうしたノーツ配置が苦手な人は要注意。プレイ動画はこちら
MAワンスアポンアドリーム27.1レベル26詐称(難易度詐欺)。譜面遊びは面白いのだが、認識難の部分がかなり厄介。譜面遊びは、「夢の中だ」でZZZを表現したり、「アンテナ」で細いホールドノーツが出てきたり、「ちぐはぐだらけ」で左右異なる形のホールドノーツが出てきたりする。このように、譜面制作者の熱意や愛を感じることができるものの、認識難でストレスを感じるプレイヤーがいるのも事実。特に、終盤の縦連は、楽曲レベル26として通用する配置を超えている気がする。私の場合は、物量系のレベル28譜面よりも、フルコンに時間がかかった。

公式楽曲レベル27のクリア難易度表

この楽曲レベルからは特にやりごたえが出てきて、できるようになれば楽しいです。もちろん、それなりのスピードやテクニックが要求されますから、楽曲レベル26の譜面を安定してクリアできる実力がないと厳しいです。

難易度楽曲名楽曲
レベル
譜面についての簡単な説明
MAon the rocks26.4逆詐称。最初と最後だけフリックが忙しく、初見時は焦ってしまうかもしれない。「交差する」の部分や、緑と黄色のホールドが絡み合う部分は、わざわざ指を動かさなくても取れる。
MAスイートマジック26.5フリックが苦手だと難化。「ミルフィーユ」の巨大なノーツは、指1本で取れるが、同時押ししても構わない。「やだやだやだ」の同時フリックは、矢印の方向にフリックしないとPERFECT判定にならないので、精度を気にしている人は要注意。あと、どうでも良いことだが、ラスサビの黄色のスライドがジャラジャラと鳴って派手である。
EXドクター=ファンクビート26.6リズム難だが、クリアは楽なほう。連続ダブルフリックはやや高速なので、フリックの動作が重い人は苦戦する。また、階段トリルや片手でのリズムキープなど、ある程度のテクニックが要求される。プレイ動画はこちら
MABlessing26.6フリックが忙しいものの、クリア難易度は高くない。緑色のタップノーツが2つ出てくるが、これは通常のタップノーツと同様にタップすれば取れる。序盤の黄色タップと黄色フリックの区別がつきにくい場合は、全部フリックで取れば良い。このように、(比較的)色で混乱させてくる譜面なので、何度もプレイして慣れると楽になる。
MAどりーみんチュチュ26.7全体的に叩きやすい素直な譜面。認識難の要素がなく、直感的に叩けるのが良い。個人的には、「la ta ta ta ta」の部分が楽しい。プレイ時間が長いので、後半の集中力切れに注意。
MAシャルル26.8テクニック系譜面。前半では運指テクニックが試される。スピードに自信のある人はゴリ押しでいけると思われるが、今後のことを考えると、運指力をしっかりと身につけておいたほうが良い。
MA青く駆けろ!26.9エキスパートはボーカル中心のリズムだったが、マスターはピアノのリズムを叩くことが増え、かなり忙しくなっている。そのため、ボーカルだけではなく、ピアノの音もしっかりと聴いてプレイすることで、リズムが分かりクリアしやすくなる。
MAウミユリ海底譚26.9縦連と階段があるが、楽曲のテンポはあまり速くないので、テクニック不足な人でもスピードでゴリ押しできる。……とはいっても、3本指や4本指でプレイできたほうが有利な譜面。
EXそうだった!!27.0クセの強いスライドが目立つが、意外と叩きやすく良心的な譜面。ただ、体感難易度の個人差は非常に大きいようである。EXPERTのレベル27は連打系の譜面がたくさんあり、これも連打系譜面に該当する。連結スライド、トリル、乱打、単押しと同時押しの交互連打が多く、これらがある程度できていないとクリアは厳しい。プレイ動画はこちら
EXトンデモワンダーズ27.0わかりやすい連打譜面。トリルや乱打の良い練習になる。サビのクネクネとしたスライドは、指をほとんど動かさなくても取れる。ラストのトリルはリズム難だが、強く聞こえる音のリズムに合わせて、クリティカル(黄色の)ノーツを右手で取ろう。プレイ動画はこちら
MAHand in Hand27.0フリックがとにかく忙しい。フリックの動作を軽めにすることで、次の動作へとスムーズに移ることができる。ラストの連続交差は、指をあまり動かさなくても良い。
MAツギハギスタッカート27.0フルコン狙いだとストレス譜面。ノーツがとにかく小さいので、狙ったレーンを正確に叩く能力が必須。スライドは積極的に省エネ取りすると良い。同時タップと単フリックの交互で混乱してしまう場合は、単フリックを同時フリックとして処理すれば良い。
MA恋愛裁判27.1リズム難。「難しい」という意見が多く、フルコンは難しめに感じる。細いスライドがコンボカッター。縦2連(微縦連)が多く、疲れているときはシングルタップになりやすい。タタッと、確実にダブルタップしよう。一部認識難のところがあるが、すぐに終わるのでなんとかなる。
EXネクストネスト27.1クセが強い譜面。リズム難で、叩くべきタイミングを覚えていないと厳しい部分もある。物量系ではない。イントロとアウトロの初見時のインパクトは大きく、繰り返しプレイしておかないと慣れない。Bメロがそこそこ難しく、スーパーフィーバー発動率はかなり低め。プレイ動画はこちら
MAJust Be Friends27.1フリックと運指の組み方が非常に厄介。フルコンを狙うのなら、それなりの実力が必要。連結スライド終点のフリックでコンボを切りやすいので、そこはていねいにプレイしたほうが良い。
EXグリーンライツ・セレナーデ27.2小さなノーツがなく認識しやすい譜面なのだが、けっこう忙しい。高速の連打が中心の譜面で、トリルや階段トリルをさばくスキルが必要。ちなみに、サビの「輝く」のスライドエフェクトが、キラキラと輝いている。プレイ動画はこちら
EXテオ27.2正統派の連打譜面。これをプレイすれば、トリルと乱打の実力がある程度わかる。トリルがどうしても難しい場合は、餡蜜(あんみつ:左右交互連打を同時押しとして処理するテクニック)を使う手もある。「難しい」という意見が多いが、ノーツ密度が高いから難しく感じるだけで、実はノーツ配置自体は易しめ。プレイ動画はこちら
MAロミオとシンデレラ27.3認識難がほとんどなく、正統派の譜面だといえる。「キャラメル」のところはキャラメルのような見た目のホールドノーツになっており、「からめる」のところはスライドノーツがお互いに絡み合っている。なぜか、キャラメルノーツの終点がMISS判定になりやすい。
MAアイスドロップ27.3軽い認識難があるものの、それはなんとかなる程度だと思う。ただ、イントロは特に忙しく、上手に脱力してプレイできないと厳しい。イントロの階段のフリックは、フリックしないほうの手で最初に2連打すると、フリックが比較的取りやすくなる。終盤の大きめのフリックは、片手で処理するものなので、間違ってダブルフリックすることのないように気をつけよう。
EXチルドレンレコード27.3高速連打を中心に、総合的な実力のチェック譜面となっている。トリル、乱打、スライド終点のフリックなど、苦手な要素が多いほど難化する。ラスサビのフリックは相当忙しいので、レベル27適正クラスのプレイヤーには大きなダメージが入るかもしれない。プレイ動画はこちら
EXカゲロウデイズ27.4血しぶきをイメージしたフリックが強力な連打譜面。頻繁に出てくる「フリック混じりの同時押し」と「単押し」の交互連打の地帯は、『ぼうけんのしょがきえました!』の難所に似ており、特徴的なスライドは『夜咄ディセイブ』のスライドに似ている。楽曲レベル26上位の譜面を安定してクリアできる実力がないと、クリアはかなり厳しいと思う。ちなみに、歌詞に合わせて、(2021年の)8月15日の12時半に、ゲームに追加された。プレイ動画はこちら
MA愛されなくても君がいる27.4強めのレベル27。階段配置になっている部分があり、2本指プレイヤーだと難化する。序盤と終盤のコーラス部分は、ドラムのリズムを取っているので、ドラムの音をよく聴くとリズムにノリやすい。「ずっと ここで」の直後に、「階段」と「階段トリル」の交互(4ノーツずつ、各2セット)が襲ってくる。ここが最大のコンボカッター。
MAColor of Drops27.4強めのレベル27。序盤の階段トリルからのダブルフリックや、Bメロの階段など、2本指だと忙しいノーツ配置が目立つ。「雫がこぼれ落ちてゆく」で、雫の形のホールドノーツが降ってくるのがエモい。トリル直後の巨大フリックは、直前で叩いていない方の手でフリックすると良い。
MA幽霊東京27.4強めのレベル27。階段配置が目立つので、2本指プレイヤーは不利。しかし、このノーツ密度なら2本指でもスピードでゴリ押しできるので、諦めないでチャレンジしてみよう。ラスサビには軽い認識難があるため、人によっては初見で対応するのが難しいかもしれない。
MAフラジール27.5レベル27強者。運指テクニックがあれば比較的余裕をもってクリアできるが、なくてもスピードでゴリ押せる。楽曲のテンポが速くないので、階段配置も運指を意識せずに直感的に取れる。サビは縦連が混ざってきて難化するが、これも難しく考えずに直感的に叩いていこう。
MA乙女解剖27.5レベル27強者。なかなか忙しいと思う。サビ入りの部分は全部フリックで取れば良い。ただし、「楽になれるかな」のあとの巨大なノーツ(737コンボめ)を同時押しすると、後ろのフリックに判定が届いてしまうので、ここは指1本で取ろう。サビ後半の連打が激しめなので、ここは特に集中すべき。
MAワールドイズマイン27.6レベル27最強格。圧倒的なコンボカッターや認識難があるため、フルコンは非常に難しい。「その一」と「その三」は1本指で取れるが、「その二」は左手、右手という順番で取る必要がある。最大の問題ポイントは、「とろけるプリン」のフリック。ここだけは超忙しいので、間に合わなくてコンボを切らす人が続出。ラスサビは無理やり難しくしたような譜面になっている。ラストの横断スライドは、端のレーンまでしっかりとなぞること。

公式楽曲レベル28のクリア難易度表

この楽曲レベルになると、混乱するようなノーツ配置であったり、指の動かし方のテクニックがいるような譜面が、当たり前のように出てきます。そのため、初見では対応できないこともよくあり、譜面研究や譜面理解をしつつ、繰り返しプレイすることが重要だといえます。

難易度楽曲名楽曲
レベル
譜面についての簡単な説明
MAフロムトーキョー27.0逆詐称。レベル28入門譜面の1つ。一部の巨大なタップノーツが認識難になっているが、実は同時押しでも取れる。交差スライドのところは、持ち替え判定に頼ってプレイするのが圧倒的にラク。楽曲のリズムが独特なので、APはやや難しいかもしれない。
MAアイドル新鋭隊27.1逆詐称。レベル28入門譜面の1つ。最初のスライドで「MORE MORE」と描いている。また、「LOVE」の形のスライドもあるので、お見逃しなく! 「ツンデレ・ガール」と「G・U・T・S」のフリックがなかなか忙しいが、そこを乗り越えられる実力があれば大丈夫。
MAハッピーシンセサイザ27.2逆詐称。フリックで無理やり忙しくしているが、リズムはわかりやすく譜面も認識しやすい。スライドもわかりやすいので、極端に苦手でなければ大丈夫。ただし、スライド終点のフリックが多めなので、雑にやってしまうとミスが続出する。そのため、スライド終点のフリックは確実に取るつもりで、ていねいにプレイしよう。
MAお気に召すまま27.3逆詐称。認識難の要素がほぼなく、非常に素直な譜面。ただし、油断は禁物で、サビ後半から忙しくなる。ギター地帯のスライド移動量に注意。クリアが楽勝な人は、フルコンも近いはず。
MA39みゅーじっく!27.3逆詐称。サビ前もエキスパートとほぼ変わらず、平均的に認識しやすい譜面。ラストのスライドが意外と抜けやすく、若干遅れ気味で動かすとつながりやすい印象。参考にならないプレイ動画はこちら
EXヒバナ -Reloaded-27.3逆詐称。軸の切り替え(同じレーンに降って来るノーツを、右手で叩いたあとに左手で叩くといった動作)があるものの、隣接するノーツのおかげで「どちらの手で叩いたらよいのか」がすぐにわかるので、運指テクニックよりも「スピード」が要求される印象。考えるよりも、直感で動く。ラスサビの1回めの「nanana」の部分は、スライド終点のフリックを安定して取れないと話にならない。ラスサビの2回めの「nanana」に入る部分でコンボを切りやすいが、ここは「階段トリルのあとに片側フリックの同時押し」と意識する。どうしても難しければ、精度(PERFECT判定)を捨てて餡蜜で取っても良い。時間効率はとても良い。プレイ動画はこちら
MAヒビカセ27.4認識難が非常に少なく、譜面研究しなくても叩きやすい易しめの譜面。ただし、小さめのタップノーツがそこそこあるので、レーン意識を高めて挑むと良い。「踊らされ」の階段は、右手で2回、左手で2回叩いてから、右手でフリックするのがおすすめ。AP狙いの場合は、方向指定の小さなフリックに気をつけよう。
MAビバハピ27.4サビから易化する。運指力があれば楽に叩ける部分もあるが、スピードでゴリ押しできるレベルにとどまっている。まあ、マスター上位譜面のことを考えると、運指力を鍛えておいたほうが良いのだが……。スライド終点のフリックをほぼ安定して取る実力や、認識難の譜面でもある程度対応できる実力は必要。また、カバディ地帯は比較的忙しく、苦手にしている人も多い。カバディ地帯や最後の連打などコンボを切りやすい部分が多く、フルコンはやや難しい。時間効率は非常に良い。
MAみくみくにしてあげる♪【してやんよ】27.5初見では特に、序盤でコンボを切りやすい縦連があるものの、それを除けば叩きやすい良譜面。音量を上げると聞き取りやすくなるが、歌詞に合わせた譜面遊びが面白く、「PC」の文字、ディスクをPC(パソコン)入れる様子、電源マーク、「39(ミク)」や「みく」の文字など、スライドでの表現が豊か。みどり色の単ノーツは、普通のタップノーツと同じように、ただタップすれば取れる。クリア難易度は、レベル28にしてはあまり高くないように感じた。
MAトラフィック・ジャム27.5素直で叩きやすい譜面。また、譜面遊びが面白い。例えば、「パシャパシャ」のところの黄色ノーツでフラッシュを表現していたり、「赤信号点滅だ」のところのフリックで赤信号を表現していたりする。最大の難所は、894ノーツめからの混合フレーズ配置。ここは中央レーンの縦2連(微縦連)を左右交互に取っても良いし、片手でゴリ押ししても良い。とにかく、自分のやりやすい運指(取り方)を見つけることが大切。
MAロキ27.5瞬間的に超高密度になる譜面。サビ前のスライドで「ROCK N ROLL(ロックンロール)」の文字を描いている。最大の難所は、後半の「ロキロキのロックンロックンロール」のあとの超高速階段トリル2セット。この直後にフリックがすぐ来ることを考慮すると、強烈なコンボカッターであるといえる。時間効率は良い。
EXBrand New Day27.6爽快感のある連打譜面。リズムはわかりやすいとは思うが、高密度な譜面に慣れていないとクリアは難しい。Aメロとサビのクネクネとしたスライドは、始点のレーンを長押ししていると取れる。Bメロは比較的やさしいので、楽曲レベル27あたりの譜面を余裕でクリアできるのなら楽勝。最大の難所は、サビ後の間奏地帯。乱打が得意な人なら大丈夫だが、軽い認識難が混ざっているのが怖いところ。プレイ動画はこちら
MAアイディスマイル27.6軽い認識難はあるものの、初見でもなんとかなるレベル。幅が最大のタップノーツは、片手で取る癖をつけよう。曲調にしては譜面が忙しく、中盤の片手拘束 + 8分連打などに注意。「交わる線と線」で交差スライドがあったり、「絡まるの気持ちの糸」で絡まっているダブルスライドがあるなど、譜面遊びが面白い。興味があれば、他の譜面遊び要素も探してみよう。「何が出来るだろう?」のところの「?」の形のスライドは、中央レーンの少し右側を長押しすると取りやすい。
MAワーワーワールド27.6物量の要素と認識難の要素をほどよく合わせた譜面。一部のやたらと忙しい連打は、餡蜜(ほぼ同じタイミングで押すノーツを同時押しすること)でいける。個人的に、「fav のアンセムが 街に木霊すとき」の譜面がどちらも好み。
MABeat Eater27.6初見プレイ時の体感難易度は高め。全体的に軽い認識難であり、少し叩きにくい印象がある。ただ、ノーツ密度はあまり高いわけではないので、物量系譜面のようにゴリ押しする部分が少ない。テクニックでカバーできる譜面だといえる。「どう見え」のところは、右手で右端のレーンを3連打。「飽く迄踊ってたい」のところの黄色フリックは、最初の2回を右手で、ラストを左手で取るように意識すると良い。「命題」とラストのところは、同時押し連打であることに注意。
MA威風堂々27.7ややクセのある譜面。軽めの認識難が数か所ある。端のレーンにある小さいフリックは、正確に取る意識をもたないと空振りしやすい。クネクネとしたスライドは、始点を長押ししていれば取れる。ただ、「自分以外は皆無」のところのギザギザスライドは、なぜか抜けやすいため注意。ラストの認識難の地帯は、各ブロックの1打めが「単押し」なのか「同時押し」なのかを意識すれば良い。
MALeia – Remind27.7エキスパートをそのまま強化したような譜面。高密度の連打譜面が苦手だと、難化する。特に、イントロが最も難しく、コンボを切りやすい。リズムを覚えるためにも、エキスパート譜面を数回プレイしておくと有利。個人的には、楽しく叩ける良譜面。方向指定のフリックが目立つので、AP狙いのプレイヤーは要注意。譜面認識がしやすく、クリアが安定しているのならフルコンも近いはず。
MAブレス・ユア・ブレス27.7サビ前が認識難。ここは、5連同時押し、高速縦2連(微縦連)、4連同時押し、高速縦2連(微縦連)、同時フリック……の流れなのだが、譜面認識が難しく失敗しやすい。3段の階段は、片手で1つ叩いて、もう片方の手で2つ叩けば良い。譜面遊びが面白く、「HELLO!!」、「はろー!」をスライドで表現している。スライドの始点がタップノーツになっている部分があるが、いつものスライド始点と同じように扱えば良い。ラストの交差するスライドは、中央付近のレーンを同時押ししておけばつながる。
MAアスノヨゾラ哨戒班27.8クリアが余裕な人なら、フルコンも遠くない。……というのも、露骨なコンボカッターが見当たらず、レベル28譜面をさばける実力があるのなら大丈夫だから。しかし、曲が長いので集中力が特に必要。スーパーフィーバー成功率は高め。
MAメルト27.8溶けてしまいそうになるくらいフルコンできない譜面。クリアだけなら、なんとかなるかも。ただ、非常に長い(約3分)ので、そこが厳しい点。ポイントごとに緩急がはっきりとしており、譜面を覚えたら「そろそろ忙しいのが来るぞ……」とわかるようになる。問題は最後の縦連地帯。あれは指2本でトリル(左右交互連打)すれば良いのだが、リズムが意外と崩れがち。縦連の途中で早GREATが出てしまった場合は、一瞬ストップしてから縦連を再開するとつながりやすい。
MAODDS&ENDS27.9物量系譜面。前半は物量が抑え気味だが、スライドが意外と抜けやすく、初見では「あれ?」と思うかもしれない。後半はフリック混じりの連打や、忙しめの混合フレーズが豊富な物量系譜面。クリア狙いではともかく、フルコン狙いの際は全体的に気が抜けない譜面となっている。
MAdrop pop candy27.9軽い認識難がある。特にフルコン狙いの場合は、サビのスライド終点のフリックミスに注意したいところ。イントロの認識難の部分は、左手で4連打(2回めは右手で4連打。)というように、片手でゴリ押しできる。しかし、左右交互のトリルで取ることもできるので、得意なやり方で安定して取れるようにしておけばOK。
MAボッカデラベリタ28.0比較的わかりやすい物量譜面なので、難しいテクニックは考えずに直感でドコドコ叩ける。認識難があるものの、かなり易しめなので、叩き方は理解しやすいはず。「あ あ あ あ あるべき場所へ」からが非常に忙しく、ついていけなければライフが一気に削られる。ラストは比較的簡単。クリアが余裕でできるのなら、フルコンは近い。
MA*ハロー、プラネット。28.0個性的な譜面で、階段が多く出てくる。階段は2本指でも取れる密度だが、4本指を使えたほうが楽。1回めのAメロは同時押し連打が中心で、2回めのAメロはリズム難なので曲を覚えていないと大変。Bメロは混合フレーズ(片手スライドで、もう片手は連打。)が中心。サビのリズムも初見では意味不明だと思うので、譜面研究が必要。
MAForward28.0認識難かつリズム難。前半の小さなノーツや、ライフが溶けてしまいそうになる縦連など、コンボカッターが盛りだくさん。そのため、フルコン難易度が非常に高い。特に初見プレイ時の「これヤバい譜面だ」感は大きく、何度もプレイして慣れるしかない。慣れたら、クリアはわりと安定するようになる。
MANostalogic28.1好みが大きく分かれる譜面だと思う。小さなノーツや認識難のスライドを駆使して、無理やり難しくしたような感じ。譜面のクセがそこそこ強いため、フルコン難易度は高め。サビの途中で休憩地帯があるので、一時停止をするのならここがチャンス。ラストの連打は要警戒!
MAドラマツルギー28.2認識難。また、細めのスライドが多く抜けやすいので、フルコンは難しめ。縦連も多く、苦手な人は要注意。スライド終点のフリックが連発する地帯があるが、焦りすぎて早めにフリックしないように気をつけよう。サビ前のやや認識難の連打地帯は、左右交互で取れる。「糸を引いて」のあやとり形スライドが、個人的には最強のコンボカッター。時間効率はとても良い。
MAとても痛い痛がりたい28.3レベル28強者。認識難だが、基本は左右交互で取れる。一部、縦2連(微縦連)をする必要があるので、「覚えゲー感」は強い。例えば、776ノーツめからの認識難のところは、右手スタートの左右交互で取れる。こうしたことは初見プレイではわからないので、譜面研究が必要。スライドの始点がタップノーツになっている部分があるが、いつものスライド始点と同じように扱えば良い。ちなみに、トゲ付きのスライドがあることで、「とても痛い」という雰囲気が出ている。スーパーフィーバーの成功率は高め。
MApotatoになっていく28.3レベル28強者。取りづらい小さなノーツ、抜けやすい極細スライド、サビの軸の切り替えなど、ミスしやすい要素が詰まっている。運指力が育っていない中級者や上級者をふるい落としに来る、恐ろしい譜面。個人的には、レベル29でも違和感はない。フルコン難易度は非常に高め。
MAニジイロストーリーズ28.3レベル28強者。前半が非常に難しく、後半はやや易しめ。つかみづらいリズム、認識難のオンパレードで、「初見フルコンなんてさせたくない!」という譜面デザイナーの気持ちが伝わってくる。……ということで、フルコン難易度は非常に高い。

公式楽曲レベル29のクリア難易度表

この楽曲レベルになると、譜面の個性が強くなってきます。特徴をもった譜面が増えるので、譜面に対する得意不得意の個人差がはっきりと出てきます。そのため、「この表の28.6がクリアできなかったから、28.7もどうせ無理だ」とは思わずに、ぜひ挑戦してみてほしいと思います!

難易度楽曲名楽曲
レベル
譜面についての簡単な説明
EX六兆年と一夜物語27.6逆詐称。クリア難易度だけを考えると、レベル29にしてはかなり簡単。個人的には超良譜面。実は、『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』にある同楽曲のEXPERT譜面、SPECIAL譜面からの引用が多い譜面である。そのため、バンドリーマーなら「ここ、ガルパのノーツ配置とそっくりだ!」と思ったはず。ちなみに、イントロ、Bメロ、サビ、アウトロの一部はEXPERT譜面、ラスサビの「思うんだ」まで、アウトロの一部はSPECIAL譜面と対応している。ラストの縦連は、両手を使ってトリル感覚で取る。プレイ動画はこちら
MA携帯恋話27.8逆詐称。「28か29か」を迷った結果のレベル29か。ただし、階段が苦手だと難化する。連打は叩きやすく、認識難のところは易しめ。注意すべきなのは階段が多い点。3本指または4本指でスマートに取るか、2本指で素早く取るか。2本指でゴリ押しできる範囲ではある。ちなみに、「せがんでしまう」のスライドは、手を合わせてお願いする形に見える。
MAneedLe27.9逆詐称。ほんの一部認識難はあるものの、割と正統派の連打譜面。楽曲のテンポが高速なので、連打の正確性に加えてスピードも重要。「揺れる想いも」のところは、省エネ取りが難しいので、真面目に動かしたほうがつながる(?)。または、2本指で中央レーンのあたりを押しておくのも良い。
MAセカイはまだ始まってすらいない28.0逆詐称。トリッキーかつ遊び心のある譜面であり、「ハートビート」で心電図スライドが出てきたり、「終わりを超えて ずっとパーティーを」で「PARTY」の形のスライドが出てきたりする。一部認識難のところがあるため、譜面研究が必要。「怪物も」はトリルで取れる。「回り続けるメリーゴーラウンド」でフリックが連発するので、コンボを切りやすい。
MAKING28.1逆詐称。まさかのフルバージョン。フリックが忙しい譜面。譜面遊びが豊富で面白いが、プレイ中に確認する余裕はない。譜面遊びは、「矢印」、「は」、「王」、「URK(You are king)」などがある。2番の縦連は、両手で交互に取ったほうが良い。
MAミラクルペイント28.1クリア自体は易しめ。ハネリズムでリズム難。縦連は指1本でいけるものの、運指のテクニックがあれば楽になる。フリックがたくさん出てくるので、フリックがよく抜ける人にとっては大変。最大のコンボカッターがラストに来ることもあり、フルコン難易度は非常に高い。
MAいかないで28.1曲調からは予想できないレベルの体力譜面。腕が非常に疲れるので、連続でのプレイは避けたほうが良い。フルコン狙いのプレイヤーなら、数回で終わらせておきたいところ。フリック混じりの同時押し連打が凄まじく、リズムはわかりやすいものの体力が削られる。また、やや認識難の部分があり、「同時押し」なのか「単押し」なのかを瞬時に理解する必要がある。
MAネクストネスト28.2初見難易度は恐ろしいほど高いが、理解できれば(クリアは)易しめのレベル29になる。ただし、譜面のクセが強く、精度やフルコンの観点でいえば非常に難しい。特に、最初と最後のスライドは形が独特で、認識が難しい。ノーツ密度は抑えめで、テクニック(とプロセカ慣れ)が試される。
MAジャックポットサッドガール28.2人によっては大幅に難化。エキスパート譜面をそのまま強化したような譜面。ハネリズムで嫌な予感がしたプレイヤーもいるだろうが、その嫌な予感は当たっており、リズム難と認識難を組み合わせた譜面となっている。そのため、コンボはちょいちょい切れやすい。ただ、クリア狙いならあまり難しくはないので、落ち着いてプレイしてみよう。時間効率は非常に良い。
MAmagic number28.2リズム難の譜面。特に終盤はリズムをつかみづらく、フルコン狙いの場合はGREATの範囲内でなんとか取れるように全集中でいこう。ラストの右に偏ったトリルは「左手始動」であるため、右手でスタートしないように注意。前半部分の縦連は片手でゴリ押しできる程度なので、複雑な運指を考えずに直感的にプレイすることもできる。もちろん、きれいな運指で体力を使わずにプレイできるのなら、それに越したことはない。ちなみに、譜面遊びがあり、「右手に」や「左手に」のところの譜面が歌詞とリンクしている。
MAReady Steady28.3トリッキーかつ認識難。「29の中では簡単」という意見もあるため、個人差が非常に大きいと考えられる。大きさの異なるノーツで認識を妨害してきたり、サビでは黄色で染まっている部分があるなど、いやらしい譜面。クリアだけならなんとかなると思うが、フルコンを目指すとなると本気で譜面研究しなければいけない。フリックが激しいので、苦手な人はかなり苦戦する。
EX初音ミクの消失28.3腕が疲れる。典型的な物量譜面、体力譜面で、最初と最後の早口部分はとにかく連打させられる。これができないとクリアは絶望的なので、まずは譜面を正しく認識して、指を正しく動かす練習をすると良い。そのためにはノーツ速度の設定が超重要であり、基本的に9.0以上にしておかないと、認識は厳しいと思われる。露骨なコンボカッターはないため、早口部分があまり難しく感じない人はフルコンできるはず。プレイ動画はこちら
MA命に嫌われている28.3わかりやすい譜面。小さいノーツや細いスライドがたくさん出てくるので、求められている動作がシビアで、コンボを切りやすい。親指勢のプレイヤーには厳しいが、序盤のクネクネとした細いスライドは、6本指をバランス良く置いておけば取れる。ちょっとセコい技に感じるかもしれないが、覚えておいて損はない。サビでは階段2セットがやって来るのだが、これに間に合わないプレイヤーが多い。
MAシネマ28.4認識難譜面ではあるのだが、同レベル帯の『夜に駆ける』や『ミルククラウン・オン・ソーネチカ』と比べると良心的な配置が多い。2本指でもフルコン可能だが、4本指を使ったほうがラクなところもある。終盤の縦3連フリックは両手で交互に取るほうが良いが、できないようなら利き手でゴリ押しするしかない。ゴリ押しするときは、指がレーンの上側(奥側)にはみ出ないように注意。
MA泡沫未来28.4認識難でいやらしい譜面。『限りなく灰色へ』と『Gimme×Gimme』のMASTER譜面を混ぜて、やや簡単にした印象。ハネリズムであることと、EXPERT譜面をプレイしたことでかなり嫌な予感がしていたが、その予感が的中してしまった。イントロとAメロは比較的叩きやすいのだが、Bメロで極細スライドと小さなタップノーツの混フレ地獄があり、サビで覚醒する。サビの認識難の部分は、すべて「単押しから同時押し」の流れになっているのだが、わかっていても混乱してしまいがち。フルコン難易度は非常に高い。
MA夜に駆ける28.5弱体化した『千本桜』のマスター譜面という印象。個人差が非常に大きく、レベル28に感じる人もいれば、レベル30に感じる人もいる。手の込んだ譜面だが、なかなかトリッキーであり、認識難の部分がストレス要素になるかもしれない。認識難とはいっても、クリアに支障をきたすほど強烈なものではなく、基本的に左右交互で取れる。「日が沈み」の「日」のところ以外は、左手だけで取れる。「フェンス越し」のところは長押しからのフリックでOK。その後の認識難のところは、同時押し以外を片手(私の場合は左手)でゴリ押しすると、コンボをつなぎやすい。ラスサビ前の発狂地帯は、黄色のフリックすべてを右手で取るように意識すると良い。こうしたコツを覚えていくことで、クリアを安定させることができる。コンボカッターが多めなので、フルコン難易度は高め。
MAブリキノダンス28.5「見えると叩けるは違う」というのがよくわかる譜面。楽曲のテンポが速く、ノーツ密度が尋常ではないので、譜面に追いつけるかの勝負。イントロとアウトロは簡単だが、歌唱部分が非常に忙しい。サビの縦連は指2本でトリルしないと、次の動作に遅れてしまう。サビの縦連が厳しければ、縦連の1打めを2本指で同時押しすることでも取れる(1打めと2打めを同時に処理できる)ので、試してみると良い。
MAアンノウン・マザーグース28.6個人差譜面。認識難かつ、一部のリズムがつかみにくい。前半は勢いが凄まじく、物量で攻めてくる。後半はノーツが小さく、ミスを誘ってくる。運指難。このように、前半と後半で譜面傾向が異なるので、対策が大変。凡ミスしやすく、フルコン難易度はかなり高め。
MARAD DOGS28.7初見殺し譜面。認識難の要素があり、そのノーツ配置がなかなかセコい。特に「暇なんてないから」の縦連は、最後が同時押しになっているので、初見だとほぼ確実に騙される。また、階段の配置が多めなので、2本指のプレイヤーは比較的苦戦する。「そうだろ」の直後の階段は、片手のみの高速連打で取れないこともないが、階段トリルのように取るほうが楽。サビ前の連打は左右交互でもいけるが、運指を深く考えずに直感的に取ったほうがやりやすい。
MAGlory Steady Go!28.7個性的な譜面で、体感難易度の個人差が大きい。数字や「わんだほーい!」の動作など、譜面に遊び心がある。巨大なタップノーツと黄色のフリックノーツが交互に来るところは、左手でフリックを処理し、右手は一番右端のレーンに固定してタップを処理するとよい。
MAGimme×Gimme28.9リズム難かつ認識難で、フルコンはかなり難しい。『potatoになっていく』のマスター譜面の強化版。スピードでゴリ押しできるところは多いのだが、そもそも認識できていないと正しく叩けない。「横認識(次のタイミングで叩くべきノーツのみに集中する認識方法)」はこの譜面に有効。ただし、横認識は自分の反射神経勝負なので、非常に疲れる。
MAダンスロボットダンス28.9レベル29の曲者(くせもの)。エキスパートをそのまま強化してから、やや認識難に改造したイメージ。ダンスの振り付けを意識した面白い譜面なのだが、楽しんでいる余裕がない。クセの強すぎる譜面であり、スライドの終点フリックがとても凶悪。思わぬ事故死のリスクもある。プロセカのスライド終点のフリック判定は厳しめなので、多くのプレイヤーが苦しめられている。プロセカの判定システムを理解し、譜面に慣れると易化する。
EX初音ミクの激唱29.0レベル29最強格(体力と物量部門)。かなり高密度の物量譜面であり、集中力を要する体力譜面でもある。縦連を含む連打系が得意だと易化する。フリックやスライドが易しめで叩きやすいはずなのだが、サビ以降の乱打とトリルの勢いが非常に強く、とにかく疲れる。乱打の最高速度は『初音ミクの消失』のエキスパート譜面を超えているので、かなり高速であることを意識しよう。リズムが一度崩れると、ミスを連発してしまいやすく、ライフが一気に削られてしまうのが恐ろしいところ。楽曲のリズム(主にヴォーカルの部分)を体(指)で覚えることで、終盤の縦連にも対応しやすくなる。プレイ動画はこちら
MAミルククラウン・オン・ソーネチカ29.0レベル29最強格(認識とテクニック部門)。個人的には刺さる認識難譜面だが、人によっては易化する。楽曲のテンポは速くないので、縦連は片手でゴリ押しできる。序盤で「簡単なレベル29か?」と思わせておいて、「どこのお店でも売ってくれないし」あたりから怪しくなってくる。「わたしだけが知ってる」から「お姫様にでも」までが最難関ゾーン。また、サビの「間違いでしたって」あたりも難しく、認識難に苦しめられる。

最弱と最強のまとめ

上の4つの表から、次のことが言えます。

まとめ
  • 楽曲レベル26最弱:
    [MA] 自傷無色
  • 楽曲レベル26最強:
    [MA] ワンスアポンアドリーム
  • 楽曲レベル27最弱:
    [MA] on the rocks
  • 楽曲レベル27最強:
    [MA] ワールドイズマイン
  • 楽曲レベル28最弱:
    [MA] フロムトーキョー
  • 楽曲レベル28最強:
    [MA] ニジイロストーリーズ
  • 楽曲レベル29最弱:
    [EX] 六兆年と一夜物語
  • 楽曲レベル29最強:
    [MA] ミルククラウン・オン・ソーネチカ

これらの難易度については、あくまで私の主観です。「これは絶対におかしい!」、「確かにこんな感じ!」といった意見があると思いますが、そんなご意見を私にぶつけたい方はお問合せフォームより、お気軽にお問い合わせください

また、これらの表については(何らかの理由で)、予告なく修正する可能性が十分にあります。その点をご了承ください。

キャラクター

これらの表が、セカイの皆さんのお役に立てれば幸いです。

下の記事では、フルコン難易度の投票を集計しています! 結果だけを見ることもできますが、ぜひ、ご協力ください!

以下は、関連記事です。

これ(↓)はネタ記事です。

お礼

お問い合わせいただいた方、ありがとうございます。

お問い合わせは楽曲レベル29についての意見が多く、体感難易度の個人差が非常に大きいものだと考えられます。

  • 『Ready Steady』のMASTERについてですが、これは「体感楽曲レベルを下げるべきか」と悩みました。ノーツ数が少なく簡単な要素もありますが、瞬間的な難易度上昇やトリッキーなノーツ配置があり、私としては簡単だと思えないからです。難易度表は私の主観がメインですので、偏りが出てしまいます。しかしながら、みなさんの感覚とかけ離れすぎているのは、攻略記事として問題だと考えています。そこで、『Ready Steady』の体感楽曲レベルを0.1だけ下げました。すべての攻略記事に一貫性をもたせるため、あまり大きな変更ができないことをご了承ください。
  • 『ビバハピ』のEXPERTとMASTERについてですが、カバディ地帯は個人差が非常に大きいです。カバディ地帯後半について、譜面そのものはEXPERTのほうが簡単ですが、ホールド終点のフリック判定が厳しいせいで、(判定システム的に)MASTERのほうが簡単に感じている方もいらっしゃいます。ラストのコンボカッターについては、どちらも難しいと思いますので、追記させていただきます。これらの点が伝わりにくかったと思いますので、説明文を修正いたしました。
  • 『ダンスロボットダンス』のMASTERについてですが、「難しい」という意見がかなり多いと感じています。これは譜面そのものの難しさよりも、判定システム的な(スライド終点のフリックの)難しさです。そういったタイプの難しさを感じなければ、物量と体力譜面の『初音ミクの激唱』のほうが圧倒的に難しく感じますね。プレイ時間の長さも物量も、『ダンスロボットダンス』を余裕で超えているからです。
  • フルコン難易度表についてのご要望、ありがとうございます。入力されたメールアドレスには返信ができませんでしたので(おそらく、アドレスの入力ミスです。)、ここで返信させていただきます。フルコン難易度表はある程度需要があると思いますし、作りたいとは思っています。しかしながら、(組織ではなく個人で運営しているブログですので)作る時間と手間を考えると、なかなか厳しいのが現状です……。その代わりといいますか、「フルコン難易度がクリア難易度に比べて非常に高い譜面」があれば、意識して説明するようにします。ご期待通りのお返事ができなくて申し訳ありません。ちなみに、「あなたが楽曲レベル26の中で、フルコンが一番難しいと思う譜面は?」といったような読者さんの投票システムができれば、いつかはやってみたいと考えています。
  • 『ミルククラウン・オン・ソーネチカ』についてですが、個人的にはレベル29の中で最強です。しかしながら、『初音ミクの激唱』や『初音ミクの消失』のほうが難しく感じる方も当然いらっしゃいます。それは、高速連打耐性が大きく影響しており、高速連打が苦手だと激唱や消失の体感難易度は跳ね上がります。譜面自体は(特に消失は)シンプルなので、間に合うようになれば(クリアなら)簡単に感じるようになります。ミルクラは比較的スローテンポですが、ノーツ配置が意地悪すぎると思います(汗)。

この記事をSNSでシェアする

 

ゲームカテゴリーの最新記事(5件)

管理人のTwitter

Tweets by MinatameT

内部リンク集

広告枠のレンタルの詳細はこちら!
記事作成のご依頼の詳細はこちら!